いつでもあなたのぷらすになる情報をお届けします

いつでもぷらす

漢方薬を飲み始めて効果はどのくらいで出るの?

      2016/02/04

漢方薬を飲み始めて効果はどのくらいで出るの?

漢方は三ヶ月服用しないと効果がでないという
印象が強いですが本当にそうなのでしょうか?
どのくらいで漢方の効果がでるのか、また効果の出る
漢方の飲み方などをみてみましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

60代男性の香水まとめ。選び方からオススメ香水まで


良い匂いは男性女性問わず、その人の魅力になります...

体重が増えることが怖い・・・摂食障害へのサイン!


毎日体重計に乗り増減する体重の数値に一喜一憂され...

酵素サプリメントを摂取することでダイエット効果は?


酵素をサプリメントによって摂取することでダイエッ...

運動をするのなら毎日するべき?一日おきでも問題ない?


ダイエットのため、また健康のために運動をするのは...

血糖値の食後1時間の正常な値とは?糖尿病の時の値は?

あなたは大丈夫ですか?
食後1時間の血糖値で糖尿病...

浮気をしているか心配・・携帯を見る方法ってあるの?


恋人や配偶者の浮気を疑ったら確認したのが携帯です...

女性が男性の携帯を見る理由は何なのでしょうか?

女性が男性の携帯を見るという話しをよく耳にすると
...

スマホ依存症を治したい!携帯を見るのをやめたいなら


今の時代はスマホ携帯を持っている人がほとんです。...

彼氏の携帯を見るのをやめたいのにやめられない人へ


彼氏の携帯を見るのが悪いことだからやめたいと思っ...

聴くだけでできる?曲のキーを判別する方法とは?

ギターやピアノを弾く時に
楽譜がなくても曲のキーを...

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる?下げる?

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる方が良い
の...

イラストやマンガの絵を初心者が上手に描く書き方とは


初心者がイラストやマンガの絵を上手に描けるように...

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまった時の治療法とは

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまったら
恥ず...

リクシルのお風呂のザラザラした床のお掃除方法とは


リクシルのお風呂の床は冬でも冷たくならず

メンズベルトの贈り物をするには何サイズを選べばイイの?


彼や父親などにメンズベルトの贈り物をしたいけれど...

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは必要なのか?

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは
除菌しす...

トイレの便器の中に虫が!原因と駆除方法とは?


トイレの便器の中に虫がいると恐ろしすぎますよね・...

トイレの便器と床の隙間の掃除ってどうやるのでしょうか?


トイレの便器と床の隙間は汚れがたまりやすく

玄関やトイレのドアは内開きが良いの?外開きが良いの?


あなたの家の玄関やトイレのドアは内開きですか?<...

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがある

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがあるのを

スポンサーリンク


漢方薬とは?

漢方薬は、薬草などからつくった生薬(しょうやく)をいくつか組み合わせた、自然素材の薬です。もともとは古代中国で始まった薬ですが、日本人も昔から使ってきました。お正月に飲むおとそは、屠蘇延命散(とそえんめいさん)という薬をミリンや酒で溶いたものですし、風邪薬の葛根湯(かっこんとう)はいまも市販されていて、よく使われています。
漢方薬の成分の多くは、植物の根や茎、葉などからつくられています(一部に鉱物や動物素材もあります)。化学合成が主流の現代の薬(西洋薬)とくらべると、漢方薬は一般に効き目がおだやかです。それだけ副作用が少なく、からだにも優しい薬だといえます(副作用がないわけではありません)。

引用元-漢方薬に向いている人、向いている病気

どのくらいで漢方の効果が出る?

よく考えてみると西洋医学でもどれくらい飲めば治るかは教えてくれません。
一律、3日分や1週間分とある程度、決まった期間の処方をするだけです。
頭痛や下痢など、日常のちょっとした症状なら、飲んで、20分くらいすれば効いてくるはずなので、治ればやめればいいというのは、ドクターじゃなくてもわかります。
しかし、重度のアトピーの方は1、2年間、抗ヒスタミン剤やステロイドを使用していても、いつ辞めればいいのかは教えてくれません。
それどころか、途中から身体が治療の始めとは違う状態に変わってきているケースもあります。
また血圧のお薬は、一生飲みつづけないといけないと言われている方が多いようです。
治療期間は一生ですね。死ぬまで治っていないのと同じです。
漢方薬は3ヵ月たってから効いてくるものではないし、じわじわ効くものでもありませんので、誰にでも共通する飲みつづける期間というものは存在しません。
あえて言うなら風邪や急性の下痢や頭痛は、3日以内でなんとかしないといけないといったところでしょうか。
飲みつづける期間は体質やその人の状況によって、期間はいろいろと変わってくるのです。
だからといって、漠然とずっと飲みつづけないといけないということではありません。
漢方薬も薬です。できるだけ早くに廃止を目指すのがよいです。(漢方薬の中には、体質改善的にずっと飲めるものもありますが。)
一番いいのは、何も頼らずに自分の力だけで健康を保てれば素敵ですよね。

引用元-漢方薬はどれくらい続けるの? | 大阪堺市の漢方相談専門店

どのくらいで効果が出るかは先生次第

ある大家の方がおっしゃっておられました。
「本当に素晴らしい医術を持つものは、その方の体質と病気を見抜き、治し、再発しないようにするものだ」と。
病気や症状は何が原因なのか突き止めれなければ、病気が起きるその都度対応し、また再発すれば対応すると繰り返すことになります。原因と体質に合った養生をお伝えして、本人も努力することで再発しない体をつくるのだと思います。

またどのようなメーカーの漢方薬や生薬を用いるかも影響してきます。
ここには書くことができないほどの要素がいろいろとありますが、「この先生に出会って、本当の漢方薬の効果に驚いた」とおっしゃる方も少なくないのは事実です。

またその治療プロセスによって病気よりも体質改善が優先として処方を構成する状況も多いので、「すぐに効かないイコール漢方薬は効果がない」ではないのです。体質のどこかが弱いために病気に侵されたと判断された場合にこのような状況となる可能性があります。
急性病は漢方薬でも早く治ることが多い。しかし、数年、数十年の積み重ねた病気や体質をすぐに治すなんて逆に怖いです。
人間の体の60兆の細胞が生まれ変わっているのを聞いたことがありますでしょうか。肌は28日で生まれ変わり、骨は180日~7年で生まれ変わるなど体の場所によって日数は違いますが、ゆっくりと再生しているのです。1年でほぼすべての原子が入れ替わり生まれ変わっています。
長く飲まなければならない漢方薬のイメージは本来当たり前のことです。

引用元-漢方薬は効くの?効かないの?

どのくらいの間隔で服用する?

まず、専門家の指示どおり服用することです。
「食前」は、空腹時で服薬後30分は、食事をなさらないで下さい。
「食間」とは、食後2時間から3時間経って次の食事までの間です。
一般的には、起床時と夕方、就寝前が服薬しやすいのではないでしょうか。
特別の指示がない限り、顆粒剤はお湯で、煎じ薬は温かいままで服用してください。
朝、煎じましたらポットに入れておくといつでも温かい状態で服用できます。

引用元-漢方薬Q&A ~漢方薬基礎知識~/エビスヤ漢方薬局

効果の高い漢方は煎じ薬

煎じ薬は生薬をそのまま煎じたもので、成分も濃いのが特長です。香りもあり、効果が一番高いともいえます。エキス剤は煎じ薬を濃縮させて、乾燥して粉や錠剤にしたもの。手軽にどこでも飲め、携帯に便利ですね。

煎じる手間がかかるが効き目のいい煎じ薬、煎じ薬に比べれば効果は劣るが、いつも一定の品質が望めるのがエキス剤ともいえます。コーヒーでいうなら、ドリップ式が煎じ薬で、インスタントコーヒーがエキス剤でしょうか。なお、最近では煎じ薬を一回分づつ袋詰めにした、レトルトタイプを用意している施設もあるようです。

引用元-知って得する! 漢方薬の飲み方のコツ [漢方・漢方薬] All About

twitterの反応

 - 健康・美容