いつでもあなたのぷらすになる情報をお届けします

いつでもぷらす

女性が仕事を一生続けられる職業や資格は何でしょうか

      2016/05/10

女性が仕事を一生続けられる職業や資格は何でしょうか

女性が結婚や出産をしても
一生続けていける仕事とは
どんな職業のものや資格があるでしょうか。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

60代男性の香水まとめ。選び方からオススメ香水まで


良い匂いは男性女性問わず、その人の魅力になります...

体重が増えることが怖い・・・摂食障害へのサイン!


毎日体重計に乗り増減する体重の数値に一喜一憂され...

酵素サプリメントを摂取することでダイエット効果は?


酵素をサプリメントによって摂取することでダイエッ...

運動をするのなら毎日するべき?一日おきでも問題ない?


ダイエットのため、また健康のために運動をするのは...

血糖値の食後1時間の正常な値とは?糖尿病の時の値は?

あなたは大丈夫ですか?
食後1時間の血糖値で糖尿病...

浮気をしているか心配・・携帯を見る方法ってあるの?


恋人や配偶者の浮気を疑ったら確認したのが携帯です...

女性が男性の携帯を見る理由は何なのでしょうか?

女性が男性の携帯を見るという話しをよく耳にすると
...

スマホ依存症を治したい!携帯を見るのをやめたいなら


今の時代はスマホ携帯を持っている人がほとんです。...

彼氏の携帯を見るのをやめたいのにやめられない人へ


彼氏の携帯を見るのが悪いことだからやめたいと思っ...

聴くだけでできる?曲のキーを判別する方法とは?

ギターやピアノを弾く時に
楽譜がなくても曲のキーを...

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる?下げる?

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる方が良い
の...

イラストやマンガの絵を初心者が上手に描く書き方とは


初心者がイラストやマンガの絵を上手に描けるように...

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまった時の治療法とは

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまったら
恥ず...

リクシルのお風呂のザラザラした床のお掃除方法とは


リクシルのお風呂の床は冬でも冷たくならず

メンズベルトの贈り物をするには何サイズを選べばイイの?


彼や父親などにメンズベルトの贈り物をしたいけれど...

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは必要なのか?

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは
除菌しす...

トイレの便器の中に虫が!原因と駆除方法とは?


トイレの便器の中に虫がいると恐ろしすぎますよね・...

トイレの便器と床の隙間の掃除ってどうやるのでしょうか?


トイレの便器と床の隙間は汚れがたまりやすく

玄関やトイレのドアは内開きが良いの?外開きが良いの?


あなたの家の玄関やトイレのドアは内開きですか?<...

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがある

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがあるのを

スポンサーリンク


女性が一生続けられる仕事:美容師

美容師の資格は国家資格です。資格を一度取得すれば一生美容師として働くことができますが、研修や実践を積んで日々新しいスタイル方法などを学ぶことがお客様の心をつかむことにつながります。

接客業で大切なスキルである言葉遣いや、気配り、相手の希望を聞き出す能力や手先が器用であることも求められます。

引用元-美容師 | 女性のためだけの転職・仕事ガイド!

男性よりも女性に施術してもらいたいというお客様は増えています。コミュニケーションを取るのに気を使わないでいいからです。

初めは見習いから始まって、アシスタントとしてシャンプーや研修を頑張ることで技術を磨きスタイリストへ昇格することができます。

一度施術したお客様が指名してくれるようになるとやる気にもつながりますね。もっと良い条件を求めて、他の店に移る人も多いです。

一度資格を取ったら、職場に復帰することも簡単です。結婚前はチェーン店に勤務していたけれど、結婚後は自分のペースでお店を切り盛りするという人

引用元-美容師 | 女性のためだけの転職・仕事ガイド!

女性が一生続けられる3つの仕事

☑️超個人的。食いっぱぐれのない資格No1は「看護師」、次点で「介護系」

個人的にもし自分が取得するのであれば、将来性ふくめてNo1の資格は看護師になります。

看護師は1年目からのお給料が他の業種よりも高いです。看護学生が増えて供給過多になると言われていますが、それでも今現在、海外から看護師を呼び寄せるほど切羽詰まっている状態です。

いま看護師の転職市場は、超売り手市場でものすごいことになっています。

正看護師の資格を目指す場合、学校に3年通う事になりますが、1回社会人を経験してから取得を目指す20代~30代の方もけっこういるぐらいです。

☑️No2.保育の仕事

保育の仕事には国家資格の保育士や、民間資格のチャイルドマインダーがあります。保育の現場もやはり離職率が高く人手不足が進んでいます。

待機児童問題などもあり、働き手はまだまだ不足しています。

☑️No3.介護の資格

介護の仕事は、重労働で体力がいりますし、給与的も問題視されていますがこれから20年~30年間違いなく仕事がなくならない業種です。

企業が求人広告を出しても人が集まらないほと人手不足となっています。

一生食べていける資格の1つであることには間違いないと思います。

引用元-女性が一生食べていける資格にはどんなものがあるのでしょうか?

女性が一生続けられる仕事:起業

女性の場合、特に派遣の人は職場がコロコロ変わるので、転職を繰り返しているかのような一貫性のない履歴書になってくることもあるようです。「あなたは何がしたいの?」なんて言われて、印象も悪く、結局一生できる仕事がなくなってしまうのです。私の場合は正社員なのでそのような感じではありませんが、友達は自分のキャリアがあまりにもバラけていることに、とても悩んでいました。

一生女一人で生きていくと決めている人、夫の稼ぎが少ないから一生できる仕事を探している人、両親を含む家族を養っていく必要がある人、理由は人それぞれですが、女性だってずっと働く必要があるんですよね。そんな人たちに共通して言えることは、女性としての自立心が強くなってきているということだと思います。

既婚者であっても、いつ離婚するかわかりません。夫が突然仕事を辞めるかもしれません。人生のパートナーは必要ないと考えている女性でも、体を壊してしまうかもしれません。女性は強くなってきていますが、一生できる仕事が増えているとは思えず、男性のように定年まで働ける環境は整っていません。特に、出産・子育てを考えた場合、どうしても仕事を諦めなければならないことは多いです。いくら一生できると思える仕事に就いていても、子育てと仕事を両天秤に掛ける環境は変わっていません。

だからこそ、私は起業、独立を勉強してみようかなと思ったんです。人に雇われていて自由がない状態では、一生できる仕事に就いても幸せだとは思えません。子供か仕事かとか、お金がないとか、そんなことを気にせずに自分の好きなことをして稼げるようになりたいと思うようになったのです。

引用元-女が一生できる仕事で夫や両親に頼らず生きる

女性が一生続けられる仕事:士業

司法書士、行政書士、弁護士などは長期間勤め上げることができそうな職種です。

士業となると固い職業ですし、ずっと継続できそうではあります。

しかし、そもそも資格取得の時点から、そう簡単ではありません。

もちろんどの職業でも、「なりたい!」といってどうぞ、となれるものはまずないものでしょう。

どんな職業に就くにしても努力が求められることが多いのですが、中でもこれらの職業は資格を取得するための難易度が高いのです。

なれれば続けられる可能性が高いものですが、それなりの努力が必要なものとなります。

また、結局はどこか事務所に属するならそこに入る難しさもありますね。

確実性は他の職業に比較しても安心といえますが、最初に職業に就くハードルはかなり高いものでしょう。

引用元-女性が一生できる仕事や資格7つ

女性が一生続ける為に必要なこと

WOMAN世代がずっと自分らしく働き続けるにはどんなことが求められているのだろうか。

 まずは「強みを見定めることが重要」とキャリアデザインに詳しい東京女子大学講師の青島祐子さんは言う。特別な資格やスキルがなくても、文書作成、資料作りなど日常業務の中で、強みを磨いてこう。さらに、それを生かし成果につなげる努力を。改善提案や新規プロジェクトの立案などに取り組めば、存在感を示すことができる。

 20代後半からはより進むべき道をはっきりと自覚しよう。マネジメントや専門職などキャリアの方向性を定めつつ、経験を積んでいく。志す仕事で常に求められる人材像を意識しながら働くことを心がけて。「与えられた仕事だけでなく、積極的に自分なりの工夫や提案を。次第に職場で不可欠な存在になれるはず」(青島さん)

 どんな道を進む上でも、求められるのがコミュニケーション能力。変化の激しい時代であることに加え、プロジェクトワークも増えている。意見を的確に伝え、相手の話を理解する能力は欠かせない。

 さらに忘れてはならないのは「働き続ける覚悟」と青島さんは言う。「母親が専業主婦というケースが多いWOMAN世代には、どこかに『辞めてもいいかも』という考えもあるのでは?しかし終身雇用、年功序列が崩壊し、結婚しても男性に経済的に依存するのはリスクが高い。一方、仕事を続ければ、成長の機会を得られるはず。改めて覚悟を問いただしてみて」

 グローバル化や雇用のボーダレス化、ワークススタイルの多様性が急速に進む今は、女性が自分らしい働き方を手に入れるチャンスにあふれた時代でもある。従来の枠にとらわれず、強みを磨き、道を切り開いていこう。

引用元-長く働き続けるためにやっておくべきこと:日経ウーマンオンライン【一生仕事で困らない!幸せな働き方大研究】

twitterの反応

 - 仕事