いつでもあなたのぷらすになる情報をお届けします

いつでもぷらす

頭痛がする時にかかる病院は何科が良いのでしょうか?

      2016/05/16

頭痛がする時にかかる病院は何科が良いのでしょうか?

頭痛にも様々な頭痛があると思いますが
一体何科の病院にかかるのが良いのでしょうか?
頭痛について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

60代男性の香水まとめ。選び方からオススメ香水まで


良い匂いは男性女性問わず、その人の魅力になります...

体重が増えることが怖い・・・摂食障害へのサイン!


毎日体重計に乗り増減する体重の数値に一喜一憂され...

酵素サプリメントを摂取することでダイエット効果は?


酵素をサプリメントによって摂取することでダイエッ...

運動をするのなら毎日するべき?一日おきでも問題ない?


ダイエットのため、また健康のために運動をするのは...

血糖値の食後1時間の正常な値とは?糖尿病の時の値は?

あなたは大丈夫ですか?
食後1時間の血糖値で糖尿病...

浮気をしているか心配・・携帯を見る方法ってあるの?


恋人や配偶者の浮気を疑ったら確認したのが携帯です...

女性が男性の携帯を見る理由は何なのでしょうか?

女性が男性の携帯を見るという話しをよく耳にすると
...

スマホ依存症を治したい!携帯を見るのをやめたいなら


今の時代はスマホ携帯を持っている人がほとんです。...

彼氏の携帯を見るのをやめたいのにやめられない人へ


彼氏の携帯を見るのが悪いことだからやめたいと思っ...

聴くだけでできる?曲のキーを判別する方法とは?

ギターやピアノを弾く時に
楽譜がなくても曲のキーを...

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる?下げる?

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる方が良い
の...

イラストやマンガの絵を初心者が上手に描く書き方とは


初心者がイラストやマンガの絵を上手に描けるように...

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまった時の治療法とは

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまったら
恥ず...

リクシルのお風呂のザラザラした床のお掃除方法とは


リクシルのお風呂の床は冬でも冷たくならず

メンズベルトの贈り物をするには何サイズを選べばイイの?


彼や父親などにメンズベルトの贈り物をしたいけれど...

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは必要なのか?

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは
除菌しす...

トイレの便器の中に虫が!原因と駆除方法とは?


トイレの便器の中に虫がいると恐ろしすぎますよね・...

トイレの便器と床の隙間の掃除ってどうやるのでしょうか?


トイレの便器と床の隙間は汚れがたまりやすく

玄関やトイレのドアは内開きが良いの?外開きが良いの?


あなたの家の玄関やトイレのドアは内開きですか?<...

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがある

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがあるのを

スポンサーリンク


頭痛を診るのは何科の病院?

頭痛が起こったとき、医療機関のどの診療科を受診したらよいか、悩むところですね。例えば、風邪をひいて頭が痛いなら、一般内科でよいでしょう。しかし、思い当たる原因もなく、頭痛だけが何日も続いたり、頑固な頭痛に繰り返し悩まされるようなケース、つまり「慢性頭痛」の場合、一般内科ではなかなか対応しきれない面があります。
そこで、気になる頭痛が続くときには、「頭痛外来」や「神経内科」または「脳神経外科」を受診してみてください。

「頭痛外来」は頭痛を専門に診てくれる診療科です。また、「神経内科」や「脳神経外科」は、脳やその周囲の血管、神経系のトラブルの診断・治療を専門としている診療科です。慢性頭痛は、脳の周辺の血管や神経、筋肉などに痛みの原因があると考えられるので、神経内科または脳神経外科を受診するのが適しています。
ただし、「いつもと違う頭痛」は、くも膜下出血や脳出血など、緊急処置を要する程の生命にかかわる病気の可能性も高いので、救急車を呼ぶことも考え、一刻も早く医療機関を受診してください。

引用元-どの診療科を受診する? | 病院に行くときは | スッきりんのバイバイ頭痛講座

頭痛を診るのは何科の病院?

大きな総合病院では「頭痛外来」という、頭痛を専門に扱う診療外来が設置されています。

頭痛外来は専門的な知識と治療技術を持っており、偏頭痛だけでなく緊張型頭痛など頭痛に関するものであれば何でも診てもらえます。近くに頭痛外来が設置されている病院がある場合は、まずそこを受診してください。

頭痛を専門としている診療科だけあって、頭痛のタイプをしっかり見極めてくれますし、それぞれのタイプに応じた薬を処方してくれます。

引用元-偏頭痛は病院の何科を受診すれば良いの?

もし、近くに頭痛外来を持つ病院がないのであれば、「神経外科」もしくは「脳神経外科」を受診してください。

頭痛外来ほどではないにしろ、こちらでも頭痛に関する様々な症例を扱っています。最先端の医療検査機器を持っているところも多いので、より細かな検査が可能になります。

引用元-偏頭痛は病院の何科を受診すれば良いの?

群発頭痛を診るのは何科の病院?

群発頭痛は、緊張型頭痛や偏頭痛と比べてみて痛みが強いです。

しかも一度発作が起きたら3か月近く症状が続くので
生きることさえ精一杯の状態になってしまいます。

あまりの激痛に号泣してしまう方もいるのです。

また、神経内科などの頭痛を専門的に診てくれる病院に行っても
『群発頭痛』だと確定診断してもらえないこともあります。

診断が難しいわけです。

群発頭痛の症状が強く出ているときに病院に行こうとしても
病院に着いた途端症状が治まっているケースが多いからです。

しかも、群発頭痛を発症する確率って1500人に1人と言われています。
それくらい珍しい病気なので、お医者さんも診断が難しいわけです。

いきなり珍しい病気を頭に入れて診察するよりも
よくある偏頭痛や緊張型頭痛を頭に描きながら診察した方が
お医者さんだって自然ですからね。

そのため何か所も病院を渡り歩いてようやく
群発頭痛だと診断されるケースもあります。

とはいえ、より群発頭痛を専門的に診ている科に行った方が
より早く確定診断してもらえます。

そしてより早くつらい群発頭痛の症状を和らげることができます。

「群発頭痛は何科が専門なの?」と疑問に感じている方もいるでしょう。
群発頭痛などの頭痛全般は神経内科が専門です。

他にも頭痛を専門に扱っている頭痛外来も群発頭痛を診てくれます。

引用元-群発頭痛は何科で診てもらえばいいの?

3つのケースの頭痛の場合は何科?

ケース1.突発的な激しい痛み

ある日突然、我慢できないほどの激しい痛みに襲われた場合は注意が必要です。脳腫瘍や脳出血、クモ膜下出血などの命に関わる病気の可能性があります。 主な症状には以下のものがあります。

・今までに経験したことのないような激しい痛み
・手足の痺れ
・片側の麻痺
・言語障害

命に関わる病気なので、安全を確保した後すぐに救急車を呼んでください。一刻も早く治療を受ける必要があります。初期段階でも軽い頭痛や痺れが現れるのでその段階で気づけるのが望ましいです。

ケース2.内科で検査しても原因が分からない頭痛

頭痛を始めとした諸症状や精神的な不安が続いていて、検査をしてもその原因が特定できない場合は「自律神経失調症」の可能性があります。 主な症状には以下のものがあります。

・軽い頭痛
・手足の痺れ
・動悸、息切れ
・不安感

自律神経失調症の症状に頭痛があることは意外と知られていないのではないでしょうか? 原因不明の頭痛に加えて、体調不良や心の不安を感じている場合は注意が必要です。
まずは何か他の病気が隠れていないかチェックする為に内科を受診しましょう。原因が特定できない場合は、次に心療内科等の受診をお勧めします。最初に受診した内科で専門医や他の病院を紹介してくれる場合が多いと思います。

ケース3.風邪やインフルエンザによる頭痛

風邪やインフルエンザの症状の1つとして頭痛があります。風邪の引き始めに何となく頭が痛かったり、ズキズキと脈を打つような頭痛を感じるのが特徴です。やがて鼻づまりや咳など他の症状も現れるので判断はしやすいと思います。
風邪やインフルエンザの疑いがある時は内科を受診しましょう。内科のある総合病院がお勧めですが、もちろん最寄りの内科でも十分です。鼻や喉のに関する症状が酷い場合は耳鼻咽喉科でも構いません。

引用元-何科を受診すればいいの?頭痛の症状別で見る正しい病院選び | 健康生活

病院で頭痛の診断に必要な項目

①いつ、どの様に始まったか、その後どうなったか。初めて経験した頭痛か。
これは、危険な頭痛の可能性がないか、最初にチェックするために必要な情報です。

②以前よりときどきある辛い頭痛か。どのような頻度でおこり、持続時間はどれくらいか。
頭痛の経過と頻度の情報です。頭痛のタイプの診断に重要です。

③どんな時、ひどくなるか。特に、体を動かすとひどくなるのか、あるいは体を動かすと気が紛れていいのか。
専門的にいうと、「体動による嫌悪因子」があるかどうかの情報で、片頭痛かどうか見分けるのに重要な情報となります。

④どんな痛みか。
患者さん自身がどう感じているか。その情報も診断に必要です。

⑤どこが痛いか。
痛みはいつも同じ場所か、あるいは右だったり左だったりするか。別の種類の頭痛が混ざっているか。目の奥なのか頭の後方かといった情報で、これも重要な情報になります。

⑥頭痛のほかにどんな症状があるか。
例えば、吐き気をともなうとか、頭痛の前にチカチカやギザギザが見えるかどうかなどの周辺情報で、正確な診断に役立ちます。

引用元-頭痛について失敗しない医師へのご相談|頭痛に関する総合情報サイト[ずつう.jp]

twitterの反応

 - 頭の健康