いつでもあなたのぷらすになる情報をお届けします

いつでもぷらす

抗生剤の点滴の滴下速度にはどんな決まりがあるのでしょうか

      2016/06/11

抗生剤の点滴の滴下速度にはどんな決まりがあるのでしょうか

抗背剤の点滴の滴下速度は
どのように決めているのでしょうか?
滴下速度について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

60代男性の香水まとめ。選び方からオススメ香水まで


良い匂いは男性女性問わず、その人の魅力になります...

体重が増えることが怖い・・・摂食障害へのサイン!


毎日体重計に乗り増減する体重の数値に一喜一憂され...

酵素サプリメントを摂取することでダイエット効果は?


酵素をサプリメントによって摂取することでダイエッ...

運動をするのなら毎日するべき?一日おきでも問題ない?


ダイエットのため、また健康のために運動をするのは...

血糖値の食後1時間の正常な値とは?糖尿病の時の値は?

あなたは大丈夫ですか?
食後1時間の血糖値で糖尿病...

浮気をしているか心配・・携帯を見る方法ってあるの?


恋人や配偶者の浮気を疑ったら確認したのが携帯です...

女性が男性の携帯を見る理由は何なのでしょうか?

女性が男性の携帯を見るという話しをよく耳にすると
...

スマホ依存症を治したい!携帯を見るのをやめたいなら


今の時代はスマホ携帯を持っている人がほとんです。...

彼氏の携帯を見るのをやめたいのにやめられない人へ


彼氏の携帯を見るのが悪いことだからやめたいと思っ...

聴くだけでできる?曲のキーを判別する方法とは?

ギターやピアノを弾く時に
楽譜がなくても曲のキーを...

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる?下げる?

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる方が良い
の...

イラストやマンガの絵を初心者が上手に描く書き方とは


初心者がイラストやマンガの絵を上手に描けるように...

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまった時の治療法とは

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまったら
恥ず...

リクシルのお風呂のザラザラした床のお掃除方法とは


リクシルのお風呂の床は冬でも冷たくならず

メンズベルトの贈り物をするには何サイズを選べばイイの?


彼や父親などにメンズベルトの贈り物をしたいけれど...

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは必要なのか?

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは
除菌しす...

トイレの便器の中に虫が!原因と駆除方法とは?


トイレの便器の中に虫がいると恐ろしすぎますよね・...

トイレの便器と床の隙間の掃除ってどうやるのでしょうか?


トイレの便器と床の隙間は汚れがたまりやすく

玄関やトイレのドアは内開きが良いの?外開きが良いの?


あなたの家の玄関やトイレのドアは内開きですか?<...

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがある

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがあるのを

スポンサーリンク


抗生剤を点滴する滴下速度とは

点滴が体内に入ってくる速度を、滴下速度と呼びます。点滴を観察してみると、滴下が早い人も遅い人もいますよね。

実は、輸液の内容や患者さんの状態で、適正な滴下速度が異なります。

滴下速度が速くなりすぎると、血管の中に一気に水分が入ることになるため、心臓に負担がかかり急性心不全や肺水腫を引き起こすことがあります。

高齢の患者さん、腎不全の患者さん、手術直後の患者さんは、特に注意が必要です。輸液の種類で特に気を付けたいのが、カリウム製剤です。

カリウムは体にとって大切な物質ですが、適正量の範囲が3.5~5.0mEq/Lと狭く、5.0mEq/Lを超えると高カリウム血症という状態になってしまいます。

重度になると、致死的不整脈を起こして心停止する場合もあります。必ず濃度を確認して原液で投与しないこと、適正な滴下速度を保つことが大切です。

では、滴下速度はどのように計算すればいいのでしょうか。

1mLあたり何滴かは、輸液セットごとに決まっています。それぞれのセットの包装に「1mL≒20滴」などと書いてあります。

また、患者さんごとに作成される注射実施表で、「生理食塩水 120mL/時」などと医師からの指示が書いてあるので、これをもとに1分あたりの量を計算し、滴下速度を調整します。

この例なら、1時間に120mL=1分間に2mL投与するためには、40滴を1分間に滴下する必要があります。だいたい3秒に2滴落ちるような速度に調整すればいいですね。

一般的な輸液は1mL=20滴のものが多いので、慣れてくると1分間の滴下数=1時間あたりの輸液量(mL)÷3で計算する看護師も多いようです。ただし、輸液セットごとの1mLあたりの滴下数を確認することは、毎回怠らないようにしましょう。

引用元-滴下速度の計算方法と点滴・輸液投与の注意点 | 看護ラボ

子供と大人で違う点滴の滴下速度

例)一日投与予定量 点滴500ml×4本=2000mlを24時間で滴下予定

○成人輸液ライン(20滴≒1ml)の場合
全体輸液量(ml)/かかる時間(分) ×20
なので、2,000/24×60 ×20≒28 (2秒に1滴)

○小児輸液ライン(60滴≒1ml)の場合
全体輸液量(ml)/かかる時間(分) ×60
2,000/24×60 ×60
(60が分子・分母にあるので実際あ2000/24)≒83滴(1分間に83滴)

ということになります。

簡単に言うと、小児輸液ラインの1分間の滴下数の1/3が成人輸液セットの1分間の滴下数になります。

○輸液ポンプの場合は、必ず機種を確認しますが
予定量=2,000mlをセット
流量(時間投与量)≒83と設定します

引用元-点滴静脈内注射を受けている患者の観察点のポイント | 忘れた看護技術を復習する 洗髪や点滴、プラクティス

点滴の滴下速度の計算方法

|輸液量 ÷ 時間

小児用ルートをメインに滴下数を考えるようにすると、比較的簡単に滴下数を求めることが出来るようになります。例えば、500mLを4時間で落とす場合、これは1時間当たり125mL(500mL ÷ 4時間)を落とすということですよね。現場においては、「125ソク」「125ピッチ」などと指示されることが多いです。

125mL/時間の指示流量ということは、小児用ルートでは1分間に125滴を落とすことになります。これはどういうことかというと、公式を利用して求めると、1分間当たりの滴下数は、500(mL)÷ 〔4(時間)× 60(分)〕× 60(滴/mL)ですよね。この時、一度60(分)で割って、その後60(滴/mL)をかけているわけですから、これらを打ち消すことが可能です。

つまり、125mL/時間の指示流量であれば、そのまま1分間に125滴と考えることが出来るわけです。小児用ルートであれば、このまま60秒で125滴ですから、1秒あたり約2滴となります。また、成人用ルートであればこの3分の1になるわけですから、大体3秒で2滴と考えることが可能です。
指示が60mL/時間であれば、1秒1滴!

医師からの指示が60mL/時間(60分)の場合、1mL = 1分(60秒)ですから、小児用ルート(1mL = 60滴)であれば、1秒1滴と考えることが可能です。成人用ルートであれば、この3分の1ですから、3秒で1滴ですね。

125mL/時間の場合であれば、60mL/時間の約2倍の流量ですから、小児用ルートの場合は1秒2滴、成人用ルートであれば3秒2滴となります。また、80mL/時間なら、60秒で80滴落とすわけですから、小児用ルートでは3秒4滴となります。

「60mL/時間の場合は1秒1滴」を覚えておくと、色々な場面で応用が利くようになりますので、ぜひ頭の中に入れておくようにしてみてくださいね。

引用元-点滴の時間合わせでもう悩まない!滴下計算を簡単に行う方法とは?|welq [ウェルク]

抗生剤の点滴の滴下速度Q&A①

開始時の点滴速度等について何か指標のようなものがありますか。開始時には通常より遅い速度のほうがいいのか、どれくらい遅くすればいいのか、通常速度には投与後どのタイミングがよいでしょうか。

引用元-抗菌薬投与に関連するアナフィラキシー対策のガイドラインQ&A – 公益社団法人日本化学療法学会

特に、一定の基準はありません。常識的には、点滴開始時は大量の抗原(抗菌薬)が一度に注入されるのを避ける意味で、ゆっくり(どの程度かは明記できません)行うほうが望ましいと考えられています。ショックは投与後2~3分以内に発生する頻度が高いので、はじめの数分間は、ゆっくり点滴して何時でも中止できるような配慮が望ましいと思います。観察時間は15~20分程度で十分とも考えられますが、点滴中はやはり注意が必要なので、「投与開始から投与終了後まで、患者を安静の状態に保たせ、十分な観察を行うこと。特に、投与開始直後は注意深く観察すること。」の通知となっています。

引用元-抗菌薬投与に関連するアナフィラキシー対策のガイドラインQ&A – 公益社団法人日本化学療法学会

抗生剤の点滴の滴下速度Q&A②

抗生剤の点滴で30分~1時間で落とす理由を教えて下さい!
早すぎるとどうなり、遅すぎるとどうなるのかを教えて欲しいです!

引用元-抗生剤の点滴で30分~1時間で落とす理由を教えて下さい!早すぎるとどう… – Yahoo!知恵袋

βーラクタム系(ペニシリン系、セフェム系)の場合は、アレ
ルギー反応は急速な薬液の注入により起こり易いため、
点滴速度はゆっくり目にします。特に初めて点滴するときは
要注意です。

点滴速度が早い方が血中薬物濃度のピークは高くなります。
ニューキノロン系、アミノグリコシド系など濃度依存性薬物で
はピークが高いほど抗菌効果が高いので、比較的短時間で
落とすことが多いです。

一方、βラクタム系は時間依存性薬物で、血中濃度が一定
(およそ4MIC程度)以上の時間が長いほど効果が高いと
されます。従って、効果を高めるには点滴速度を早くするより
点滴を頻回に行うほうが効率的です。アレルギーのリスクも
あるため、点滴速度は遅め、点滴の回数を多めにします。

特殊な例ですが、バンコマイシンは点滴によりヒスタミンを
遊離させ顔面の紅潮を特徴とする反応(レッドマン症候群)
をきたします。これを避けるためには1時間以上かけて点滴
すべき、とされています。

引用元-抗生剤の点滴で30分~1時間で落とす理由を教えて下さい!早すぎるとどう… – Yahoo!知恵袋

twitterの反応

 - 点滴