いつでもあなたのぷらすになる情報をお届けします

いつでもぷらす

ガン治療とリンパ節転移とはどんな関わりがあるのでしょうか

      2016/06/22

ガン治療とリンパ節転移とはどんな関わりがあるのでしょうか

ガン治療においてリンパ節への
転移とは重要な関わりがあります。
ガンとリンパ節について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

60代男性の香水まとめ。選び方からオススメ香水まで


良い匂いは男性女性問わず、その人の魅力になります...

体重が増えることが怖い・・・摂食障害へのサイン!


毎日体重計に乗り増減する体重の数値に一喜一憂され...

酵素サプリメントを摂取することでダイエット効果は?


酵素をサプリメントによって摂取することでダイエッ...

運動をするのなら毎日するべき?一日おきでも問題ない?


ダイエットのため、また健康のために運動をするのは...

血糖値の食後1時間の正常な値とは?糖尿病の時の値は?

あなたは大丈夫ですか?
食後1時間の血糖値で糖尿病...

浮気をしているか心配・・携帯を見る方法ってあるの?


恋人や配偶者の浮気を疑ったら確認したのが携帯です...

女性が男性の携帯を見る理由は何なのでしょうか?

女性が男性の携帯を見るという話しをよく耳にすると
...

スマホ依存症を治したい!携帯を見るのをやめたいなら


今の時代はスマホ携帯を持っている人がほとんです。...

彼氏の携帯を見るのをやめたいのにやめられない人へ


彼氏の携帯を見るのが悪いことだからやめたいと思っ...

聴くだけでできる?曲のキーを判別する方法とは?

ギターやピアノを弾く時に
楽譜がなくても曲のキーを...

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる?下げる?

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる方が良い
の...

イラストやマンガの絵を初心者が上手に描く書き方とは


初心者がイラストやマンガの絵を上手に描けるように...

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまった時の治療法とは

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまったら
恥ず...

リクシルのお風呂のザラザラした床のお掃除方法とは


リクシルのお風呂の床は冬でも冷たくならず

メンズベルトの贈り物をするには何サイズを選べばイイの?


彼や父親などにメンズベルトの贈り物をしたいけれど...

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは必要なのか?

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは
除菌しす...

トイレの便器の中に虫が!原因と駆除方法とは?


トイレの便器の中に虫がいると恐ろしすぎますよね・...

トイレの便器と床の隙間の掃除ってどうやるのでしょうか?


トイレの便器と床の隙間は汚れがたまりやすく

玄関やトイレのドアは内開きが良いの?外開きが良いの?


あなたの家の玄関やトイレのドアは内開きですか?<...

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがある

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがあるのを

スポンサーリンク


ガンの再発やリンパ節転移とは

正常な細胞は、体や周囲の状態に応じてふえるのをやめたり、成熟(分化)していろいろな機能を担うようになったり、脱落してほかの細胞と入れ替わるような仕組みが働いています。がん細胞は、こうした仕組みに異常があり、時間をかけて数をふやしたり、ほかの場所に移動しやすくなるなどの性質を持っています。

がんのある場所や大きさのほか、患者さんの状態、これまでに受けた治療の内容や効き方、検査でわかるがんの特徴など、さまざまな要因が、がんの進行に影響してきます。

「再発」とは、治療がうまくいったようにみえても、手術で取りきれていなかった目に見えない小さながんが残っていて再び現れたり、薬物療法(抗がん剤治療)や放射線治療でいったん縮小したがんが再び大きくなったり、別の場所に同じがんが出現することをいいます。治療した場所の近くで再発を指摘されるだけでなく、別の場所に「転移」としてがんが見つかることも含めて再発といいます。「転移」とは、がん細胞が最初に発生した場所から、血管やリンパに入り込み、血液やリンパの流れに乗って別の臓器や器官に移動し、そこでふえることをいいます。リンパの流れが集まる場所であるリンパ節に転移したり、肺や肝臓、脳、骨など血液の流れが豊富な場所に転移することが多いです。「播種」とは、がんのできた臓器からがん細胞がはがれ落ち、近接する体内の空間(胸腔や腹腔)に散らばるように広がることをいいます。

引用元-がんの再発や転移のことを知る|がんになったら手にとるガイド [がん情報サービス]

ガンが転移すると危険な場所とは

血管やリンパへの転移

がん治療において、リンパ節と大きな血管への転移や浸潤は、常に意識しておかなければならない重要なポイント。このふたつへ腫瘍が入り込んでしまうと、全身にがん細胞が巡ってしまうことになるからです。

言うなれば、血管は全身の細胞へ酸素や栄養を運ぶ上水道のようなもの。リンパ管は全身の細胞から老廃物を排出する下水道です。この流れにがん細胞が乗ると、いつどんな場所に流れ着いて定着し、腫瘍が発生するのか全く予想できません。

例えば、乳がんと診断されて切除手術を行う場合、乳がんの原発巣と同時に、脇の下のリンパ節まで取り除いてしまうケースがあります。それは、リンパから脳などへの遠隔転移を防ぐ狙いがあるからです。

また、すい臓などのように、すぐ近くに大きな動脈やリンパ、神経などが多数通っている場所は、がんが発生すると初期の段階から遠隔転移を起こしやすく、病状が進みやすい傾向があります。

脳への転移

あらゆる種類のがんで亡くなった患者さんを病理解剖してみると、2〜4割には脳への転移が見つかるようです。特に肺がんと乳がんは、転移性の脳腫瘍を起こしやすいそうですが、その他の種類のがんでも、進行すると脳への転移が生じる可能性が非常に高くなります。

脳にがんが転移すると、頭痛やてんかん発作、麻痺やしびれなどが起こることがあり、2〜3割の人には、急に性格が変わったり物覚えが悪くなったりする、精神症状が現れます。大きくなった腫瘍が脳を圧迫することによる身体的または言語的な障害や麻痺、頭痛などの症状は、日常生活に少なからず影響をもたらします。

特に肺がんからの脳転移は、腫瘍が大きくなるスピードが速く、平均25日で倍の大きさにまで成長すると言われていますので、早急に発見し、摘出手術や放射線治療などを行う必要があります。

骨への転移

どのがんにも骨へ転移する可能性あるとされています。骨へ転移したがんを、転移性骨腫瘍と言い、特に骨転移を起こしやすいものは、骨髄腫や肺がん、乳がん、腎がん、前立腺がんなど。転移した初期にはそれほど症状はありませんが、腫瘍が大きくなって骨組織を圧迫すると、動かした時の強い痛みや安静時の持続する痛みが出て、少しの衝撃で骨折することもあります。

特に背骨に転移した場合は、腫瘍によって骨が潰れて圧迫骨折が起きたり、背骨近くの脊髄神経が圧迫されて、手足の麻痺やしびれが出ることも。骨への転移は、進行すると日常生活に大きく関わる障害が出やすいので、原発がんの治療と並行して対応します。

引用元-癌がリンパ転移や骨転移をすると怖いというのは本当なのか

ガン治療でリンパ節転移は重要

リンパとがんには密接な関わりがあります。リンパ節やリンパ管に発生する悪性腫瘍が「悪性リンパ腫」で、「血液のがん」とも呼ばれます。

臓器などにできるがんと異なり、リンパ系組織は全身に張り巡らされているため、手術による切除は基本的に行うことができません。

また、他の臓器に発生したがんがリンパ管に入って全身に転移することもあります(リンパ行性転移)。

リンパ管に入ったがん細胞は、関所であるリンパ節でさらに増え、次のリンパ節へと移行します。

がん治療において、このリンパ節転移がみられるかどうかは大きなポイントであり、手術で切除できる範囲の転移であれば「リンパ節郭清 (切除)」を行うことが一般的です。

引用元-がん(癌)とリンパ節

ガン治療の標準治療とは

早期発見、早期治療であっても、再発・遠隔転移に対し、標準治療はお手上げです。
一口にがんと言っても様々であり、発生部位に留まる「限局性」のものは、胃がんの場合で5年生存率95%、活発に転移し全身に拡散する「遠隔転移性向」が強いものは、同じ胃がんの場合で、5年生存率3%です。局所性のがんで亡くなる方はわずかであり、全身性のがんでは、殆どの方が亡くなるのが実態です。

標準治療の代表格、外科手術は局所療法です。放射線や重粒子・陽子線療法も局所療法です。患者さんの生命にとって真に危険な全身性のがんに対して、局所療法では治癒を望めません。抗がん剤は全身療法ですが、一部の白血病を除いて、がんを全滅させることができません。抗がん剤の中でも副作用の激しい化学療法剤は、がん細胞と正常細胞を区別せず、分裂中(増殖中)の細胞の遺伝子に無差別に傷をつけます。ところが、がん細胞よりも早く増殖する正常細胞が多く存在し、先にやられてしまいます。(白血病の場合、がん細胞の増殖が極めて早く、正常細胞より先に全滅することがあります)また、通常、がん細胞は全滅する前に薬剤耐性を獲得すること、がん細胞の「親玉」であり、再発や転移の核となる「がん幹細胞」は化学療法(及び放射線療法)では容易に死なないこと等、化学療法は原理的に、がんを根治できません。その上、がんにとっては目の上の瘤である免疫システムに打撃を与え、また、内臓機能を低下させるため、限界まで投与を続けると、生命維持さえ困難な状態に陥り死に至ります。

標準治療は、大きな腫瘍の塊を除去する、大量増殖中のがん細胞の総数をざっくり減らすことは得意です。ところが、全身に散る危険ながん細胞を根絶することが苦手です。

引用元-がんの進行・遠隔転移と標準治療|癌免疫療法|がん免疫細胞療法

ガンのリンパ節転移の新たな治療法

岡山大学大学院医歯薬学総合研究科消化器外科学分野の藤原俊義教授、岸本浩行助教、菊地寛次医師らの研究グループは、がん細胞を選択的に殺傷する遺伝子改変ウイルス製剤「テロメライシン」を用いて、消化器がんのリンパ節転移を低侵襲的に完全に消去する新たな治療法を開発し、ヒト大腸がんを直腸に移植したマウスでその効果を実証しました。
 本研究成果は2015年1月20日、米国の科学雑誌『Molecular Therapy』(Nature Publishing Group)電子版で公開されました。
 胃がんや大腸がんなどの消化器がんは、早期であれば内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)によって根治が望めます。しかし、粘膜下層まで浸潤していると、リンパ節転移の可能性があるため、一般的に追加で外科切除が行われています。
 本技術でリンパ節転移を完全に消去することができれば、追加の外科切除を回避できると期待されます。早期の胃がん、大腸がんなどの患者の治療後の生活の質(Quality of life; QOL)を高く保つことができると期待されます。

引用元-がん細胞のリンパ節転移を完全に消去する新たな遺伝子改変ウイルス製剤を用いた治療法の開発 – 国立大学法人 岡山大学

twitterの反応

 - ガン