いつでもあなたのぷらすになる情報をお届けします

いつでもぷらす

胃がんの全摘出をした方がリンパへの転移がは少ないの?

      2016/06/28

胃がんの全摘出をした方がリンパへの転移がは少ないの?

胃がんの全摘出はどんな状態の時に
するのでしょうか?
全摘出するとリンパへの転移の可能性は
減少するのでしょうか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

60代男性の香水まとめ。選び方からオススメ香水まで


良い匂いは男性女性問わず、その人の魅力になります...

体重が増えることが怖い・・・摂食障害へのサイン!


毎日体重計に乗り増減する体重の数値に一喜一憂され...

酵素サプリメントを摂取することでダイエット効果は?


酵素をサプリメントによって摂取することでダイエッ...

運動をするのなら毎日するべき?一日おきでも問題ない?


ダイエットのため、また健康のために運動をするのは...

血糖値の食後1時間の正常な値とは?糖尿病の時の値は?

あなたは大丈夫ですか?
食後1時間の血糖値で糖尿病...

浮気をしているか心配・・携帯を見る方法ってあるの?


恋人や配偶者の浮気を疑ったら確認したのが携帯です...

女性が男性の携帯を見る理由は何なのでしょうか?

女性が男性の携帯を見るという話しをよく耳にすると
...

スマホ依存症を治したい!携帯を見るのをやめたいなら


今の時代はスマホ携帯を持っている人がほとんです。...

彼氏の携帯を見るのをやめたいのにやめられない人へ


彼氏の携帯を見るのが悪いことだからやめたいと思っ...

聴くだけでできる?曲のキーを判別する方法とは?

ギターやピアノを弾く時に
楽譜がなくても曲のキーを...

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる?下げる?

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる方が良い
の...

イラストやマンガの絵を初心者が上手に描く書き方とは


初心者がイラストやマンガの絵を上手に描けるように...

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまった時の治療法とは

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまったら
恥ず...

リクシルのお風呂のザラザラした床のお掃除方法とは


リクシルのお風呂の床は冬でも冷たくならず

メンズベルトの贈り物をするには何サイズを選べばイイの?


彼や父親などにメンズベルトの贈り物をしたいけれど...

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは必要なのか?

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは
除菌しす...

トイレの便器の中に虫が!原因と駆除方法とは?


トイレの便器の中に虫がいると恐ろしすぎますよね・...

トイレの便器と床の隙間の掃除ってどうやるのでしょうか?


トイレの便器と床の隙間は汚れがたまりやすく

玄関やトイレのドアは内開きが良いの?外開きが良いの?


あなたの家の玄関やトイレのドアは内開きですか?<...

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがある

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがあるのを

スポンサーリンク


胃がんとは

国内の胃がん患者数は第1位で,がんで亡くなる人の4分の1が胃がんによるものです。また,死亡者数は肺がんについで第2位です。
 
近年,国内における胃がんの発症率は減少傾向にあります。しかし世界的にみると,その発症率や死亡率は最も高い数値を示しています。

胃がんの5年生存率は50%~60%で,この数値は近年向上し続け,診断法や治療技術の進歩により,現在では早期に発見し,治療を行えば100%完治するとまで言われるようになりました。

引用元-胃がん・がん治療

■ 胃がんの原因
胃がんの発症のメカニズムは完全には解明されていませんが,それでもかなりの要因が明らかになってきています。胃がんは多くの場合,胃炎や胃潰瘍から生じるとみられています。すなわち,胃炎や胃潰瘍で胃壁の細胞が傷み,それを繰り返すなかで遺伝子に変異が生じ,がん化すると考えられます。

したがってこの胃炎や胃潰瘍を引き起こす要因となるものが胃がんの原因にもなりうるということが言えます。

特に胃は食物を消化するための器官であり,それだけに食生活との関連が指摘されています。 

引用元-胃がん・がん治療

胃がん全摘出しないとリンパ転移?

特に胃がんの再発で多いとされるのが「腹膜再発(転移)」です。手術で胃をすべて摘出したとしても、既にがん細胞が胃壁を突き抜けてお腹の中にこぼれ落ちていた場合、そこでがんが育ってしまうことがあります。

腹膜再発は、特にスキルス胃がんなどの悪性度の高いがんでよく見られますので、治療後も慎重な観察が必要です。腹膜再発が起こった場合は、検査で見つかるよりも先に腹水がたまる症状で気づくケースが多いといわれています。

また胃がんの手術で胃の一部を残した場合、その残った部分に胃がんが再発することがあります。これは「残胃がん」と呼ばれるもので、必ずしも前のがんと同じものではなく、新たに発生した別の胃がんであるケースも多い点が特徴です。

そのため胃を残している場合は、治療から年月が経っていても、新たながんの発生に気をつけなくてはいけません。他には、肝臓や肺などに遠隔転移した状態で再発が見つかることもあります。

手術で取り切れなかったがん細胞が、血液やリンパ液の流れに乗って遠くに運ばれたもので、特に分化度の低い胃がん(スキルス胃がんなど)では多く見られます。

遠隔転移してしまうと、基本的に再手術は難しいため、抗がん剤治療などが中心になります。

引用元-胃がんの予後と5年生存率~医学的な病状の見通し~

胃がん全摘出でリンパ転移を予防

胃がんで全摘出をする目的とは?

そもそも、胃がんになった時に胃の全摘出を行うのはなぜでしょうか?

基本的には、「胃全体にガン細胞が見つかった場合」や「胃の上部にガン細胞があり、脾臓(ひぞう)に転移する可能性がある場合」に全摘出手術を行うことになります。

胃がんが他の臓器やリンパ節に転移するのは、ガン細胞がリンパ節にこぼれ落ちたり、ガン細胞が胃から染み出た場合に限られており、これらのリスクは胃がんが進行するほど大きくなる、とされています。

つまり、胃がんで全摘出を行うのは、胃がんを治すだけでなく、胃がんの転移を予防する効果もあるのです。

全摘出後に他の臓器の転移する可能性はどれくらいか?

胃がんは、「分子型がん」と言う大きなかたまりのガン細胞ができるガンなので、一般的には転移しにくいガンだと言われています。

しかし、胃がんも所詮はガンなので、進行するほど転移する可能性は高くなっていきます。

引用元-胃がんで全摘出手術をしても転移の可能性があるのか調べた – がんブック〜がんの専門ブログ

胃がんのリンパや全摘出の手術とは

1) 切除範囲

通常の胃癌の手術では、胃の出口の方の2/3を切除します。これを幽門側胃切除といいますが、胃癌が胃の入り口に近い場合には入り口寄りの胃を切除する噴門側胃切除を行うこともあります。病変の広がりによっては胃を全部切除する胃全摘を行うこともあります。

最近では小さな胃癌が増加してきましたので、さらに小さな範囲で楔状に胃を切除したり、横断切除といって胃の中間部分を中抜きにするような切除や、出口の筋肉を残す手術(幽門保存胃切除)も試みています。

2) リンパ節郭清

リンパ管に入った癌細胞は、リンパ管を通って胃のすぐ近くのリンパ節に流れ込んでそこに止まります。そこで癌細胞が増えるとリンパ節転移ができあがることになります。さらに進むとより遠いリンパ節に次々に転移していくことになります。ある程度進行した胃癌では、近くのリンパ節に癌細胞が転移している可能性が高いため、胃癌の手術では胃を切り取るだけでなく、近くのリンパ節や少し離れた部位のリンパ節を予防的に取ることが行われます(リンパ節郭清)。

一部の早期胃癌に対しては保険診療では認められていませんが、センチネルリンパ節生検が行われています。これは病変の周囲の粘膜下に緑色の色素を注入し、この緑に染まったリンパ節をすべて取り出し、手術中に病理の検査を行い、リンパ節転移の有無を調べます。このリンパ節に転移が見られなかった場合にはリンパ節転移はないものと判断してリンパ節郭清の範囲を安全に縮小します。転移がみられた場合にはリンパ節郭清の範囲は縮小せず、標準的な郭清を行います。

3) 腹腔鏡手術

現在では医学の進歩により早期の胃癌はほぼ治るようになりました。そこで手術による後遺症を出来るだけ少なくして胃癌が治った後の生活の質を向上させる努力が行われています。

 腹腔鏡手術とは腹壁に小さな穴を開けそこからカメラを挿入しのぞきながらマジックハンドのような機械を使い手術を行います。この方法は開腹手術に比べ体への侵襲が少ないと言われており、早期回復できることや手術後の痛みが少ないなどの利点があります。ただし手術は難しくなり手術時間も長くなります。早期胃癌の患者さんには通常の開腹手術以外に腹腔鏡手術も選択して頂けます。

引用元-胃がん | がんプロ.com

胃がんの再発や転移を防ごう

がんに立ち向かう上で、もっとも注意したい「再発や転移」。たとえ、医師による適切な処置を受けていたとしても再発・転移の可能性はある、ということをわきまえておかなければなりません。

そのため、医療機関のみに頼るのではなく、私たちができる代替医療も率先しておこない「がんの予防線」を何重にも張り巡らせることが、がんとたたかっていく上で極めて重要となってきます。

漢方や鍼灸、アロマ・マッサージ、健康食品、サプリなど、さまざまな代替医療が存在する中で、「グルタチオンS-トランスフェラーゼ」をいかに活発化させるかが、がん再発・転移予防のキーポイントとされています。

グルタチオンS-トランスフェラーゼとは、体内で働く解毒酵素のひとつ。この酵素を活性化させる野菜として、わさびが注目を浴びています。

わさびに含まれる成分「ワサビスルフィニル(6-メチルスルフィニルヘキシルイソチイオシアネート)」は、このグルタチオンS-トランスフェラーゼを活性化させるとして、論文でも発表されました。

このほかにも、ワサビスルフィニルには、活性酸素を抑える、ピロリ菌などの細菌の増殖を抑制、血流の促進や血栓予防、免疫力向上、といったさまざな効果も。

また、がん細胞の増殖を抑制し、転移を防ぐといった効果も確認されているため、がんの再発・転移とたたかう方はもちろん、すでに転移してしまったという方にも、ぜひ摂取して欲しい成分なのです。

引用元-胃がんの転移|がんの転移が心配なときに読むサイト

twitterの反応

 - ガン