いつでもあなたのぷらすになる情報をお届けします

いつでもぷらす

妊娠初期に卵巣がチクチクするのは大丈夫なのでしょうか?

      2016/07/06

妊娠初期に卵巣がチクチクするのは大丈夫なのでしょうか?

妊娠初期に卵巣がチクチクと痛むと
赤ちゃんには何か影響がないのか心配に
なりますよね。
卵巣のチクチクについて調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

60代男性の香水まとめ。選び方からオススメ香水まで


良い匂いは男性女性問わず、その人の魅力になります...

体重が増えることが怖い・・・摂食障害へのサイン!


毎日体重計に乗り増減する体重の数値に一喜一憂され...

酵素サプリメントを摂取することでダイエット効果は?


酵素をサプリメントによって摂取することでダイエッ...

運動をするのなら毎日するべき?一日おきでも問題ない?


ダイエットのため、また健康のために運動をするのは...

血糖値の食後1時間の正常な値とは?糖尿病の時の値は?

あなたは大丈夫ですか?
食後1時間の血糖値で糖尿病...

浮気をしているか心配・・携帯を見る方法ってあるの?


恋人や配偶者の浮気を疑ったら確認したのが携帯です...

女性が男性の携帯を見る理由は何なのでしょうか?

女性が男性の携帯を見るという話しをよく耳にすると
...

スマホ依存症を治したい!携帯を見るのをやめたいなら


今の時代はスマホ携帯を持っている人がほとんです。...

彼氏の携帯を見るのをやめたいのにやめられない人へ


彼氏の携帯を見るのが悪いことだからやめたいと思っ...

聴くだけでできる?曲のキーを判別する方法とは?

ギターやピアノを弾く時に
楽譜がなくても曲のキーを...

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる?下げる?

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる方が良い
の...

イラストやマンガの絵を初心者が上手に描く書き方とは


初心者がイラストやマンガの絵を上手に描けるように...

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまった時の治療法とは

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまったら
恥ず...

リクシルのお風呂のザラザラした床のお掃除方法とは


リクシルのお風呂の床は冬でも冷たくならず

メンズベルトの贈り物をするには何サイズを選べばイイの?


彼や父親などにメンズベルトの贈り物をしたいけれど...

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは必要なのか?

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは
除菌しす...

トイレの便器の中に虫が!原因と駆除方法とは?


トイレの便器の中に虫がいると恐ろしすぎますよね・...

トイレの便器と床の隙間の掃除ってどうやるのでしょうか?


トイレの便器と床の隙間は汚れがたまりやすく

玄関やトイレのドアは内開きが良いの?外開きが良いの?


あなたの家の玄関やトイレのドアは内開きですか?<...

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがある

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがあるのを

スポンサーリンク


妊娠初期に卵巣がチクチクQ&A

妊娠初期の頃から左側の下っ腹が良く痛くなります。前回の検診で心配だったので、先生に聞いたら「卵巣が腫れてるから子宮が大きくなるにつれて触るから痛いんだよ。初期の頃は妊娠でホルモンバランスが崩れて腫れてるだけだからそのうち治まるよ。」って言われました。
ちょっと前に安定期に入ったばかりですが、いまだに痛くなる時は左側がチクチク痛くなります。ついでにちょうど対角線上の背中も痛くなる時がありすが、卵巣が腫れてるのとなにか関係あるんですかね(´・ω・`)?
卵巣の腫れとはいつぐらいまで続きますか?次の検診まで期間があるのでちょっと心配になってしまって(´°̥̥̥ω°̥̥̥`)

引用元-妊娠初期の頃から左側の下っ腹が良く痛くなります。… [ママリQ] 女性限定Q&Aアプリ

あたしも最初卵巣辺りが痛くて病気?と思い病院に行ったら妊娠確定ですといわれビックリしました。その際にエコーみながらここの卵巣のところが腫れてますが妊娠したことによりホルモンバランスで腫れてるだけだと思います。だんだんと腫れはひいていきますと言われました。卵巣嚢腫っていうらしいです。
それからも毎回検診のたびに卵巣の様子も見てもらってはいますがまだ完全に腫れはひいていないそうです。
でも今では痛みはありません。

引用元-妊娠初期の頃から左側の下っ腹が良く痛くなります。… [ママリQ] 女性限定Q&Aアプリ

妊娠初期に卵巣がチクチクする理由

妊娠初期にも卵巣あたりが痛む場合があります。これは、ホルモンの影響で卵巣が腫れていることが原因だと言われています。中でも、妊娠初期に卵巣が腫れるのは「ルテイン嚢胞(のうほう)」が原因の場合があるようです。妊娠初期には絨毛性ゴナドトロピン(HCG:human chorionic gonadotropin)というホルモンが分泌されます。このHCGというホルモンは、「排卵の後、卵巣に形成された黄体を刺激してその機能を維持させる役割」を担っています。

妊娠初期、特に胎盤が形成されるまでの妊娠12~16週までは、妊娠を維持するために黄体の機能を保たなければなりません。そのために、HCGによる卵巣の過剰刺激によって卵巣が腫れることがあり、これを「ルテイン嚢胞」と呼んでいます。

胎盤ができ始めるとエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)が胎盤より分泌されるため、黄体はその役目を終えて、次第にルテイン嚢胞も小さくなります。通常は目立った自覚症状は無く、しばらくは卵巣が腫れた状態が続きますが、妊娠15~16週頃になればほとんどの場合治まってくると言われています。

ただ、その時期を過ぎてもずっと卵巣の痛みを感じる場合や激しい痛みがあるときは流産の恐れもあるので早めに産婦人科を受診しましょう。

引用元-卵巣のチクチクする痛みは一体なぜ?卵巣の痛みに関する完全まとめ|welq [ウェルク]

妊娠初期の卵巣がチクチクは着床痛?3

|着床と同時に起こるといわれている下腹部の痛み

卵子と精子が出会い、受精卵となると、その受精卵は細胞分裂を繰り返しながら卵管をゆっくりと下りていきます。受精卵が子宮にたどり着くまではおよそ約6日間。その間に、子宮も内膜を柔らかく・厚くし、受精卵を迎え入れる準備をしています。

受精から約6日間後、ゆっくりと移動していた受精卵がついに子宮に到達し、子宮内膜に取り付き、母体と結びつきます。これが着床です。
そして、着床痛とは、文字通り受精卵が子宮に着床した際に起きるといわれている下腹部の痛みのことをそう呼んでいます。

|医学的には未解明な着床痛

ただし着床痛に関しては、医学的に確かなことは分かっておらず、多くの妊娠経験者や先輩ママが後々に振り返って着床のタイミングに痛みを感じたといっていることから生まれた言葉なのです。
そのため、「着床によって痛みを感じることはない」と主張する専門家の声もあります。受精卵が着床する際に痛みが生じるほどの影響が母体へと現れることはないという見解もあるのです。実際には排卵時に感じる排卵痛や妊娠初期の子宮の変化に伴う痛みを着床痛と勘違いしている可能性も指摘されています。
医学的には解明されていないという点は覚えておいてくださいね。

引用元-着床痛と生理痛との違いとは 時期や症状 痛みの種類を解説|cuta [キュータ]

痛みの原因は子宮が大きくなるから?

症状
___________________________
妊娠初期は体の変化に敏感になるので、お腹の痛みを感じると「流産の兆候なの…?」と不安になってしまうかもしれません。

しかし、妊娠するということは子宮で赤ちゃんが成長していくということなので、子宮が大きくなるなどお腹の中では様々な変化が起こっています。
妊娠初期は少しずつ子宮が変化を始めるタイミングで、体がその変化に慣れるまで痛みを感じやすいのです。

原因
___________________________
子宮が大きくなる
___________________________

妊娠前の子宮は鶏卵ぐらいの大きさです。妊娠すると胎盤や赤ちゃんが成長して子宮は徐々に大きくなっていき、妊娠2ヶ月頃には元の大きさの1.5倍になり、妊娠3ヶ月頃には握りこぶし大まで成長します。子宮は筋肉でできているので、子宮が大きく伸びていく過程で痛みを引き起こすのです。

子宮周辺が引っ張られる
___________________________

子宮が大きくなる過程で感じる痛みとは別に、子宮周辺の臓器や靭帯が引っ張られることでも痛みを感じます。子宮そのものではなく、子宮の周りの痛みなのでお腹全体が張るような痛み、生理痛のような痛みと表現する人が多くいます。

腸の動きが鈍くなる
___________________________

子宮が大きくなると腸が圧迫されます。また、妊娠中に分泌される「プロゲステロン(黄体ホルモン)」という女性ホルモンは腸の運動を鈍らせる作用があります。そのため、妊娠初期は腸の機能が低下して排泄リズムが乱れ、便秘気味になりやすくなります。便秘でお腹が張って腹痛を感じることがあります。

引用元-卵巣がチクチクする原因は?生理中や前後に起こる卵巣の痛みの対策 | ハイジの知恵袋

妊娠初期の卵巣痛は流産の危険?

■卵巣の腫れによる痛み

妊娠初期の卵巣痛も、生理前と同様に排卵によって卵巣が腫れることが原因になります。
人によって痛みが現れる部分も痛みの度合いも違ってきますが、ときどき軽く痛む程度ならあまり心配はいらないでしょう。

痛みが継続的に続いたり、強い卵巣痛の場合は病院で診察を受けることが大切です。

■妊娠14週目以降は流産の可能性も

卵巣痛があるときに出血があるときは流産の可能性が考えられます。
妊娠初期は流産の確率も高く、体調も安定しないことが多いので、妊娠14週目以降に卵巣痛や出血がある場合は要注意です。

流産はしていなくても、その前兆であることが多いので、このような症状が現れたときはすぐに病院で見てもらいましょう。

引用元-卵巣痛とは?生理前と妊娠初期での症状の違いと原因・対処法 | mamanoko(ままのこ)

twitterの反応

 - 妊娠