いつでもあなたのぷらすになる情報をお届けします

いつでもぷらす

子供を二人目はいらないと思う女性の理由は何なのでしょうか

      2016/07/12

子供を二人目はいらないと思う女性の理由は何なのでしょうか

子供を二人目はいらないと
思う女性は出産の痛みや
育児の大変さからなのでしょうか

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

60代男性の香水まとめ。選び方からオススメ香水まで


良い匂いは男性女性問わず、その人の魅力になります...

体重が増えることが怖い・・・摂食障害へのサイン!


毎日体重計に乗り増減する体重の数値に一喜一憂され...

酵素サプリメントを摂取することでダイエット効果は?


酵素をサプリメントによって摂取することでダイエッ...

運動をするのなら毎日するべき?一日おきでも問題ない?


ダイエットのため、また健康のために運動をするのは...

血糖値の食後1時間の正常な値とは?糖尿病の時の値は?

あなたは大丈夫ですか?
食後1時間の血糖値で糖尿病...

浮気をしているか心配・・携帯を見る方法ってあるの?


恋人や配偶者の浮気を疑ったら確認したのが携帯です...

女性が男性の携帯を見る理由は何なのでしょうか?

女性が男性の携帯を見るという話しをよく耳にすると
...

スマホ依存症を治したい!携帯を見るのをやめたいなら


今の時代はスマホ携帯を持っている人がほとんです。...

彼氏の携帯を見るのをやめたいのにやめられない人へ


彼氏の携帯を見るのが悪いことだからやめたいと思っ...

聴くだけでできる?曲のキーを判別する方法とは?

ギターやピアノを弾く時に
楽譜がなくても曲のキーを...

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる?下げる?

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる方が良い
の...

イラストやマンガの絵を初心者が上手に描く書き方とは


初心者がイラストやマンガの絵を上手に描けるように...

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまった時の治療法とは

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまったら
恥ず...

リクシルのお風呂のザラザラした床のお掃除方法とは


リクシルのお風呂の床は冬でも冷たくならず

メンズベルトの贈り物をするには何サイズを選べばイイの?


彼や父親などにメンズベルトの贈り物をしたいけれど...

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは必要なのか?

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは
除菌しす...

トイレの便器の中に虫が!原因と駆除方法とは?


トイレの便器の中に虫がいると恐ろしすぎますよね・...

トイレの便器と床の隙間の掃除ってどうやるのでしょうか?


トイレの便器と床の隙間は汚れがたまりやすく

玄関やトイレのドアは内開きが良いの?外開きが良いの?


あなたの家の玄関やトイレのドアは内開きですか?<...

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがある

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがあるのを

スポンサーリンク


二人目の子供はいらない理由

私には三歳になる息子がいます。それはとても可愛いのですが、もう子供はいらないと思ってしまう自分がいて責めてしまいます。
出産の痛み、産後のずっと続く寝不足、
頻繁な病気、自由のきかない行動…
マイナスなことしかうかびません。
しかし、息子は一人っ子だと寂しいのではないか、将来困るのではないか、旦那はもう一人欲しいというのにその期待に応えられないと残念がるのではないか、ダメな嫁だと思われるのではないか、と悩んでいます。

ちょうど1年前旦那の浮気があり、ようやくそれも気持ちが落ち着き緩和してきたのですが『うちに居場所がなかった』といわれ、ならばまた産後子供にかかりっきりになり浮気されたら嫌だなあなど色々関連付けて、もはやどうしたらいいのか分からず、終わりのない迷路に入り込んだ状態です。

周りの兄弟や2人目を生んでいる人を見るとすごいなあ、羨ましいなあと思います。
とは反対に、今の緩やかな生活もまんざらではありません。
地元を離れ頼り手がいないので、子供が増えると私の仕事が増える。とも思います。
そして私は子供が泣くことが怖いです。
とくに夜泣かれることがとても怖く、夜泣きでは私もビクビクして泣いていました。
主人は飲み会が多く、ほとんど育児に参加してくれません。
うるさくしてはいけない、子供を泣かせる私なんて母親失格だと思われる。と自分を責めてしまいます。

引用元-3歳の息子がいて可愛いのですが、もう子供はいらないと思ってしまう自分がいます。 | 心理カウンセラー根本裕幸

二人目の子供はいた方が良い!

私自身、今では4人の子どもを育てていますが、振り返れば一人目から二人目を産むときのハードルは相当高かった記憶があります。今の私のように4人のお子さんがいる働く先輩ママに「二人目を悩んでいる」と伝えたら、「働き続けたければ、たくさん産むべき!」と言われ、とても驚いたものです。それでも今、振り返ればあの時、産んでおいてよかったと思っています。そして自分も4人の子どもの母になって初めて「働き続けたければたくさん産むべき!」という先輩ママの言葉の意味がよくわかるようになってきました。私の仕事が忙しくても、子どもたちは4人で助け合ってがんばってくれます。1人だったらずっと付きっ切りで逆に大変だったかも……と思うほど。

二人目を産んだから子育てが2倍大変になるわけではありません。ご飯を作ったり、洗濯をしたりといった日々の「手間」は変わりません。大変さが2倍になることはないのです。逆に、2人で遊んでくれるため、家事もはかどるようになってきます。

二人目をどうしようかと迷う気持ちはよくわかります。でも、迷えば迷うほど、自分の年齢が上がってきてしまうことも忘れないで。高齢出産になればなるほど、「産みたい」と思ったときには妊娠しなくなってしまいます。また、自分がより若く、上の子との年の差も少ないほうが子育てはより楽ですよ。迷っている今が産みどき! 産めば必ずなんとかなります。二人目を前向きに考えてみませんか?

引用元-2/2 二人目の壁とは!? 二人目が産みづらい理由 [働くママのダメージ回復術 – 子育て支援制度] All About

二人目の子供について話し合おう

|焦らないで話し合おう

女性は周囲の友人などが出産を迎えると少なからず焦ってしまうもの。夫婦二人の時間もある程度充実させることができたなら、次に考えるのは子供のことだと思います。

しかし、「生むならなるべく早いうちに」、「○○さんはもう二人目…」そんなことを考えていると夫に対してもなかなか思いが伝わりにくくなってしまいます。焦った状態で子作りを迫っても、夫は同意してくれないはずです。妻が子供が欲しい理由はなんなのか、夫は子供というものをどう思っているのか、その点をしっかりと話し合いましょう。

|プラスのイメージを伝える

欲しいといわれても現実味がなさすぎて、イメージができない、という答えが返ってくるかもしれません。そんなときは、「二人の子どもならこんな子になるはず」「育児は大変そうだけど、すごく充実した日々だと思うの」といったかんじで、想像でもいいので、プラスのイメージを夫に伝えてみましょう。

ただただ子作りをしたいとせがんだり、焦って迫ってしまっては、相手も萎えてしまうことでしょう。意識のすりあわせをしつつ、子供ができたら今の生活はこんな風に素敵に変わるはずといったことをどんどん夫婦で話し合うようにしましょう。

引用元-乗り気でない夫に子供が欲しいと伝えるときのポイント | nanapi [ナナピ]

二人目の子供はいらない女性が増えた

今、女性の合計特殊出生率は1、39となっています。
一人目の初産平均年齢は約30歳です。
2人目の子供を生む平均年齢は30歳を超えているということが当たり前の世の中になりつつあります。
なぜ女性が子どもを「いらない」「不要だ」と思うのでしょうか。
それは女性の生き方が変化しつつあることも一つの原因です。
仕事が第一と現代的思考の人は増えています。
その証拠に全ての働く人間の半数は女性となっています。
一昔前では考えられなかったことです。
しかし、今は男女関係なく働いていかないと生活していけないということもあります。
消費税が8パーセントになり、様々な税金も毎年あがっていっているのいうのが今の現状です。
これでは専業主婦のまま子どもを産み、育てていくことは難しいのです。
したがって子どもは一人、二人といった少子化になっていくのは仕方ないと考える人も少なくないのです。
また、子どもを育てていく環境も変わっていき、今は子育ての孤立化ということがあります。
相談できる人がなかなかいない、ママ友と呼ばれる集団にも入ることが難しい、色々な悩みが現代社会にはあります。
今は金銭面、人間関係、環境面、あらゆる方向で子育てが難しいのです。
しかし、子どもは宝物です。
これから良い方向に進んでいけるよう国民全員で考えていく時期なのです。

引用元-2人目の子供はいらない、と考える女性 – 妻が避妊薬を飲んでいてショックを受けた

二人目はいらないかったけど・・

誰でもそうなんですが、育児って、初めてのことだらけで、心身ともにすごく消耗しますよね。私は、今思えば少し「産後うつ」の傾向にあったのかな?と思います。

とにかくしんどくて、頼れる人もいなくて、自分の時間もない。

毎日毎日、泣いてばかりの赤ちゃんを抱いて、自分も一緒に泣いていました。もちろん、かわいいと思うこともたくさんあったけれど、「二人目が欲しい!」とはまったく思いませんでした。「これ以上自分の時間をとられたくない。」と思っていたのです。

家で子育てしている間に、夫は会社で認められてそれなりの地位になって、取り残された気がしてすごく焦りました。
とにかく早く大きくなって!とそればかり。

そんな私を間近で見ていた夫は、二人目が欲しくても、とても言える状況ではないと思い、我慢していたようです。

娘が2歳になったころ、子育てに少し自信がついたのでしょうか、自然に「二人目が欲しい」と思うようになっていました。
あんなに「こどもはもういらない」と思っていた私が、「もう一度、赤ちゃんにおなかに来て欲しい。」と思うようになったことが自分でも不思議でした。母性というのか、自分でも上手く説明できない、わきあがってくる感情でした。

引用元-1人目の育児で手一杯!2人目はもういらないと思っていたのに… – 二人目計画

twitterの反応

 - 妊娠