いつでもあなたのぷらすになる情報をお届けします

いつでもぷらす

お腹でも特に左下腹部に痛みや張りがある場合の原因とは

      2016/07/24

お腹でも特に左下腹部に痛みや張りがある場合の原因とは

腹痛の中でも特に左下腹部に
痛みが張りがある場合に考えられる
原因とは何なのでしょうか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

60代男性の香水まとめ。選び方からオススメ香水まで


良い匂いは男性女性問わず、その人の魅力になります...

体重が増えることが怖い・・・摂食障害へのサイン!


毎日体重計に乗り増減する体重の数値に一喜一憂され...

酵素サプリメントを摂取することでダイエット効果は?


酵素をサプリメントによって摂取することでダイエッ...

運動をするのなら毎日するべき?一日おきでも問題ない?


ダイエットのため、また健康のために運動をするのは...

血糖値の食後1時間の正常な値とは?糖尿病の時の値は?

あなたは大丈夫ですか?
食後1時間の血糖値で糖尿病...

浮気をしているか心配・・携帯を見る方法ってあるの?


恋人や配偶者の浮気を疑ったら確認したのが携帯です...

女性が男性の携帯を見る理由は何なのでしょうか?

女性が男性の携帯を見るという話しをよく耳にすると
...

スマホ依存症を治したい!携帯を見るのをやめたいなら


今の時代はスマホ携帯を持っている人がほとんです。...

彼氏の携帯を見るのをやめたいのにやめられない人へ


彼氏の携帯を見るのが悪いことだからやめたいと思っ...

聴くだけでできる?曲のキーを判別する方法とは?

ギターやピアノを弾く時に
楽譜がなくても曲のキーを...

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる?下げる?

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる方が良い
の...

イラストやマンガの絵を初心者が上手に描く書き方とは


初心者がイラストやマンガの絵を上手に描けるように...

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまった時の治療法とは

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまったら
恥ず...

リクシルのお風呂のザラザラした床のお掃除方法とは


リクシルのお風呂の床は冬でも冷たくならず

メンズベルトの贈り物をするには何サイズを選べばイイの?


彼や父親などにメンズベルトの贈り物をしたいけれど...

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは必要なのか?

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは
除菌しす...

トイレの便器の中に虫が!原因と駆除方法とは?


トイレの便器の中に虫がいると恐ろしすぎますよね・...

トイレの便器と床の隙間の掃除ってどうやるのでしょうか?


トイレの便器と床の隙間は汚れがたまりやすく

玄関やトイレのドアは内開きが良いの?外開きが良いの?


あなたの家の玄関やトイレのドアは内開きですか?<...

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがある

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがあるのを

スポンサーリンク


左下腹部の痛みと張りの原因①

症状とは?

お腹が張ると言うのは、腹壁が膨れたりはる感じがすることを言います。腹壁が腫れる感じがする事は、お腹に皮下脂肪が付いている事なので、病気などではありません。お腹が痛い場合は腹痛と言い、みぞおち辺りや右上あるいは左上の腹部、右あるいは左側の腹部、右あるいは左側の下腹部や下腹部全体、腹部全体などの痛みがあります。病気の中で、腹痛を主な症状とする場合が最も多く、痛みの程度や部位、性質などで原因となる病気が推測出来るのが腹痛です。痛みのほとんどは異常のある臓器がある場所に現れ、突然激しい痛みを起こす場合は、緊急に処置が必要な場合もあり、すみやかに救急車を呼んで手当が必要な事もあります。

原因とは?

腹痛は消化器や泌尿器、婦人科系や血管、筋肉や腹膜や腹腔内などの変化で起こり、心臓の病気でも起こります。緊急を必要とする病気は、虫垂炎や腸閉塞、急性胆管炎なfどがあり、その他には急性膵炎や急性腹膜炎、胆石症や尿路結石、胃がんや大腸がんなどによる出血などは急を要する腹痛の症状です。お腹が張る場合の症状は、胃や腸の内容物が増える場合や器官のどれかが大きくなっている場合、おなかの中にできものができている場合や腹水がたまる場合などがあります。胃や腸の内容物が増える場合以外原因の時は、大きな病気が隠れている場合があるので、すみやかに医療機関を受診する事が必要と言えます。

引用元-お腹が張る・痛い -原因や考えられる病気-

左下腹部の痛みと張りの原因②

|便秘

正常にお通じがでていないことで、大腸に便やガスが溜まってしまい、左下腹部に強い張りを感じるようになります。

水分をよく摂るようにし、お腹を温めたり、マッサージをすることも効果的です。

引用元-下腹部の張りの原因は?病気?痛みや頻尿、吐き気が伴う場合は? | 健やか報知

|急性虫垂炎(盲腸)

子どもによく見られる急性虫垂炎。右上腹部やみぞおちあたりに違和感を覚えてから、時間の経過とともに、徐々に右下腹部へ痛みが移動することがあります。

腹部の痛みがひどい箇所を指で強く押して、離すととても痛がる特徴があります。

あわせて、発熱や下痢、嘔吐などの症状もあります。

軽度の場合は、薬で散らすことも可能ですが、重症化すると盲腸に穴が開いたり、腹膜炎を起こすことがあります。

内科の受診でも良いのですが、手術適応の場合もあるので、外科を受診することをおススメします。

|子宮内膜症や子宮ガンなどの婦人科系疾患

子宮や卵巣などに筋腫やガンなどの腫瘍があると、重く感じたり、腹水が溜まってお腹の張りを感じるようになります。

その場合、エコーでの診察が必要となってきます。

婦人科系の疾患は、恥ずかしさがあって、受診もためらってしまいますね。

しかし、治療には早期発見が一番。

早めに、産婦人科で診てもらうようにしましょう。

引用元-下腹部の張りの原因は?病気?痛みや頻尿、吐き気が伴う場合は? | 健やか報知

左下腹部の痛みと張りの原因③

【過敏性腸炎の場合】 男性や女性に限らず起こるものですが、女性の方が男性よりも多くおこるとされています。
症状は、下痢や便秘、左下腹部の違和感、チクチクした痛みや鈍痛、ガスが溜まったりなど人によって様々です。
原因のほとんどは、ストレスや生活習慣のバランスの崩れなどが考えられています。
【左尿管結石の場合】 左脇腹、背中部分にかけて激痛が生じ、膀胱付近にも痛みがひろがることもあり、冷や汗、吐き気、血尿などの症状も伴う場合があります。
結石ができる原因は、はっきりとはしていないのですが、食生活、特に動物性タンパク質の取りすぎが影響していると言われていて、やはり普段の食生活の見直し(野菜やバランスのとれた食事)が予防策として考えられています。一般的に尿管結石は30代ー40代の男性によく見られる病気です。他に、左下腹部の痛みから考えられる病気として、
【急性腸炎】 感染性と非感性があり、症状は、下痢、腹痛、発熱など。
【潰瘍性大腸炎】 下痢や粘血便、発熱、腹痛。
【虚血性大腸炎】 下腹部に激痛、吐き気などを伴います。
このように、腸炎と言っても、発症する原因はバラバラでも、症状が似ているものがありますので、注意が必要です。また、しこりや痛み、血便などがある場合には、大腸がんなども考えられます。

引用元-左下腹部の違和感

左下腹部の痛みと張り解消マッサージ

左下腹部の痛みを軽減させるマッサージを紹介したいと思います。
私も便秘の腹痛に悩んでいた時に行ったら、痛みが軽くなったので効果はかなり高いです。

そしてその軽減法のマッサージ法というのはのの字のマッサージ法です。結構有名なマッサージ法なんですが、やり方は非常にシンプルでどこでもできます。

①画像で紹介されている通りなのですが、おへその上からのの字を書くようにお腹をさすりましょう。

②60回ほどさすったら、反対周りにもさすりましょう。

③腸を活発にすることができますし、大腸内の浮遊しているガスを直腸まで運びおならを出やすくすることができます。トイレ中に中々便が出ない場合などにも行っても良いです。

④注意点としてはこのマッサージは食後すぐに行わないことです。

一番簡単に行えて、即効性もある方法ですので左下腹部痛みがある時は試してみてください。

引用元-左下腹部の痛みは便秘によるもの!?痛みの軽減法も紹介!

オリゴ糖で左下腹部の痛みと張り解消

もしも、油っこい食事や菓子パン、コンビニグルメ的な物が多いのであれば、極力減らす事が重要で、栄養バランスの良い食事を普段から意識して摂る事が大切です。

仕事等がなかなか忙しく、腸内環境を健康的な状態にする食品を積極的に摂る自信が無い場合は、「オリゴ糖」が最も有効です。

その理由に関してですが、オリゴ糖には腸内の善玉菌の栄養になり、爆発的に増やす働きが有るからです。

便秘が原因で起こる様々な病気を予防し、改善する事が可能で、発病のリスクを大きく下げる事が出来ます。

ですが、オリゴ糖なら何でも良いと言う訳では有りません。

出来るだけ「高純度」の物で沢山の種類のオリゴ糖が配合されている物を選ぶようにしたいですね。

でないと、「ショ糖」等の糖分が原因で、「便秘」「肥満」「むし歯」が引き起こされてしまうからです。

それに、単種〜数種程度のオリゴ糖では、腸内環境によっては十分な効果を得る事が出来ないからです。

引用元-お腹が痛い!左下ばかり痛む時は危険?色々な病気について | 便秘解消情報局

twitterの反応

 - 胃腸の健康