いつでもあなたのぷらすになる情報をお届けします

いつでもぷらす

子宮から出血?閉経後に出血があった場合に考えられる原因

      2016/07/26

子宮から出血?閉経後に出血があった場合に考えられる原因

閉経後に子宮から出血があると
心配になりますよね?
閉経後の不正出血について
調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

60代男性の香水まとめ。選び方からオススメ香水まで


良い匂いは男性女性問わず、その人の魅力になります...

体重が増えることが怖い・・・摂食障害へのサイン!


毎日体重計に乗り増減する体重の数値に一喜一憂され...

酵素サプリメントを摂取することでダイエット効果は?


酵素をサプリメントによって摂取することでダイエッ...

運動をするのなら毎日するべき?一日おきでも問題ない?


ダイエットのため、また健康のために運動をするのは...

血糖値の食後1時間の正常な値とは?糖尿病の時の値は?

あなたは大丈夫ですか?
食後1時間の血糖値で糖尿病...

浮気をしているか心配・・携帯を見る方法ってあるの?


恋人や配偶者の浮気を疑ったら確認したのが携帯です...

女性が男性の携帯を見る理由は何なのでしょうか?

女性が男性の携帯を見るという話しをよく耳にすると
...

スマホ依存症を治したい!携帯を見るのをやめたいなら


今の時代はスマホ携帯を持っている人がほとんです。...

彼氏の携帯を見るのをやめたいのにやめられない人へ


彼氏の携帯を見るのが悪いことだからやめたいと思っ...

聴くだけでできる?曲のキーを判別する方法とは?

ギターやピアノを弾く時に
楽譜がなくても曲のキーを...

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる?下げる?

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる方が良い
の...

イラストやマンガの絵を初心者が上手に描く書き方とは


初心者がイラストやマンガの絵を上手に描けるように...

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまった時の治療法とは

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまったら
恥ず...

リクシルのお風呂のザラザラした床のお掃除方法とは


リクシルのお風呂の床は冬でも冷たくならず

メンズベルトの贈り物をするには何サイズを選べばイイの?


彼や父親などにメンズベルトの贈り物をしたいけれど...

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは必要なのか?

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは
除菌しす...

トイレの便器の中に虫が!原因と駆除方法とは?


トイレの便器の中に虫がいると恐ろしすぎますよね・...

トイレの便器と床の隙間の掃除ってどうやるのでしょうか?


トイレの便器と床の隙間は汚れがたまりやすく

玄関やトイレのドアは内開きが良いの?外開きが良いの?


あなたの家の玄関やトイレのドアは内開きですか?<...

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがある

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがあるのを

スポンサーリンク


閉経後の出血は子宮から?

閉経後に不正出血がある場合、閉経後の生理と呼ばれる場合があります。生理とはいっても卵巣からはすでに卵子は排出されていないため、その他の部位からの出血となる場合がひじょうに多くなっています。

閉経後の不正出血の場合、出血の部位としては、子宮内部、子宮頸部、卵管、膣、外陰部などが考えられます。しかし出血しているのがどの部位であっても、実際に流出するのは子宮からであり、膣壁を通じて外部に漏れ出ることになります。

女性の不正出血は、閉経前と後では大きく意味が異なってきます。閉経前であれば、妊娠に伴う出血などが最も重要なものであり、切迫流産や子宮外妊娠などが疑われます。この他卵巣機能の乱れや、子宮頸部、子宮体部から出血することもあります。また最近問題となっているものにクラミジアなどの性感染症によるものがあります。

閉経後の不正出血であれば、妊娠による原因は取り除いて考えることになります。しかし閉経後の生理だから問題はないと軽く見過ごしていると、子宮がんなどが進行している場合もあり、要注意です。

引用元-閉経後の生理(不正出血)とは?

閉経後の出血の4つの原因

1つは、「完全に閉経していなかった」という原因です。つまり、閉経だと思っていたのは、勘違いということです。

通常、閉経と判断できるのは、月経が1年以上来なかった場合です。
しかしながら、ごく稀に、1年のスパンがあいて、また月経が再開することがあります。この場合は、月経不順の期間が1年あっただけ。つまり、とくに治療が必要な状態ではありません。

2つ目に考えられる理由は、「膣炎(ちつえん)」です。
これは、文字通り、膣(ちつ)から出血していることが原因です。
閉経すると、膣そのものが薄くなってきますので、ちょっとしたことで、出血する場合があります。例えば、「自転車に乗っていて、激痛が走り、出血した」なんてこともあるほど!
この場合は、膣錠で治療すれば、出血はなくなります。

3つ目に考えられるのは、「子宮からの出血」です。
この場合は、子宮体がんの可能性がありますので、急いで、検査をする必要があります。
検査の内容は、超音波で子宮内膜の肥厚の有無を確認する形です。その上で、がんの疑いがある場合は、子宮内の細胞組織を採取して、がん細胞検査に進みます。

最後の4つ目は、「子宮内膜がはがれおちる」ことによるもの。

閉経すると、卵巣が女性ホルモンを作ることはできなくなりますが、皮下脂肪などから出る物質が、ごくわずかに女性ホルモンを作っています。

この女性ホルモンが蓄積すると、徐々に子宮内膜が厚くなり、それがはがれると、月経と同じような出血が出ることがあります。この場合は、とくに治療が必要なケースではありません。

考えられる原因は、以上のように4つありますが、自己診断するのは禁物です。
閉経後に出血したら、まずは、婦人科へ。今後の安心のためにも、まずは、医師にきちんと診てもらうようにしましょう。

引用元-「閉経したはずなのに、出血!?」考えられる4つの原因とは?

閉経後の出血は子宮体がん?

子宮体がんの最もはっきりした症状は不正出血です。これは9割の患者さんにみられ、しかもごく初期の段階から起こる症状です。この段階ですぐに婦人科を受診すれば、治療は間に合います。この時に放っておかないことがとても大切なのです。

不正出血とは月経ではない時期に起こる出血です。規則正しく月経があればわかりやすいのですが、閉経前は周期が乱れていてわかりにくくなります。少量の出血が続く、おりものに血が混ざって褐色になっているなどあれば、婦人科を受診したほうがよいでしょう。

閉経後に不正出血があった場合には悪性の可能性が高くなります。すぐに病院へ行って検査を受けるようにしてください。

自治体などでも子宮がん検診は行われていますが、これは子宮頸がんの検診だけのことも多くなります。この検診だけで安心していると子宮体がんのチェックはできていないことになりますので注意してください。

とにかく、不正出血があれば必ず受診したほうがよいでしょう。早期発見、早期治療が一番大切なのです。そして特に問題がなくても年に一度は婦人科で検査をしてもらうようにしましょう。閉経後も、検査は続けていくようにしてください。

引用元-閉経後の不正出血は子宮体がんの可能性あり!すぐに検査を受けて | 健康生活

子宮がんやポリープの可能性も

子宮がん
_______________________________

閉経後の出血で怖いのは、子宮がんの可能性があるということです。更年期に入ってから、毎年婦人科検診を受けているという女性の割合は非常に少なくなっています。

また、子宮がんは高齢になればなるほど発症率が高くなっている病気の一つです。万が一のことを考えて、すぐに婦人科受診をするのが一番いい方法です。

老人性膣炎
_______________________________

閉経後はおりものも少なくなるので、細菌が繁殖しやすい状態です。これに加えて、風邪や体調を崩してしまうと、一気に増殖し「老人性膣炎」になり、出血することがあります。

不正出血が起こった前後に体調を崩していた場合は、膣炎が原因の出血である可能性もあるので、早めに治療を受けるようにしましょう。

引用元-閉経後の出血の原因は生理?少量、鮮血、腹痛・下腹部痛どれが危険?

|鮮血の出血が閉経後に出た場合

鮮血というのは、真っ赤な血ということです。生理の出血も少し黒味を帯びているので、鮮血というのは全く違う出血ということが分かるはずです。出血が鮮血の場合は、どこかに炎症があるなど、近い時期に出血をしたということが考えられます。

子宮ポリープができている可能性も
_______________________________

閉経後の不正出血には多くの病気が裏に隠されているといっても過言ではありません。不正出血が鮮血の場合は子宮ポリープなどが考えられます。ほとんどが良性ですが、悪性で子宮がんになることもあります。早いうちに婦人科を受診するようにしましょう。

引用元-閉経後の出血の原因は生理?少量、鮮血、腹痛・下腹部痛どれが危険?

閉経後の出血は病気を疑おう

|病気の可能性が高い閉経後の出血

閉経を迎えた後というのは、当たり前のことではありますが、妊娠に関係した出血や卵巣機能での出血というのは考えづらいものがあります。そうすると、腫瘍などの病気が原因で出血していると考えた方が自然なんですね。

ただし、出血している部位によって原因となる病気は異なったものとなります。例えば、膣や外陰部より出血しているのであれば、「萎縮性膣炎(いしゅくせいちつえん)」が発生していると考えられます。

また、子宮頚部からの出血ということであれば「子宮頸癌」「子宮頚管ポリープ」「子宮頚部びらん」「子宮頚部異形成」などの病気の発生が考えられます。

さらには、子宮体部からの出血というケースでは、「子宮体癌」「子宮内膜増殖症」などの病気の発症が考えられます。

|50~60代での不正出血は要注意

50歳から60歳代で不正出血という症状が現れた場合は、特にご注意いただきたいと思います。なぜかと申しますと、この年代での不正出血では子宮体癌が見つかることが少なくないからなんですね。

子宮体癌は、一般的に行われている癌検診ではあまり発見されることがありません。そんなことから、不正出血が発生してから始めて見つかるという事例が多いのです。

ただ一つ安心できるのは、子宮体癌は発症初期から出血が起きることから、発見も早く癌の進行も遅いことから、手遅れとなるケースは稀ですし、適切な治療を受けることで治すことができます。

引用元-出血する場所によって異なる閉経後の不正出血の原因

twitterの反応

 - 女性の病気