いつでもあなたのぷらすになる情報をお届けします

いつでもぷらす

双子を妊娠して嬉しいけれど出産する際のリスクとは

   

双子を妊娠して嬉しいけれど出産する際のリスクとは

双子の妊娠をした時は喜び以外に
不安も大きく感じると思います。
双子出産のリスクとは

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

60代男性の香水まとめ。選び方からオススメ香水まで


良い匂いは男性女性問わず、その人の魅力になります...

体重が増えることが怖い・・・摂食障害へのサイン!


毎日体重計に乗り増減する体重の数値に一喜一憂され...

酵素サプリメントを摂取することでダイエット効果は?


酵素をサプリメントによって摂取することでダイエッ...

運動をするのなら毎日するべき?一日おきでも問題ない?


ダイエットのため、また健康のために運動をするのは...

血糖値の食後1時間の正常な値とは?糖尿病の時の値は?

あなたは大丈夫ですか?
食後1時間の血糖値で糖尿病...

浮気をしているか心配・・携帯を見る方法ってあるの?


恋人や配偶者の浮気を疑ったら確認したのが携帯です...

女性が男性の携帯を見る理由は何なのでしょうか?

女性が男性の携帯を見るという話しをよく耳にすると
...

スマホ依存症を治したい!携帯を見るのをやめたいなら


今の時代はスマホ携帯を持っている人がほとんです。...

彼氏の携帯を見るのをやめたいのにやめられない人へ


彼氏の携帯を見るのが悪いことだからやめたいと思っ...

聴くだけでできる?曲のキーを判別する方法とは?

ギターやピアノを弾く時に
楽譜がなくても曲のキーを...

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる?下げる?

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる方が良い
の...

イラストやマンガの絵を初心者が上手に描く書き方とは


初心者がイラストやマンガの絵を上手に描けるように...

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまった時の治療法とは

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまったら
恥ず...

リクシルのお風呂のザラザラした床のお掃除方法とは


リクシルのお風呂の床は冬でも冷たくならず

メンズベルトの贈り物をするには何サイズを選べばイイの?


彼や父親などにメンズベルトの贈り物をしたいけれど...

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは必要なのか?

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは
除菌しす...

トイレの便器の中に虫が!原因と駆除方法とは?


トイレの便器の中に虫がいると恐ろしすぎますよね・...

トイレの便器と床の隙間の掃除ってどうやるのでしょうか?


トイレの便器と床の隙間は汚れがたまりやすく

玄関やトイレのドアは内開きが良いの?外開きが良いの?


あなたの家の玄関やトイレのドアは内開きですか?<...

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがある

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがあるのを

スポンサーリンク


双子妊娠&出産のリスクとは

双子妊娠のリスクとしては、赤ちゃん2人分の血液が必要になるので、貧血になりやすくなります。また、妊娠高血圧症候群にもなりやすく、赤ちゃんの尿や胎盤の羊膜からの分泌物も増えるので、羊水過多症にもなりやすくなります。胎盤がひとつしかない場合(一絨毛膜二羊膜もしくは一絨毛膜一羊膜/絨毛膜の数=「胎盤の数」、羊膜の数=「赤ちゃんを包む膜の数」)は、ひとつのルートから2人分の栄養や血液を送らなければならず、血液の供給バランスがくずれる(双体間輸血症候群)ことがあります。さらに赤ちゃんを包む羊膜がひとつしかない場合(一絨毛膜一羊膜)、お互いのへその緒が絡まる危険性もあります。

引用元-双子の出産費用は?準備、リスク、週数まとめ。自然分娩できるの? – こそだてハック

双子の妊娠は消失するリスク

バニシングのバニッシュとは「消失する」という意味。つまり、双子を妊娠しても、初期の段階で一人を初期流産し、そのまま母体に吸収されてなくなるもので、片方の赤ちゃんをその後に出産するという形になります。

バニシングツインになる可能性は一般的に10〜15%と言われており、単胎妊娠の初期流産率と変わりありません。また、原因は分かっておらず、予防法なども特にありません。

引用元-双子出産する4大リスクとは?かかる費用ともらえるお金はどのくらい?出産祝いに喜ばれる贈り物ならこれに決まり!|welq [ウェルク]

双子出産のリスクはあるの?

ハイリスクタイプは胎盤を共有しているというところがポイントです。胎盤を共有しているということは、胎児が母親から受ける栄養分を分け合って います。そして胎盤でつながっている血管によって胎児間で血液が行き来している状態なのです。

その血液量が多くなったり少なくなったりするなど、バランスがくずれたときに発症するのが双胎間輸血症候群です。

血液量が増えた胎児は羊水量が増えて、羊水過多・心不全・胎児浮腫という状態に陥ってしまいます。反対に血液を送り出しているほうは発育不全で小さく、腎不全や貧血を起こすことになります。妊娠週数26週を過ぎていれば、分娩して新生児治療をおこなうこともあります。

膜性に限らず、双子妊娠では胎児側、母体のどちらが原因かに限らず早産になるケースが多いです。低体重児として生まれた新生児にもさまざまなリスクが心配されます。

また双子妊娠の多くは管理入院といって、決められた週数からは問題のあるなしにかかわらず、入院を余儀なくされるケースもあります。

引用元-双子を妊娠したら?そのリスクは?

双子出産の為に便利なリスク

本来なら1人の赤ちゃんを育てるようにできている子宮ですが、それが2人となれば、お腹の大きさや大きくなるスピードも早くなります。2人分の重みで子宮口が開いて早産のリスクが高くなり、妊娠中のほとんどをベッドで過ごさなければならない妊婦さんも珍しくないそうです。

また、妊娠高血圧や妊娠糖尿病などのリスクは単胎の妊娠と比較すると6倍と言われ、症状が進んでしまうと心不全や腎障害、肝臓障害などの病気になる恐れがあります。普通の妊婦さん以上に、むくみや高血圧、蛋白尿が出ていないかに注意を払って検診を受ける必要があるのです。

一般的に双子の出産は経過がよくても早産予防のため8~9カ月の頃に、ほとんどが帝王切開での出産になります。赤ちゃんは低出生体重児で産まれてくることが多いので、早い段階でNICU(新生児特定集中治療室)の設備がある病院を確認しておくことも求められます。

引用元-喜びは2倍だけれど……双子の妊娠・出産はハイリスク – gooヘルスケア ニュース

双子出産のリスクとは

双子を妊娠した場合は単体の妊娠よりもリスクが大きいため、病院によってはハイリスク妊婦として転院させられるケースもあります。

双子を妊娠した場合、多くの胎児は低出生体重児として出産されます。そのため生まれてすぐにNICUなどの保育器に入れられます。

当然37週未満で出生した新生児は正産期での出産ではないため、発達上何らかの障害が出る可能性も否定できません。

37週未満で生まれた新生児の全てに障害が出るわけではありませんが、肺の機能や視覚・聴覚などさまざまな機関に影響することが考えられます。

双子を妊娠した時点で正産期での出産は難しく、何のトラブルがなくても通常より1ヶ月以上早い出産になることが多いです。

また、妊娠中毒症や切迫早産による管理入院になることも珍しくありません。

24時間張り止め防止の点滴をしたり、少しでも長い間胎児をお腹に留めておくために絶対安静が強いられることもあります。

妊娠中は精神的に不安定になりますが、双子を妊娠したことでそれが助長される人もいます。

「経済的に育てていけるだろうか。」「障害があったらどうしたら良いのか。」など、

不安な点を挙げていてはキリがありませんが、双子を妊娠したということの現実を受け止めるには時間が必要になる人もいます。

既に上の子供がいる場合は、管理入院の間世話をしてくれる人を確保しておかなければなりません。

引用元-双子妊娠~疑問解決サイト~ 双子妊娠のリスク

twitterの反応

 - 出産, 未分類