いつでもあなたのぷらすになる情報をお届けします

いつでもぷらす

子供の朝食にはパンとご飯のどちらが栄養バランスが良い?

      2016/02/20

子供の朝食にはパンとご飯のどちらが栄養バランスが良い?

子供の朝食にはパンとご飯のどちらの方が
栄養バランスが良いのでしょうか?
子供にとっても朝食の大切さや
パランスのとれた朝食についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

60代男性の香水まとめ。選び方からオススメ香水まで


良い匂いは男性女性問わず、その人の魅力になります...

体重が増えることが怖い・・・摂食障害へのサイン!


毎日体重計に乗り増減する体重の数値に一喜一憂され...

酵素サプリメントを摂取することでダイエット効果は?


酵素をサプリメントによって摂取することでダイエッ...

運動をするのなら毎日するべき?一日おきでも問題ない?


ダイエットのため、また健康のために運動をするのは...

血糖値の食後1時間の正常な値とは?糖尿病の時の値は?

あなたは大丈夫ですか?
食後1時間の血糖値で糖尿病...

浮気をしているか心配・・携帯を見る方法ってあるの?


恋人や配偶者の浮気を疑ったら確認したのが携帯です...

女性が男性の携帯を見る理由は何なのでしょうか?

女性が男性の携帯を見るという話しをよく耳にすると
...

スマホ依存症を治したい!携帯を見るのをやめたいなら


今の時代はスマホ携帯を持っている人がほとんです。...

彼氏の携帯を見るのをやめたいのにやめられない人へ


彼氏の携帯を見るのが悪いことだからやめたいと思っ...

聴くだけでできる?曲のキーを判別する方法とは?

ギターやピアノを弾く時に
楽譜がなくても曲のキーを...

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる?下げる?

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる方が良い
の...

イラストやマンガの絵を初心者が上手に描く書き方とは


初心者がイラストやマンガの絵を上手に描けるように...

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまった時の治療法とは

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまったら
恥ず...

リクシルのお風呂のザラザラした床のお掃除方法とは


リクシルのお風呂の床は冬でも冷たくならず

メンズベルトの贈り物をするには何サイズを選べばイイの?


彼や父親などにメンズベルトの贈り物をしたいけれど...

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは必要なのか?

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは
除菌しす...

トイレの便器の中に虫が!原因と駆除方法とは?


トイレの便器の中に虫がいると恐ろしすぎますよね・...

トイレの便器と床の隙間の掃除ってどうやるのでしょうか?


トイレの便器と床の隙間は汚れがたまりやすく

玄関やトイレのドアは内開きが良いの?外開きが良いの?


あなたの家の玄関やトイレのドアは内開きですか?<...

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがある

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがあるのを

スポンサーリンク


栄養バランスのとれた朝食とは1

理想の朝食

3大栄養素をバランスよく摂れた食事が、
理想とされています。
3大栄養素

赤…タンパク質
黄…穀類
緑…野菜類

これらをバランスよく摂れるのが、
和食とされています。

ごはん、味噌汁、焼き魚、卵焼き、おひたし、のり

このような組み合わせが理想ですが、
働くママにとって朝食の準備は一苦労。

しかも今の子供に多いのがパン好き!

和食が好きじゃない子供が多く、
朝はパンしか食べてくれないなんてことも…。

うちの子供も朝はパンしか食べてくれません。泣


パンだけはNG!?一工夫を取り入れよう

理想は和食ですが、
朝ごはんを食べるなら、特に和食にこだわる必要もありません。

ただパンだけでは栄養が偏るので、
一緒に野菜サラダやフルーツ、
ヨーグルトや目玉焼きなどを用意することにより、
バランスがよくなります。

ごはんの時にも品数を多くするのが大変なら、
ごはんと具だくさん味噌汁と目玉焼きでも十分です。

またどうしても時間がない時は、
野菜ジュースを飲ませるなど、工夫をしましょう。

引用元-子供の朝ごはんにパンだけはNG!?簡単に栄養バランスを摂る方法 | 出産・育児ガイド

パンでもご飯でも朝食は大事

朝起きた時は、血糖値が低く、内蔵や神経、脳の働きが低下した状態です。

こうした機能を正常に戻し、意識がしっかりして身体を目覚めさせるのが、朝食の役割です。

朝食を抜くとエネルギーが行き届かず、体温と血糖値が上がりません。

そのため・・・

 ・目覚めの悪い状態

 ・勉強や仕事の能率が上がらない

 ・集中力低下して午前の活動に支障をきたす

食事でとる糖質はグリコーゲンとして肝臓や筋肉に蓄えられます。グリコーゲンはブドウ糖になり脳・神経・赤血球のエネルギー源になります。ところが、肝臓に蓄えられるグリコーゲンは50㌘です。この量では6~8時間しかもたないのです。だから3回の食事が必要になるのです。

朝食には、おなかが空いたのを満足させるだけではなく、

夜眠っていた体と頭を目覚めさせ、1日の生活リズムを規則正しくする役割があります。

引用元-「朝食」ってなぜ大切?

<目覚めを良くし頭をすっきり ~脳のエネルギー ブドウ糖の供給~>

脳は大量のエネルギーを使いますが、脳が使えるエネルギーはブドウ糖だけです。

体はぶとう糖を貯えられますが、脳は貯えられ無いので、体から脳にブドウ糖を常に送らなければなりません。

朝起きた空っぽの体からは送るブドウ糖が無いので、その日の朝食からブドウ糖をつくり、午前中の脳のエネルギーにしているのです。 

<体温を上げ、体を目覚めさせる>

眠っている間体温が下がり、心拍数も下がり血圧が低くなっています。

朝食にご飯やパンなどの炭水化物を食べると血糖値が上がり体温も上がります。

すると、血流がよくなりエネルギーが体のすみまで運ばれ身体が目覚めます。

引用元-「朝食」ってなぜ大切?

パンもご飯もおかずが大事

「きちんと『おかず』も食べるという前提で、さらにその上を目指すならば、主食はパンよりお米の方が有利です。ごはんは血糖値の上がり方が緩やかですし、『おかず』をしっかりとれる、という意味でもごはんがいい」

精製された(白い)小麦粉で作ったパンは、栄養のある部分がほぼ取り除かれているため血糖値が急上昇し、体や脳の発達によくない影響をおよぼすとか。さらに、朝食にパンを食べる人は、「おかず」を食べずにパンだけで済ませる場合が多く、栄養が偏りがちに。

総合的にみて、パンよりごはんを食べるほうが、脳そのものがよく発達するだけでなく、勉強をしようという“意欲の脳”にもよい影響を与えるといいます。

それでも、やっぱりパンを食べたいという場合は?
「全粒粉のパンにしていただくとか。私は玄米を使って、自分でパンを作って食べています。大枚をはたいて、パン焼き器を買いまして(笑)。

シリアルなどは、白いパンよりはいいのですが、牛乳をかけるだけで結局、『おかず』をとらずに終わってしまう確率が高くなります。『おかず』を加えないと、朝ごはんを食べたことにならないんです」

朝からしっかり、栄養バランスの整った「おかず」を作ろうと思うと、途端にハードルが高くなりますが、先生は著書の中で、「前の晩に残したものなどでいいので、普段よりおかずを1品、増やすことを心がけてみては」とアドバイスされています。

引用元-子どもの朝食「パンだけ」「ご飯だけ」はダメ! 脳トレの川島隆太教授に聞いた、正しい食べ方(2/3) – ハピママ*

パンとご飯の栄養素

●たんぱく質について
パンに含まれるたんぱく質はバターや卵、ミルクによるもので、これは小麦に欠けているたんぱく質を補うために先人たちの知恵で考え出されたものです。ごはんにはもともとたんぱく質が含まれるため何も添加しなくてもパンと同じぐらいの量になっています。

●脂質について
パンはバターや卵、ミルクを使っている分脂質が高くなります。特にバターたっぷりのクロワッサンはたった1個で食パンの約4倍もの脂質が含まれています。デニッシュ(ダノワーズ)と言われるパイのように折り畳んだタイプのパンは脂質が高めです。またフランスパンの脂質が極端に低いのはバターを使わないためです。ごはんには脂質はほとんど含まれていません。

●炭水化物について
パンに比べるとごはんのほうがとても多くなっています。これがパンの中は気泡が多く軽いためです。炭水化物をとると血液に糖分が運ばれ満腹になりますが、おにぎりは1個で満足してもパンは1個では腹持ちが悪く、物足りなく感じるのは炭水化物の量が違うためです。

●ナトリウムについて
塩を入れて焼いているパンの方が圧倒的に多くなっています。ごはんは米と水以外は一切使わずに炊いています。

どれも人間が生きて行くためには必要な栄養素ですが、摂り過ぎると生活習慣病を招く恐れがあるのが「脂質」と「ナトリウム」です。子供の頃からこれらを摂り過ぎたことにより、昔だったら大人しかならなかったような病気が子供にも増えています。昔は「成人病」だったものが「生活習慣病」と呼び名が変わったのも、成人だけの病気ではなくなってきているからです。 

引用元-ごはんとパンの栄養について * さらたび。~お皿の中の小さな旅

食の細い子に栄養満点スムージー

お子さんが朝食を食べてくれないといっても「同じものを毎日少しなら食べる」のか「全く食べようとしない」のかによって違いますよね。

全く食べようとしない場合は、先ずは何かを食べさせることから始めないと行けませんし、同じものを少量食べるのであれば、追加で気軽に食べるものを追加して上げる必要があります。

そこで、おすすめなのが

「グリーンスムージー」

です。

グリーンスムージーだと、野菜や果物といった栄養満点のものを、飲み物同然に摂取することができるので、食が細い子でも抵抗なく食べてくれますよ。

しかも、かなり栄養満点なので、普段不足しがちな

・ビタミン
・ミネラル
・食物繊維

といった成分を気軽に摂取できるので、普段から偏食気味な子の栄養補助にぴったりです。

また、朝起きるのが苦手で、ギリギリまで寝ているような場合でも、ドリンク系なら数十秒あれば飲むことができるので、忙しい朝に良いんですよね。

とはいえ問題なのが、「準備の手間が増えてしまう」って部分です。

いくら毎朝朝食を作っているからといって、しっかりしたジューサーと食材を準備して、朝からミックスしてスムージーを作り、それを毎日洗うとなると大変です。

そのため、できるだけ楽にできるように「粉末タイプのスムージー」の利用が簡単で良いですよ。

ただ、粉末タイプのスムージーも、物によっては添加物が入っていたり、使用されている野菜や果物に不安があるものもあります。

そのため、粉末タイプのスムージーを選ぶときは、「無添加」や「着色料」「保存料」といったものが使用されていないものを選ぶようにすると、子供でも安心して飲めますよ。

引用元-子供が朝食を食べない!栄養面で不安だけどいい方法はないの? | 今日の気になる.com

twitterの反応

 - 健康・美容, 教育・子育て