いつでもあなたのぷらすになる情報をお届けします

いつでもぷらす

母乳メイン?ミルクメイン?混合育児のミルクの足し方とは

   

母乳メイン?ミルクメイン?混合育児のミルクの足し方とは

母乳をメインでミルクを足す場合と
ミルクメインでミルクを足すのとでは
量に違いがあります。
混合育児のミルクの足し方とは

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

60代男性の香水まとめ。選び方からオススメ香水まで


良い匂いは男性女性問わず、その人の魅力になります...

体重が増えることが怖い・・・摂食障害へのサイン!


毎日体重計に乗り増減する体重の数値に一喜一憂され...

酵素サプリメントを摂取することでダイエット効果は?


酵素をサプリメントによって摂取することでダイエッ...

運動をするのなら毎日するべき?一日おきでも問題ない?


ダイエットのため、また健康のために運動をするのは...

血糖値の食後1時間の正常な値とは?糖尿病の時の値は?

あなたは大丈夫ですか?
食後1時間の血糖値で糖尿病...

浮気をしているか心配・・携帯を見る方法ってあるの?


恋人や配偶者の浮気を疑ったら確認したのが携帯です...

女性が男性の携帯を見る理由は何なのでしょうか?

女性が男性の携帯を見るという話しをよく耳にすると
...

スマホ依存症を治したい!携帯を見るのをやめたいなら


今の時代はスマホ携帯を持っている人がほとんです。...

彼氏の携帯を見るのをやめたいのにやめられない人へ


彼氏の携帯を見るのが悪いことだからやめたいと思っ...

聴くだけでできる?曲のキーを判別する方法とは?

ギターやピアノを弾く時に
楽譜がなくても曲のキーを...

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる?下げる?

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる方が良い
の...

イラストやマンガの絵を初心者が上手に描く書き方とは


初心者がイラストやマンガの絵を上手に描けるように...

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまった時の治療法とは

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまったら
恥ず...

リクシルのお風呂のザラザラした床のお掃除方法とは


リクシルのお風呂の床は冬でも冷たくならず

メンズベルトの贈り物をするには何サイズを選べばイイの?


彼や父親などにメンズベルトの贈り物をしたいけれど...

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは必要なのか?

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは
除菌しす...

トイレの便器の中に虫が!原因と駆除方法とは?


トイレの便器の中に虫がいると恐ろしすぎますよね・...

トイレの便器と床の隙間の掃除ってどうやるのでしょうか?


トイレの便器と床の隙間は汚れがたまりやすく

玄関やトイレのドアは内開きが良いの?外開きが良いの?


あなたの家の玄関やトイレのドアは内開きですか?<...

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがある

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがあるのを

スポンサーリンク


混合育児のミルクの足し方

家庭によって、混合育児の「母乳:ミルク」の割合は異なるものですが、ここでは大きく分けて母乳をメインにする場合、ミルクをメインにする場合の例を挙げました。何体何といった割合に正解はなく、ママの状況や赤ちゃんの成長度合いによって、その割合やミルクの足し方は変化するものです。日々様子をみながら、調節するようにしましょう。

|母乳をメインでミルクを足す場合

ミルクの追加はごく少量から始めましょう。母乳を出すためには、赤ちゃんにたくさんおっぱいを吸ってもらう必要があります。母乳をあげないとどんどん出なくなるので、母乳をメインで考えているママや、最終的に「完全母乳育児」を目指しているママは、赤ちゃんが欲しがるだけ母乳をあげて、ミルクは足りない分だけ足すイメージで考えましょう。

母乳量が増えないと悩んでいるのであれば、食生活の改善や生活習慣の見直しも必要です。

引用元-混合育児のやり方!ミルクの足し方や授乳方法、母乳の割合は? – こそだてハック

|ミルクをメインで母乳を足す場合

哺乳瓶に慣れてしまえば、ミルクの割合を増やすことは比較的簡単です。哺乳瓶で自由に遊ばせたり、ゴム乳首を口にくわえさせてあげたりすることで、徐々に慣れていきます。哺乳瓶のゴム乳首は柔らかいので、ママのおっぱいを吸うよりも少ない力で飲むことができます。ミルクをなかなか飲まないときは、搾乳した母乳を哺乳瓶に入れて、ゴム乳首から飲む練習をしてみましょう。

母乳は出ているのに、保育園入園などの理由でミルクをメインに切り替える場合は、おっぱいのケアも怠らないようにしてくださいね。そのままにしておくと赤ちゃんが飲まなくなった母乳は、おっぱいの中で溜まり続けます。そうすると乳腺が詰まり、乳腺炎を起こしてしまう危険性がありますよ。搾乳するなどし、母乳の生成をコントロールしていきましょう。

引用元-混合育児のやり方!ミルクの足し方や授乳方法、母乳の割合は? – こそだてハック

母乳不足はどうやって確認する?

母乳不足を知る目安

(1)20分以上乳房に吸いついていても、赤ちゃんが不満足そう。

(2)生後半月以上たてば、飲んだあと、2~3時間はもつはず。30分くらいで飲みたがるようなら母乳不足かも。

(3)1週間に一度体重をはかってみて、生後2~3カ月で一日平均の増加量が15 以下なら母乳不足。

(4)便の回数が急に減った、量も少ない、便がかたい、便秘がちというときは、母乳不足が原因かも。

母乳不足のタイプいろいろ

(1)毎回、母乳は出るには出るが、一回の量が少なく、赤ちゃんが満足できない。

(2)朝とか夜は母乳が十分に出るけれど、昼間はほとんど出ない。

(3)吸われればちょっと出るけれど、満腹できる量は出ない。

引用元-知っておきたいミルクの知識 【混合栄養与え方アドバイス】 – gooベビー

母乳育児に変える為のミルクの足し方

混合授乳とは、母乳とミルクを両方飲ませることです。混合授乳には大きく二つの方法があります。

1. まずは母乳を飲ませて、足りない分をミルクで補う。これで1回の授乳が終了。
2. 今回の授乳は母乳のみ。次の授乳はミルクのみ。どちらかだけをあげて1回の授乳が終了。

よく耳にするのは、寝る前は2の方法でたっぷりミルクをあげて、朝までぐっすり寝てもらおうというもの。しかし、母乳育児を成功させたい方にはお勧めできません。夜は母乳が多く生産される時間です。夜中に起きて授乳をするのはつらいかもしれませんが、たくさん作り出す夜に授乳をしないと、あなたの身体は「いらないの?」と思い、作り出すことをやめてしまいます。母乳は「吸われて作られる」もの。混合授乳の場合は1の方法で、まずは母乳を吸わせること。「夕方は出にくいから・・・」というママも、補うミルクを準備して、まずは「吸わせる」。そのとき、左右のおっぱいを両方吸わせること。そして、ミルクの間隔3時間の間にほしがる場合は、おっぱいのみということも忘れずに!

足りない分を補うミルクの量の目安は、退院~1ヵ月くらいまでは、40-80ml程度。でも赤ちゃんが自分で飲む量をコントロール出来るようになるのは、生後1ヵ月半くらいといわれていますので、飲んだ後に吐き戻しが多かったり、むずかったりするようであれば、量を減らしてみてください。1ヵ月以降の量については、ママの母乳の出、赤ちゃんの体重など個人差が大きく影響します。1ヵ月健診のときに、助産師さんに相談するようにしましょう。

引用元-教えて!母乳育児のキホン|授乳のお手本。|教えて!授乳ママのホントのところ

混合育児を続ける場合のミルクの足し方

ママ以外の人も授乳できる、飲んだ量がわかって安心などの理由で混合授乳を続ける場合や、職場復帰、薬の服用などの理由で完全ミルクにしたいという場合もあると思います。

そういった場合は、特に決まりなどはありません。基本的には母乳を与え、夜寝る前の1回をミルクにしているママや、ミルクベースでたまに母乳を足すママもいます。

おっぱいの張りや赤ちゃんの様子を見ながら、それぞれに合ったペースで調整するといいですね。

<ミルクの場合の1日の目安量>
生後2週間~1ヶ月まで:700ml
生後1ヶ月~2ヶ月まで:700~840ml
生後2ヶ月~3ヶ月まで:840~960ml

と言われています。

赤ちゃんによって個人差があります。ミルクの缶や包装にも月齢別に目安が書かれているので参考にしてくださいね。

◆ミルクの場合はスキンシップを大切に

栄養面では最近のミルクは母乳に劣らないほどですが、直接おっぱいを吸ってもらうことをしない分、スキンシップを意識して取っていきましょう。体に触れながらしっかり抱っこする、目と目を合わせてミルクをあげるなど、たくさん愛情を伝えてあげましょう。

引用元-母乳とミルクの混合授乳-量や方法について-│AMOMA

お仕事復帰の場合の混合育児の方法

お仕事に復帰をされる場合は、平日は夕方から早朝の授乳がメインとなります。その際、体力的には大変だとは思いますが、なるべく2~4時間ごとの授乳を心がけます。仕事をされている間は、搾乳をした母乳か、ミルクを飲ませることになると思いますが、お仕事中もおっぱいは作られます。特に、仕事を開始されてまもない頃は、昼間のおっぱいの張りが強いかもしれません。夜間授乳を続けるためにも、なるべく仕事の合間を見ながら、3-4時間ごとの搾乳(おっぱいが楽になる程度)をされることをおすすめします。特に、張りが強くて辛い場合には、食事に配慮し、葛根湯の服用・冷湿布などをおすすめします。

帰宅後の最初の授乳では、搾乳を少し行い、たまった古い母乳を捨ててから、お子さんに与えると良いと思います。最初はおっぱいの張りが強くて大変でも、そのうちに昼間の分泌量が減り、夜間のみおっぱいが張るという状態に移行していくようです。昼間おっぱいが張らなくても、おいしいおっぱいをなるべく飲んでもらうために、時間の余裕がないかもしれませんが、仕事中のトイレ休憩などに、1-2回ほんの少し搾乳されることをおすすめします。

引用元-おでびびはうすへようこそ! 母乳育児(混合育児&フォローアップミルク)

twitterの反応

 - 赤ちゃん