いつでもあなたのぷらすになる情報をお届けします

いつでもぷらす

9ヶ月の赤ちゃんにおやつは必要なの?いつから始める?

      2016/09/30

9ヶ月の赤ちゃんにおやつは必要なの?いつから始める?

離乳食が進んできた9ヶ月の赤ちゃんに
おやつは必要なのでしょうか?
おやつの与え方について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

60代男性の香水まとめ。選び方からオススメ香水まで


良い匂いは男性女性問わず、その人の魅力になります...

体重が増えることが怖い・・・摂食障害へのサイン!


毎日体重計に乗り増減する体重の数値に一喜一憂され...

酵素サプリメントを摂取することでダイエット効果は?


酵素をサプリメントによって摂取することでダイエッ...

運動をするのなら毎日するべき?一日おきでも問題ない?


ダイエットのため、また健康のために運動をするのは...

血糖値の食後1時間の正常な値とは?糖尿病の時の値は?

あなたは大丈夫ですか?
食後1時間の血糖値で糖尿病...

浮気をしているか心配・・携帯を見る方法ってあるの?


恋人や配偶者の浮気を疑ったら確認したのが携帯です...

女性が男性の携帯を見る理由は何なのでしょうか?

女性が男性の携帯を見るという話しをよく耳にすると
...

スマホ依存症を治したい!携帯を見るのをやめたいなら


今の時代はスマホ携帯を持っている人がほとんです。...

彼氏の携帯を見るのをやめたいのにやめられない人へ


彼氏の携帯を見るのが悪いことだからやめたいと思っ...

聴くだけでできる?曲のキーを判別する方法とは?

ギターやピアノを弾く時に
楽譜がなくても曲のキーを...

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる?下げる?

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる方が良い
の...

イラストやマンガの絵を初心者が上手に描く書き方とは


初心者がイラストやマンガの絵を上手に描けるように...

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまった時の治療法とは

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまったら
恥ず...

リクシルのお風呂のザラザラした床のお掃除方法とは


リクシルのお風呂の床は冬でも冷たくならず

メンズベルトの贈り物をするには何サイズを選べばイイの?


彼や父親などにメンズベルトの贈り物をしたいけれど...

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは必要なのか?

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは
除菌しす...

トイレの便器の中に虫が!原因と駆除方法とは?


トイレの便器の中に虫がいると恐ろしすぎますよね・...

トイレの便器と床の隙間の掃除ってどうやるのでしょうか?


トイレの便器と床の隙間は汚れがたまりやすく

玄関やトイレのドアは内開きが良いの?外開きが良いの?


あなたの家の玄関やトイレのドアは内開きですか?<...

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがある

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがあるのを

スポンサーリンク


9ヶ月の赤ちゃんにおやつは必要?

おやつは栄養学的に必要!

離乳食前の赤ちゃんは、母乳やミルクで成長に必要な栄養のすべてをとっています。離乳食が進んでくると、栄養の主体が母乳やミルクから離乳食に移っていきます。けれども、 まだ消化吸収能力が未発達なので、赤ちゃんは一度にいっぱい食べられません。
3回の食事でとれなかった栄養を補うため、おやつが必要なのです。

おやつは食べる楽しさも育てる!

離乳食を作ったり、与えたりするのは大変だけど、おやつは赤ちゃんが興味を持つカタチに工夫されていたり、食事より手軽に食べられるため、「食べることは楽しい こと」と赤ちゃんに教える絶好のチャンス。おやつで食べ物への意欲や好奇心を育ててあげましょう。

おやつは赤ちゃんの運動機能発達のお手伝いにも!

おやつならつかみ食べでもOK! おやつは赤ちゃんが自分でにぎったり、つまんだりしてものを口に運ぶという運動能力の発達のお手伝いになります。

引用元-赤ちゃんのおやつ事情|ベビータウン

おやつは3回食になった9ヶ月頃〜

赤ちゃんは、生後5カ月くらいから離乳食がスタートします。おっぱいやミルクを「飲む」食事から、形のある食べ物の食事へと、1才過ぎの完了期に向けてゆっくり進めていきます。「おやつ」を食べていいのは、赤ちゃんが朝、昼、夕3回食になる、9~10カ月ごろからです。でも、離乳完了までは、離乳食そのものが大切!1才過ぎまでは、「おやつ」は栄養的には、ほとんど必要ないということを覚えておきましょう。1才3カ月ごろを境に、離乳完了の前と後で、おやつの役割、内容、量はがらりと変わるわけです。赤ちゃんの発達に応じたおやつの考え方や、ベビーフードおやつと市販のおやつの比較、おやつと虫歯の関係などについて、4つのポイントを整理していきましょう。

引用元-0~2才、おやつの4つの約束 – gooベビー

赤ちゃんせんべいや卵ボーロなど、ベビーフードおやつは、5カ月くらいからOKという商品も多く出ています。繰り返しますが、1才までの赤ちゃん時代、栄養的には実はおやつは必要ありません。与えるとしたら、食事が朝昼晩と3回きちんととれるようになった、カミカミ期半ば(9~10カ月ごろ~)からになります。それも、ほんの補助的な意味なので、果汁などの飲み物プラス赤ちゃんせんべい2枚程度が基本、お楽しみ程度と考えておきましょう。

でも、ガラリと変わるのは、「離乳が完了」した1才過ぎから!ほとんどの栄養を固形物からとるようになりますが、1才児は、体の大きさの割にエネルギーがたくさん必要なので、とても3回の食事では補いきれなくなります。そこで、食事の中で「おやつ」が重要な役目を果たすようになってくるのです。

引用元-0~2才、おやつの4つの約束 – gooベビー

9ヶ月の赤ちゃんにお勧めのおやつ

|イモ類

主にサツマイモですね。分類的には野菜なので栄養価は◎。調理が少し面倒ではありますが、甘くておいしいのは大人でもわかるはず♪

|果実類

我が家ではバナナがメインですが、リンゴやぶどうなど果物ジュースにありそうな果実にはビタミンなどの栄養も豊富です。

|ベビー・幼児向けおやつ

メジャーなところでいうとキューピーや和光堂などで発売されている、ベビー・幼児向けのおやつ。単なるおやつではなくフォローアップミルクのように離乳食で補えない栄養分も摂れたりします。

赤ちゃんの体に負担がかからないよう糖分や塩分が調整されてはいますが、それでも与えすぎは要注意です。

引用元-赤ちゃんのおやつはいつから?という疑問から知った衝撃の事実… | 赤ちゃん×育児ママ×イクメンライフ | リアル・ベビー365日

9ヶ月の赤ちゃんのおやつの与え方

手作りするべき?

「おやつも手作りしましょう!」なんてよく言われますよね。レシピも簡単に調べることができますので、いろいろ作ってみたい!というママもいらっしゃるかも。

でも「手作りしなきゃいけない」ということは全くないんですよ。ただでさえ3食の離乳食の準備で大変な時期なのに、おやつまで手作りするのは大変!

先ほどご紹介したように、バナナや食パンのような切るだけでいいもので十分です。市販のものばかりにならないように、たまには凝ったものに挑戦してみるのもいいですね。

また味の濃いもの、赤ちゃん用でないお菓子は体への負担が大きいですし、味覚に影響を与えてしまうので避けるようにしましょう。

量はどのくらい?

迷ってしまうのが、どのくらいあげたらいいのかということ。ここで知っておきたいのが

おやつの目安は1日に必要なエネルギーの1割程度

だということです。つまりちょうど1歳ごろならおやつとして100kcal程度までにしておくということ。

少し大きめのバナナだと1本でちょうど100kcal程度なんですが、これじゃ多いですよね。もしバナナをおやつとして与えるのであれば

・少し大きめのバナナ1/3本 約35kcal
・牛乳 100ml 約65kcal

となります。

市販の赤ちゃん用おやつや食パンなどであればカロリーが表記されているので100kcalがどのくらいか分かりやすくていいですね。

1歳の始めはこのくらいでいいですが、だんだん足りなくなってきますので活発に動く子で1歳後半なら180kcalくらいまであげてOKです。バナナ2/3本と牛乳150mlぐらいの量になりますね。

引用元-いつからOK?赤ちゃんに負担のない離乳食期のおやつの与え方 | MARCH(マーチ)

おやつの与え方の注意点とは

|1日1回、時間を決める

ダラダラ食べさせると、肥満や虫歯の原因になります。お菓子は1日1回、あとの食事に響かない時間帯に与えます。量は赤ちゃんの成長に合わせますが、欲しがるからといってどんどんあげていると肝心の食事が入らなくなります。3度の食事から栄養を摂るという基本を守りましょう。

|大人のお菓子をあげない

大人のスナック菓子やチョコレート、クッキーなどのお菓子を赤ちゃんが食べると、塩分、糖分、カロリー、すべてが過多になります。赤ちゃんの体に負担を掛けることになるので、大人のものをあげるのはやめましょう。

引用元-赤ちゃんのお菓子はいつから?簡単おやつの作り方、おすすめは? – こそだてハック

twitterの反応

 - 赤ちゃんの生活