いつでもあなたのぷらすになる情報をお届けします

いつでもぷらす

9ヶ月頃の赤ちゃんが離乳食を食べない理由と対策とは?

      2016/10/01

9ヶ月頃の赤ちゃんが離乳食を食べない理由と対策とは?

9ヶ月頃の赤ちゃんが離乳食を
食べない理由とは?
どんなことに気をつけたら
食べてくれるでしょうか

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

60代男性の香水まとめ。選び方からオススメ香水まで


良い匂いは男性女性問わず、その人の魅力になります...

体重が増えることが怖い・・・摂食障害へのサイン!


毎日体重計に乗り増減する体重の数値に一喜一憂され...

酵素サプリメントを摂取することでダイエット効果は?


酵素をサプリメントによって摂取することでダイエッ...

運動をするのなら毎日するべき?一日おきでも問題ない?


ダイエットのため、また健康のために運動をするのは...

血糖値の食後1時間の正常な値とは?糖尿病の時の値は?

あなたは大丈夫ですか?
食後1時間の血糖値で糖尿病...

浮気をしているか心配・・携帯を見る方法ってあるの?


恋人や配偶者の浮気を疑ったら確認したのが携帯です...

女性が男性の携帯を見る理由は何なのでしょうか?

女性が男性の携帯を見るという話しをよく耳にすると
...

スマホ依存症を治したい!携帯を見るのをやめたいなら


今の時代はスマホ携帯を持っている人がほとんです。...

彼氏の携帯を見るのをやめたいのにやめられない人へ


彼氏の携帯を見るのが悪いことだからやめたいと思っ...

聴くだけでできる?曲のキーを判別する方法とは?

ギターやピアノを弾く時に
楽譜がなくても曲のキーを...

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる?下げる?

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる方が良い
の...

イラストやマンガの絵を初心者が上手に描く書き方とは


初心者がイラストやマンガの絵を上手に描けるように...

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまった時の治療法とは

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまったら
恥ず...

リクシルのお風呂のザラザラした床のお掃除方法とは


リクシルのお風呂の床は冬でも冷たくならず

メンズベルトの贈り物をするには何サイズを選べばイイの?


彼や父親などにメンズベルトの贈り物をしたいけれど...

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは必要なのか?

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは
除菌しす...

トイレの便器の中に虫が!原因と駆除方法とは?


トイレの便器の中に虫がいると恐ろしすぎますよね・...

トイレの便器と床の隙間の掃除ってどうやるのでしょうか?


トイレの便器と床の隙間は汚れがたまりやすく

玄関やトイレのドアは内開きが良いの?外開きが良いの?


あなたの家の玄関やトイレのドアは内開きですか?<...

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがある

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがあるのを

スポンサーリンク


赤ちゃんが離乳食を食べない時は定番を

1. 定番離乳食をつくる

栄養を考えると、色んなものを食べてほしいと思って、毎日離乳食を工夫したくなりますよね。ただ、赤ちゃんが離乳食に慣れて、おいしいと感じてくれるまでは、赤ちゃんが好きな定番をつくり、それをベースに少しずつ変えていったり、増やしていったりすると、自然に慣れていってくれますよ。

2. 離乳食を一段階戻す

もぐもぐと食べてくれるのが嬉しくて、離乳食を早く進め過ぎてしまうと、赤ちゃんは離乳食を食べなくなることがあります。食べ慣れていない離乳食がどんどん出されると、不安を感じるのかもしれません。そんなときは、離乳食中期なら初期へ、後期なら中期へと一段階前に戻し、食べ慣れた食事にしてみましょう。食べ慣れているものなので、赤ちゃんは安心して食事をとることができます。

引用元-赤ちゃんが離乳食を食べない!原因と6つの対策 – こそだてハック

9ヶ月の赤ちゃんの離乳食の固さ

▽柔らかすぎず・固すぎず

歯がはえているからと、水分が極端にすくないおかゆだったり、野菜が大きすぎたり、肉が固く飲みにくい状態になってはいませんか?

赤ちゃんは歯で噛みくだして飲み込むのではなく、下でおしつぶして口のおくに運びます。9ヶ月ではお豆腐やバナナの硬さが目安になると思います。

▽時間や環境を変えてみる。

赤ちゃん1人だけで食べているようであれば、ママやパパと一緒の時間に食べてみる。

他の人が美味しそうに楽しく食べているのを見ると、自分も食べたくなりませんか?

赤ちゃんも一緒で、ママやパパが美味しそうに食べているのを見たら、自分も食べたくなってきますよ。

また、兄弟がいる場合、そちらを気にしてしまって食事に集中出来ずに食べられない事もあります。

TVが食事中につけっぱなしの場合、同じことが言えます。
お互いに顔を見ながら、ゆったり食事に集中出来ると良いですね。

引用元-離乳食を食べる量が少ない時にやっておくべき7つの対策 | 生後9ヶ月

離乳食を食べない赤ちゃんには楽しさを

赤ちゃんが自分で食べたがるようなら、やりたいようにさせてあげてください。パンなど赤ちゃんが手づかみで食べることの出来るメニューを、献立の中に積極的に取り入れましょう。離乳食を食べさせる前には、食卓の下に新聞を敷いたり、赤ちゃんにスタイやエプロンをつけたりして、掃除の手間をできるだけ省けるようにしておきましょう。

もちろん、初めのうちは上手く食べることが出来ず、時間もかかりますが、全ての赤ちゃんが成長過程で通る道なので、今だけと思い付き合ってあげましょう。

引用元-9ヶ月の離乳食の時間&食べない子対策7/栄養不足と病院 – マーミー

料理する前の食材を赤ちゃんに見せたり、触らせてみたりして、赤ちゃんが食へ関心を持つようにしてあげましょう。おままごと遊びや食べ物が載っている絵本が、赤ちゃんの関心を高めるきっかけになることがありますので、積極的に日々の遊びの中に取り入れてあげたいですね。また、ママやパパが美味しそうに食事をしている様子を見せることも大切です。

引用元-9ヶ月の離乳食の時間&食べない子対策7/栄養不足と病院 – マーミー

9ヶ月の赤ちゃんの離乳食の時間

寝起きのタイミングを避ける

寝ぼけた状態では食欲がわかないので、できれば起きてすぐの状態は避けるべきだ。食欲以前に、寝起きの状態では胃腸の働きもよくないので消化にも悪いし、最悪嘔吐してしまう恐れもある。遊ぶ時間やお昼寝の時間を調整して、食事の1時間前くらいには起きている状態にするといいだろう。

引用元-食事嫌いの娘(9ヶ月)に離乳食を食べてもらえるようになった24の方法 | PathfinderGate

極度に空腹なタイミングを避ける

うちの娘の場合、極端におなかがすくとミルクを欲しがって大泣きしてしまい、とても食事どころではなくなってしまう。おかゆを口元へ運んでもイヤイヤをするし、ミルクがないことに癇癪を起してしまう。「めちゃくちゃ空腹なら、めいっぱい食べてくれる」ということはないし、むしろ機嫌が悪いことが多いので、避けたほうがよいだろう。

引用元-食事嫌いの娘(9ヶ月)に離乳食を食べてもらえるようになった24の方法 | PathfinderGate

食事の時刻を決める(ただし縛られすぎないこと)

前項のタイミングを見計らうためにも、食事の時間は大凡決めたほうがよいだろう。起床と就寝の時間を決めてしまえば、自ずと食事の時間も定まってくると思うので、まずは寝起きのタイミングを定めよう。こうして一日の活動にリズムができてくると、「そろそろ食事だな」「遊ぶ時間だな」「風呂かな」ということを娘自身が感じてくれるようになり、感情も安定するような気がする。

引用元-食事嫌いの娘(9ヶ月)に離乳食を食べてもらえるようになった24の方法 | PathfinderGate

離乳食を食べない赤ちゃん体験談

現在小六、十二歳の次男はまったく離乳食を食べない子でした。
二番目でしたが、結構手作りしたりしてたんですが、口に入れても出すわ出すわ。すごく煮詰まってた頃、同じ時期に二番目を出産した友人に電話でぐちったところ、「えー、作ってるの?偉いねえ。うちなんか親のおかずを作る時に味付け前にちょっと取り分けて、細かくしてるだけだから、食べなくても腹も立たないわよー。」「食べたくなったら、食べるなって言っても食べるから。大丈夫よ!」詳しく聞いたところ、上のお子さんがまったく食べない子だったけど、そのうちいっぱい食べるようになったから、ミルクでも母乳でも飲んで、体重が増えてれば心配することないよ、とのことでした。

うちの子もその通り、一歳半くらいになったら驚くくらいに食べるようになり、上の子よりも好き嫌いがなく、身長体重ともに同じ時期で比べると上回るようになって行きましたよ。
検診のときは、「離乳食はどうですか?」と聞かれたら、「はい、ぼちぼちですね」と答えてました。それでオッケーなくらい、身長も体重も増えてたんですよ。今でも、長男より次男のほうが同時期を比べると圧倒的に大きいですね。

保健センターなどで相談すると、すごく親身になってくださるので嬉しいのですが、時々あまりにも紋切り型というか、理想に当てはめていろいろと怒られたりするので、ちょっと困っちゃうことがありませんか?そういう時はある程度ごまかす?感じにしてました。私は、ですが。

引用元-生後9ヶ月になりました。離乳食全くたべません。 – 育児 解決済 | 教えて!goo

twitterの反応

 - 赤ちゃんの成長