いつでもあなたのぷらすになる情報をお届けします

いつでもぷらす

背中の筋肉が痛い時の対処法で元気に過ごしましょう!

   

背中の筋肉が痛い時の対処法で元気に過ごしましょう!

背中の筋肉が痛い時に考えられる
原因とは何なのでしょうか?
また背中の痛い時の対処法や予防法についても
調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

60代男性の香水まとめ。選び方からオススメ香水まで


良い匂いは男性女性問わず、その人の魅力になります...

体重が増えることが怖い・・・摂食障害へのサイン!


毎日体重計に乗り増減する体重の数値に一喜一憂され...

酵素サプリメントを摂取することでダイエット効果は?


酵素をサプリメントによって摂取することでダイエッ...

運動をするのなら毎日するべき?一日おきでも問題ない?


ダイエットのため、また健康のために運動をするのは...

血糖値の食後1時間の正常な値とは?糖尿病の時の値は?

あなたは大丈夫ですか?
食後1時間の血糖値で糖尿病...

浮気をしているか心配・・携帯を見る方法ってあるの?


恋人や配偶者の浮気を疑ったら確認したのが携帯です...

女性が男性の携帯を見る理由は何なのでしょうか?

女性が男性の携帯を見るという話しをよく耳にすると
...

スマホ依存症を治したい!携帯を見るのをやめたいなら


今の時代はスマホ携帯を持っている人がほとんです。...

彼氏の携帯を見るのをやめたいのにやめられない人へ


彼氏の携帯を見るのが悪いことだからやめたいと思っ...

聴くだけでできる?曲のキーを判別する方法とは?

ギターやピアノを弾く時に
楽譜がなくても曲のキーを...

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる?下げる?

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる方が良い
の...

イラストやマンガの絵を初心者が上手に描く書き方とは


初心者がイラストやマンガの絵を上手に描けるように...

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまった時の治療法とは

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまったら
恥ず...

リクシルのお風呂のザラザラした床のお掃除方法とは


リクシルのお風呂の床は冬でも冷たくならず

メンズベルトの贈り物をするには何サイズを選べばイイの?


彼や父親などにメンズベルトの贈り物をしたいけれど...

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは必要なのか?

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは
除菌しす...

トイレの便器の中に虫が!原因と駆除方法とは?


トイレの便器の中に虫がいると恐ろしすぎますよね・...

トイレの便器と床の隙間の掃除ってどうやるのでしょうか?


トイレの便器と床の隙間は汚れがたまりやすく

玄関やトイレのドアは内開きが良いの?外開きが良いの?


あなたの家の玄関やトイレのドアは内開きですか?<...

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがある

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがあるのを

スポンサーリンク


背中の筋肉が痛い原因

1.「過度の運動」や「運動不足」

背中の筋肉「背筋」を使う運動をたくさん行うと、筋肉疲労による痛みを引き起こします。いわゆる筋肉痛です。

背筋は普段の生活でも常に使われていますが、物を引っ張ったり、持ち上げたり、前かがみの姿勢をする時に特に負荷がかかります。
若い頃から部活動やスポーツをあまりしていなかったり、運動嫌いの人、運動不足の人ほど背筋が弱く、少しの運動で痛みが起こりやすくなります。

2.肩・背中・腰回りの筋力不足

背中の筋肉が弱い人は、日常生活において姿勢を維持するだけで筋肉が疲労し、背中や腰の痛みを起こします。
また、背骨は首から腰にかけて伸びており、首・背中・腰の筋肉で背骨をまっすぐにして姿勢を維持しています。首や腰の筋力が弱いと、その分を背中の筋肉でカバーしなければならず背中の筋肉が傷みやすくなります。

筋力をつけることは、単に大きな負荷に耐えられるだけでなく、筋肉の収縮作用により血行が良くなる効果も期待できるため、背中の痛みの防止に役立ちます。

3.「不適切な姿勢」と「同じ姿勢の継続」

背中を丸めた前かがみの姿勢や中腰の姿勢は、背中と腰への負荷が特に大きく、筋肉が大変疲労します。腰が弱くなることで更に背中の負担が増す悪循環にも陥りやすくなります。

また、例え姿勢が良くても、立ちっぱなしや座りっぱなしなど、同じ姿勢を長時間続けると、筋肉が長時間緊張した状態になり、更に皮膚と筋肉が圧迫されて血行も悪くなるため、肩・腰・背中に疲労がたまります。
特にパソコンを使った仕事は、視神経と筋肉の緊張が長時間続き、ストレスも大きいため要注意です。

4.腰痛・肩こり

肩こりや腰痛になると、間接的に背中の痛みを発症しやすくなります。

肩こりは背中痛の原因として非常に多くみられるものです。
首から背中上部にかけて痛み、悪化すると背中や腕の痛み・しびれ、頭痛や吐き気などの症状が出ることもあります。

腰痛持ちの人は、普段の生活で無意識に腰をかばった動作をすることが多く、腰の負担を減らしつつ姿勢を維持するために背中の筋肉が酷使されます。その結果、背中の痛みを生じやすくなります。

引用元-背中の痛みの主な原因 ~ 『背筋の筋肉疲労、筋肉痛』について

背中の筋肉が痛い時の対処法

1.冷やして炎症を抑える

過激な運動などで背中に急激な痛みを感じた直後や、痛みのある部分が熱を持っていると感じるときは冷やします。冷却パックやエアゾール剤、冷やすタイプのハップ剤を利用すると良いでしょう。

2.背中を温めて血行を良くする

背中の痛みの発症直後は炎症を鎮めるために冷やしますが、炎症が軽減したら血行を良くして回復を促すために、ホットパックや使い捨てカイロなどで腰を温めましょう。ぬるめのお湯にゆっくりとつかり、しっかり温めるのも効果的です。また、慢性的な腰痛を解消したいときも温めて血行を良くすると効果があります。

3.ほど良い刺激のマッサージを受ける

ほど良いマッサージは、血行を良くして回復を促す効果があります。周囲の人にマッサージをしてもらう場合や、自分で行う場合は、さする、軽く押す、もむ程度の軽い刺激に留めておくのがいいでしょう。痛みを感じるほどのマッサージは、筋肉によけいな緊張や局所的な疲労を与えたり、小さな傷をつけてしまうことがあります。

4.市販の薬を使う

背中のこりによる炎症と痛みを抑えるには、鎮痛消炎成分のインドメタシンやフェルビナクなどを配合した外用鎮痛消炎薬が効果的です。痛みがより強いときには内服薬の消炎鎮痛薬で一時的に痛みをブロックしましょう。また、ビタミンB1、B6、B12が配合されたビタミン剤は、体の中からこりを緩和する効果があります。

5.病院で診察を受ける

患部が腫れて熱を持ち痛みが続くときや腰や足のしびれをともなうとき、むち打ち症で首や肩が痛むときなどには、整形外科などで早めに診察を受けましょう。また、胸の痛みや腹痛をともなう背中の痛みは内科、婦人科、泌尿器科などの疾患が隠れている可能性があります。一度、主治医に相談するようにしましょう。

引用元-背中の痛み 症状・疾患ナビ | タケダ健康サイト

背中の筋肉が痛い時のストレッチ

1.背中と肩を伸ばすストレッチ

片腕の肘を曲げ、頭の後ろに回します。
もう片方の手で肘をつかみ、下に向かって力をかけます。
深呼吸しながら10秒間その姿勢をキープします。
反対側も同様に行います。

引用元-背中に痛みが起こるのはなぜ? 考えられる3つの原因

背中の横側とわき腹を伸ばすストレッチ

1.両手を組んで、まっすぐ上に伸ばします。
2.息をゆっくり吐きながら、上半身を横に倒します。
3.深呼吸しながら10秒間その姿勢をキープします。
4.息を吸いながら、ゆっくりと元の姿勢に戻します。
5.反対側も同様に行います。

引用元-背中に痛みが起こるのはなぜ? 考えられる3つの原因

背中の上部を伸ばすストレッチ

1.両手を組み、腕を前に突き出します。
2.頭を下げながら、ゆっくりと背中を丸めていきます。
3.背中の上部が左右に引っ張られている感覚があれば成功です。
4.深呼吸しながら10秒間その姿勢をキープします。

引用元-背中に痛みが起こるのはなぜ? 考えられる3つの原因

背中の筋肉が痛い時のスポーツ

(1)水中ウォーキング

まずは水泳のような全身を動かす運動が効果的です。血行が良くなることと、特に背中の肩から背中にかけて筋肉を使うことが多いので背中の筋肉をほぐすことにつながります。

(2)ヨガ

もう一つは、ヨガです。特別な呼吸をするため、筋肉をほぐしやすく、それに背中部分を延ばすポーズが多いため、背中のこりが解消しやすくなるのです。どちらも効果的で、軽度な負荷であるため有酸素運動や生活習慣の防止にも繋がります。

引用元-背中が痛い&息苦しい!2つの病気のリスクと対処方法とは | 腰痛.com

背中の筋肉が痛い時の予防法

|1、姿勢に気をつける

背中の痛みと背中の筋肉の関係は深いといわれています。背中の筋肉に無理な負担や筋肉が緊張した状態が長くつづいていると、痛みが出やすいといいます。さらに治療されずにいることで習慣化されてくるといわれます。これらの原因としていわれているのが、運動不足と姿勢とされています。

運動不足により筋力が低下すれば背中や首、腰などに痛みが出やすいそうです。また、姿勢のよくない状態が長くつづくと、皮ふや筋肉の血管が圧迫されて血行の不良が生じて、肩や背中の筋肉が凝りやすくなり、痛みの原因になると考えられています。

|2、肩と背中の筋肉を鍛える

運動不足による筋力の低下が、背中や首、さらに腰の痛みなどに関係があるといこうとでした。からだを動かす機会の少ない人は、背筋の力も弱いのでちょっとした運動などでも痛みが出やすいといわれています。また姿勢の維持などにはただでさえ肩や背中、腰の筋肉がはたらいているといいます。

運動不足によって筋肉が弱くなれば、姿勢の不良などにもつながって痛みが出やすくなるといわれているのです。

|3、定期的にストレッチをする

一般にストレッチには、筋肉をほどよく引きのばすことで、筋肉がやわらかくなり、血行を改善したりするので痛みを和らげる効果があるといわれています。背中の痛みの予防においても、軽めの運動やストレッチの習慣をつけることがよいといわれます。

ただ、原因がよくわからないのに長く苦しんでいる背中の痛みの場合、運動などがすすめられない背中の痛みなどもあるようです。痛みが広い範囲に広がったり、しびれなどをともなうような時には自分勝手な判断でストレッチや体操をすることはすすめられないこともあるので注意が必要です。

|4、運動をする

軽い運動、定期的な運動の習慣はもちろん背中の痛みを予防する意味でも効果的な方法だといわれています。ただ、痛みがつよい場合、あるいは運動によって痛みがひどくなる場合、さらにしびれや尿漏れといった重い症状が重なる場合には、中止して受診することが大切といえます。

引用元-【背中が痛いときの対処法】左右・真ん中など部位別に徹底解説!実は腎臓の病気の可能性も!チェックすべき症状とは?|WELQ [ウェルク]

twitterの反応

 - 体の健康