いつでもあなたのぷらすになる情報をお届けします

いつでもぷらす

親が病気になった時に子供に不安を与えない伝え方はあるのか

      2016/11/05

親が病気になった時に子供に不安を与えない伝え方はあるのか

親が病気になった時に子供に本当のことを伝えますか?
子供に不安を与えない伝え方はあるのでしょうか?
子供への伝え方について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

60代男性の香水まとめ。選び方からオススメ香水まで


良い匂いは男性女性問わず、その人の魅力になります...

体重が増えることが怖い・・・摂食障害へのサイン!


毎日体重計に乗り増減する体重の数値に一喜一憂され...

酵素サプリメントを摂取することでダイエット効果は?


酵素をサプリメントによって摂取することでダイエッ...

運動をするのなら毎日するべき?一日おきでも問題ない?


ダイエットのため、また健康のために運動をするのは...

血糖値の食後1時間の正常な値とは?糖尿病の時の値は?

あなたは大丈夫ですか?
食後1時間の血糖値で糖尿病...

浮気をしているか心配・・携帯を見る方法ってあるの?


恋人や配偶者の浮気を疑ったら確認したのが携帯です...

女性が男性の携帯を見る理由は何なのでしょうか?

女性が男性の携帯を見るという話しをよく耳にすると
...

スマホ依存症を治したい!携帯を見るのをやめたいなら


今の時代はスマホ携帯を持っている人がほとんです。...

彼氏の携帯を見るのをやめたいのにやめられない人へ


彼氏の携帯を見るのが悪いことだからやめたいと思っ...

聴くだけでできる?曲のキーを判別する方法とは?

ギターやピアノを弾く時に
楽譜がなくても曲のキーを...

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる?下げる?

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる方が良い
の...

イラストやマンガの絵を初心者が上手に描く書き方とは


初心者がイラストやマンガの絵を上手に描けるように...

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまった時の治療法とは

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまったら
恥ず...

リクシルのお風呂のザラザラした床のお掃除方法とは


リクシルのお風呂の床は冬でも冷たくならず

メンズベルトの贈り物をするには何サイズを選べばイイの?


彼や父親などにメンズベルトの贈り物をしたいけれど...

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは必要なのか?

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは
除菌しす...

トイレの便器の中に虫が!原因と駆除方法とは?


トイレの便器の中に虫がいると恐ろしすぎますよね・...

トイレの便器と床の隙間の掃除ってどうやるのでしょうか?


トイレの便器と床の隙間は汚れがたまりやすく

玄関やトイレのドアは内開きが良いの?外開きが良いの?


あなたの家の玄関やトイレのドアは内開きですか?<...

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがある

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがあるのを

スポンサーリンク


親が病気になったら子供に伝える?

告知を受けた親がまず直面するのは、子どもに病気を伝えるのか、伝えるならどう伝えるのか、ということだ。 白石さんは「人によってさまざま。正解はないです」と語る。病状を詳しく説明する、出張と言って入院する、病名は言わず病気とだけ伝える…。子どもの年齢や性格を考え、いろいろな決断があるという。 病名を伝えても、伝えなくても、入院など親の不在は、子どもに不安を与える。白石さんは「少し先の見通しを示してあげられたら、気持ちが落ち着く」とみる。特に幼い子は、過去、現在、未来と区切って話すと理解しやすいという。 例えば、「過去」は痛かったので検査し、病気が分かった。「現在」は手術や治療を受ける。「未来」は夏休みの頃には治療が一段落して退院する-。何カ月先という概念は難しいので、誕生日や季節の行事などイベントに絡めて伝えるのがよい。 子どもは治療のさまざまな場面で疑問を持つ。「死んじゃうのかな」「うつるの?」など病気に関することから、「入院中、誰がお弁当を作るんだろう」「塾の送迎は?」といった生活に密着したものまで。「私が悪い子だったから病気になったのかな」と大人が思いも寄らないことで悩むこともあるそうだ。 「疑問をため込まず、口にしやすい環境が子どもにとって大切」と白石さん。問いに対して「何でそう思ったのか」を聞いていくと、不安に寄り添い、和らげるきっかけになるという。 親がつらいという現状を子どもなりに理解すると、何か役に立ちたいとお手伝いなどを頑張る子もいる。数々の親子を見てきた白石さんは「子どもに話したら、落ち込むのではないかと心配かもしれませんが、子どもは大人が思っている以上に、理解力も置かれている状況への柔軟性もある。子どもの力を信じてほしい」と話す。

引用元-親の病気 子への伝え方 見通し示し不安減らす 疑問話せる環境づくり – 西日本新聞

不安を与えずに子供に伝えるポイント

親が隠していたとしても、子どもは何かが違っていることに気付き、独りで悪い想像を膨らませてしまう。親が話をしないことで子どもはかえって疎外感を覚え、不安な気持ちになる。子どもの発達段階によって理解度に違いはあるけれど、その子に分かる言葉でがんであることを伝えた方が、子どもは安定します」。

引用元-親ががんになったとき、子どもに何をどう伝えるか:がんナビ

親が子どもにがんであることを伝えるときの重要なポイントは「3つのC」だという。 1つ目は、「がん(cancer)という病名」を伝えること。 がんという病名を伝えずに「病気」という曖昧な表現をすると、子どもは想像を働かせ、混乱を来たしたり、より大きな不安を抱えることになりかねない。風邪のようにすぐに治る病気とは違うことを伝えるためにも、「がん」という言葉を使うことが大切だという。

引用元-親ががんになったとき、子どもに何をどう伝えるか:がんナビ

2つ目は「誰のせいでもない(not caused)」ことを伝えること。 

がんの親をもつ多くの子どもが「自分のせいで(自分が心配を掛けたから)、親が病気になってしまった」と自分を責める傾向があることが分かっており、特に低年齢の子どもほどそう思い込む傾向が強いという。そのため、がんという病気が誰かのせいでなる病気ではないこと、何かをしたから(しなかったから)がんになったわけではないと知らせる必要があるのだ。 

3つ目は「うつる病気(catchy)でない」ことを伝えること。 

例えば、抗がん剤治療の副作用で脱毛した親の様子を見て、「自分も何かの病気になると髪の毛が抜けるのでは」など、病気全般を恐れることもある。小さな子どもには「お母さんと一緒に、同じケーキを食べてもうつらないよ」など、年齢に応じて理解しやすい例を挙げて説明するとよいという。

引用元-親ががんになったとき、子どもに何をどう伝えるか:がんナビ

親の病気は子供の年齢によって違う

小さいながらも親の変化を感じとります。
まだ3歳の末っ子には、小中学生たちと同じことを言ってももちろん理解できません。末っ子には、「お父さんは病気になってしまった」「あなたと元気に遊ぶことが難しいこともあるけれど、優しくしてあげてほしい」という話だけしました。
その後、末っ子は「おとうさんと絵本を読んだり、グーチョキパー(の手遊び)をする」などと話していたので、彼なりに理解して考えてくれたのだろうかと考えています。
ただ、どうしても、お父さんが前のように元気に遊んでくれないことに不安や寂しさを感じている面もあるようで、このあたりのフォローの難しさを感じています。

引用元-自分や夫が病気に!子どもに伝える?どう伝える? | BRAVA(ブラーバ)

小学生、中学生になると状況を把握することができ、いろいろ考えるように..
小学校高学年、中学生の子とは、不安も話しながら、今後の話もよくしています。
この年頃の子たちには、もっと楽しいことばかりを考えていてもらえたらよかったと思うことも、正直言ってあります。
ただ、起きてしまった事態は戻ることができないので、いかにここから家族の新しい体制を築いていくかということは、親の私だけでなく、子どもたちと話し合っていきたいと考えています。

引用元-自分や夫が病気に!子どもに伝える?どう伝える? | BRAVA(ブラーバ)

親の病気で子供の不安を和らげる活動

市内外から3組10人の家族が病院を訪ねた。家族内でがんを告知済みであることが参加の条件。看護師らが紙芝居で、がんの治療方法や副作用を子どもに教え、「他人に感染する病気ではない」「発症は誰のせいでもない」などと伝えた。子どもたちは白衣に着替え、化学療法室や放射線治療室も見学した。
 乳がんを患う中区の主婦(44)は「病気を隠さずに前向きな姿を子どもに見せたい。一歩踏み出せない家族にとって詳しい話をするきっかけにもなるかもしれない」と語った。小学5年の長女(11)は「病院やがんは怖くない。さまざまな治療方法があることが分かった。これからも家事の手伝いを続けたい」と話した。
 探検隊企画の中心を担う緩和ケア認定看護師の梅田靖子さんは「家族の足が病院から遠のけば、治療の過程を知ることができなくなる。親子の大切な時間にしてほしい」と述べる。

引用元-親のがん闘病理解、子の不安を緩和 聖隷浜松病院「探検隊」行事|静岡新聞アットエス

告知後は子供の不安に注意しよう

毎日を大切に、そして子供の様子に注意して過ごしましょう。状況によってはパパ、ママどちらも余裕がなくなるかもしれません。そんなときには祖父母や保育園などにも頼ってください。子供は親をとてもよく見ているので、親が大変そうだと我慢してしまうこともあります。どんなときでも子供が不安や疑問を吐き出せる状況をつくってあげることが大切です。
また、大きく変わる生活の中でも、一つでもいいのでいつもと同じことを残しておきましょう。寝る前の読み聞かせや一緒に見るテレビなど、ささいなことで構わないので『いつもと一緒』を残すことが子供にとっての大きな安心になります。
まだまだ日本では『がん=死』というイメージが根強くあり、そのために子供に本当のことを言えないままになりがちです。しかし、どんなに小さくても子供も家族の一員であり、一緒に頑張ることで子供も親に起こっていることを少しずつ理解します。
小さな子を遺して自分がいなくなるかもしれない、そんな状況に置かれたママ、パパは本当に辛いですよね。でも子供のために『がん』をしっかりと伝えるという選択肢も考えてみるべきでしょう。そして、子供と気持ちを共有しながら一緒に頑張ることで、子供も「ママ、パパの役に立っている」と感じて自信を持つことが出来るはずです。

引用元-子供に言うべき?もし親ががんになったら | ならいごとキッズ マガジン

twitterの反応

 - 親子関係