いつでもあなたのぷらすになる情報をお届けします

いつでもぷらす

ぎっくり腰は接骨院と整骨院と整形外科のどこに行けばいい?

      2016/11/09

ぎっくり腰は接骨院と整骨院と整形外科のどこに行けばいい?

ぎっくり腰になった時は接骨院や整骨院、
整形外科などどこに行けば良いのか悩みますよね?
それぞれの特徴について調べてみました

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

60代男性の香水まとめ。選び方からオススメ香水まで


良い匂いは男性女性問わず、その人の魅力になります...

体重が増えることが怖い・・・摂食障害へのサイン!


毎日体重計に乗り増減する体重の数値に一喜一憂され...

酵素サプリメントを摂取することでダイエット効果は?


酵素をサプリメントによって摂取することでダイエッ...

運動をするのなら毎日するべき?一日おきでも問題ない?


ダイエットのため、また健康のために運動をするのは...

血糖値の食後1時間の正常な値とは?糖尿病の時の値は?

あなたは大丈夫ですか?
食後1時間の血糖値で糖尿病...

浮気をしているか心配・・携帯を見る方法ってあるの?


恋人や配偶者の浮気を疑ったら確認したのが携帯です...

女性が男性の携帯を見る理由は何なのでしょうか?

女性が男性の携帯を見るという話しをよく耳にすると
...

スマホ依存症を治したい!携帯を見るのをやめたいなら


今の時代はスマホ携帯を持っている人がほとんです。...

彼氏の携帯を見るのをやめたいのにやめられない人へ


彼氏の携帯を見るのが悪いことだからやめたいと思っ...

聴くだけでできる?曲のキーを判別する方法とは?

ギターやピアノを弾く時に
楽譜がなくても曲のキーを...

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる?下げる?

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる方が良い
の...

イラストやマンガの絵を初心者が上手に描く書き方とは


初心者がイラストやマンガの絵を上手に描けるように...

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまった時の治療法とは

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまったら
恥ず...

リクシルのお風呂のザラザラした床のお掃除方法とは


リクシルのお風呂の床は冬でも冷たくならず

メンズベルトの贈り物をするには何サイズを選べばイイの?


彼や父親などにメンズベルトの贈り物をしたいけれど...

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは必要なのか?

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは
除菌しす...

トイレの便器の中に虫が!原因と駆除方法とは?


トイレの便器の中に虫がいると恐ろしすぎますよね・...

トイレの便器と床の隙間の掃除ってどうやるのでしょうか?


トイレの便器と床の隙間は汚れがたまりやすく

玄関やトイレのドアは内開きが良いの?外開きが良いの?


あなたの家の玄関やトイレのドアは内開きですか?<...

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがある

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがあるのを

スポンサーリンク


ぎっくり腰の3つの原因

・筋肉疲労

管理人の今回なったぎっくり腰の原因が筋肉疲労によるものだと整骨院・整形外科どちらの先生も同じ診断結果になりました。
スポーツジムに通い毎日のようにトレーニングをする事により少しずつ溜め込んだ筋肉疲労が、負荷の許容量を超えてしまった事が原因になったとの事でした。
筋肉疲労は、トレーニング前後のストレッチやトレーニング後のマッサージをすると予防効果が、あるので心掛けましょう!

・骨格の歪み

この部分に関しては、正しい姿勢を整形外科の先生より指導があり姿勢が悪い場合に筋力のアンバランスを生み出してしまい骨格の歪みを招くのです。
歪んだ骨格は左右のアンバランスを生み出してしまいその周辺の筋肉への負荷に変わってしまい身体のバランスをとろうとする代わりの筋肉にも徐々に筋肉疲労が蓄積される事が原因になります。

・急激な動き

例えば勢いよく振り返った瞬間や横になっていて勢いよく起き上がったときなど、静止状態から急激に動いた時や、動きの急激な切り替え時に、腰にいきなりの過負荷がかかる事が原因になります。

引用元-ぎっくり腰を治療する病院は?整形外科と整骨院どちらが良いの? | トレンド7

接骨院とは?整骨院の違いとは

柔道整復師法で認められている「柔道整復」「接骨院」「ほねつぎ」は、国家資格である柔道整復師が治療を行う施設です。検査・診断は行われません。痛みが起こった時期(もしくは瞬間)が特定できる、急激な腰の痛みだけで下肢のしびれなど他の症状はない、手軽に通いたいという場合は、こちらの受診をおすすめします。

原因のはっきりとした急性・亜急性の骨・関節・筋・腱・靭帯の損傷(骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷)に対して、手術や投薬を行わない保存療法(主に温熱治療や牽引療法)による治療を行い、自然治癒力の向上を目指します。なお、骨折・脱臼の場合は応急手当てを行った後、医師の同意のもとで治療が行われます。

健康保険の適用範囲は、急性・亜急性が原因の外傷に対する治療のみで、慢性的な腰痛、病気(関節炎、ヘルニアなど)が原因の腰痛などは、適用外となります。

ちなみに、ちまたでよく目にする「整骨院」ですが、こちらは上記とイコールではありません。実は、柔道整復師法第24条(広告の制限)においては、「整骨院」という名称は違法になるそうです。しかし、さまざまな事情により認知度が広まってしまったため、現在では「慣例上」その使用を認めているとされています。ここで問題なのが、どのような人が開業しているかという点。柔道整復師の資格を持った人が開いている場合は特に問題ありませんが、中には整体なのに医療機関のように見せるよう「整骨院」という名前で開いているところもあるそうです。整体は医療行為ではなく、整体師には特に資格もありません。マッサージ程度のケアしかできないので、もちろん保険も適用されません。このような点も把握したうえで、注意して選びましょう。

引用元-【専門家が監修】整体?整形外科?カイロプラクティック?腰痛治療はどこでする? | ヘルスケア大学

整形外科でのぎっくり腰の診察の流れ

整形外科とは人体の骨・関節・筋肉等の運動器系を主に診療する専門病院です。
まずぎっくり腰になって一番多いのはこの整形外科です。
骨、関節、筋肉の専門という事でやはり皆さん一番お世話になるとおもいます。
診察の流れとしては問診、触診、レントゲンという流れが一般的です。場合によってはMRIで神経、筋肉などを調べます。

1.問診ではそのぎっくり腰になった時の状況、現在の痛みの状況、過去になった事があるか?など
2.触診ではしびれはないか?ポイントとされる所に力がちゃんとはいるか?など
3.レントゲンでは骨に異常がないかを調べます

ぎっくり腰・腰痛の8割~9割は筋肉異常によるのが普通ですのでお医者さんに「問診、触診、レントゲンでは異常は見られないですね」と言われたら逆に安心してください。
その場合の原因は筋肉異常ですので時間とケアのやりかたで十分に治す事ができます。

引用元-ぎっくり腰になったら整形外科・接骨院・整体師?どこの病院に行けばいいの? | ぎっくり腰を治療してしっかり克服

整骨院で治らなければ整形外科?

整骨院とは、簡単に言えば投薬やレントゲン・外科手術などを行えない整形外科です。こう書くと整骨院に行く意味がなさそうに見えますが、裏を返せば、投薬や手術などによらない治療のプロフェッショナルともいえます。お薬は体に合わないという人もいるでしょうし、合わないとまでは言わずとも投薬やレントゲンを受けるのがなんとなく怖いという方は、整骨院を選ぶのが良いのではないでしょうか。
ただし、整骨院に通っているけどなかなか症状が改善しないという時は、整形外科で診察を受ける必要があるかもしれません。整骨院ではできない診察を受けられるという事もありますが、単純に医師を変えるという意味もあります。もっともこれは、整骨院の治療が整形外科に劣るという意味ではありません。人の体は一人一人違うので、有効な治療の仕方というのも個人差があるのです。なので、今の治療法が体質的に会わないと感じたなら、掲げている看板にこだわらず選択肢を広げてみるのが重要です。当然、整形外科の治療が体質に合わないと感じたなら整骨院を探してみるのも良いでしょう。なお、かかる医師を変えた際は、以前、あるいは現在どんな治療を受けているか報告しておいたほうが良いかと思います。現状の把握に繋がりますし、治療の内容によっては互いに悪影響を与えてしまうかもしれません。

引用元-ぎっくり腰の治療に整骨院と整形外科のどちらを選ぶべきか | ぎっくり腰ナビ 症状を緩和する治療・予防や対処法を紹介

ぎっくり腰は整骨院より整形外科

ぎっくり腰になると、整体や整骨院にかかる人も少なくないですね。では本当はどこで診てもらうのがいいのでしょう。
答えは整形外科です。

ぎっくり腰と整形外科がすぐに結びつきにくいからか、病院ではなく整体や整骨院に行ってしまう人も多いのでしょう。
近年のテレビ等の影響からか整形外科という響きが美容整形と結びつき、よけいに分かりにくくなっているのかもしれません。

患者としては、ぎっくり腰と整形外科の関係が分かりにくかったりしますが、整形外科医からすれば腰痛はとてもポピュラーな患者です。
ぎっくり腰というのは安静にしていれば治癒していくものです。ですから本当にただのぎっくり腰であれば、医者にかからずとも自宅で安静にしていることでほぼ完治できるのです。

ぎっくり腰と整形外科の関係性とは「ただのぎっくり腰」かどうかを調べてもらうためだけ、と言っても過言ではありません。
ここで、一刻も早く整形外科にかかったほうがいいという状態をご紹介します。

・年齢が20歳以下か55歳以上の人
・安静にしていても痛みが強くなってくる人
・胸のあたりも痛む人
・おしっこが出にくい、おしりのほうまで痛い、腰から足にかけてしびれがあるなどの神経症状がある人
・背骨が曲がっていることが見て分かる人(左右どちらかに大きく曲がる)
・熱も出ている人

以上のいずれかに当てはまる人は、ぎっくり腰ではなく他の病気である可能性が高いですので、整形外科へ急いでください。

引用元-ぎっくり腰と整形外科-ぎっくり腰の症状、治療徹底解説

twitterの反応

 - 腰の健康