いつでもあなたのぷらすになる情報をお届けします

いつでもぷらす

胃カメラ検査の時の麻酔や鎮静剤に副作用はあるのでしょうか

      2016/02/27

胃カメラ検査の時の麻酔や鎮静剤に副作用はあるのでしょうか

辛いというイメージが強い胃カメラ検査ですが
最近では麻酔や鎮静剤によって楽に検査を受けられる様になってきました。
しかし麻酔や鎮静剤に副作用はないのでしょうか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

60代男性の香水まとめ。選び方からオススメ香水まで


良い匂いは男性女性問わず、その人の魅力になります...

体重が増えることが怖い・・・摂食障害へのサイン!


毎日体重計に乗り増減する体重の数値に一喜一憂され...

酵素サプリメントを摂取することでダイエット効果は?


酵素をサプリメントによって摂取することでダイエッ...

運動をするのなら毎日するべき?一日おきでも問題ない?


ダイエットのため、また健康のために運動をするのは...

血糖値の食後1時間の正常な値とは?糖尿病の時の値は?

あなたは大丈夫ですか?
食後1時間の血糖値で糖尿病...

浮気をしているか心配・・携帯を見る方法ってあるの?


恋人や配偶者の浮気を疑ったら確認したのが携帯です...

女性が男性の携帯を見る理由は何なのでしょうか?

女性が男性の携帯を見るという話しをよく耳にすると
...

スマホ依存症を治したい!携帯を見るのをやめたいなら


今の時代はスマホ携帯を持っている人がほとんです。...

彼氏の携帯を見るのをやめたいのにやめられない人へ


彼氏の携帯を見るのが悪いことだからやめたいと思っ...

聴くだけでできる?曲のキーを判別する方法とは?

ギターやピアノを弾く時に
楽譜がなくても曲のキーを...

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる?下げる?

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる方が良い
の...

イラストやマンガの絵を初心者が上手に描く書き方とは


初心者がイラストやマンガの絵を上手に描けるように...

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまった時の治療法とは

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまったら
恥ず...

リクシルのお風呂のザラザラした床のお掃除方法とは


リクシルのお風呂の床は冬でも冷たくならず

メンズベルトの贈り物をするには何サイズを選べばイイの?


彼や父親などにメンズベルトの贈り物をしたいけれど...

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは必要なのか?

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは
除菌しす...

トイレの便器の中に虫が!原因と駆除方法とは?


トイレの便器の中に虫がいると恐ろしすぎますよね・...

トイレの便器と床の隙間の掃除ってどうやるのでしょうか?


トイレの便器と床の隙間は汚れがたまりやすく

玄関やトイレのドアは内開きが良いの?外開きが良いの?


あなたの家の玄関やトイレのドアは内開きですか?<...

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがある

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがあるのを

スポンサーリンク


胃カメラ検査とは

胃カメラ検査は、口や鼻から内視鏡を挿入して胃や食道、十二指腸の上部を検査します。
胃カメラ検査をしてわかる病気は、慢性胃炎、胃ポリープ、胃・十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、胃がん、食道がんなどです。
内視鏡によって、早期の胃がんやポリープなどの小さい病変は切除することができます。
検査の受け方は、検査前に喉の局部麻酔薬と鎮静剤を使用します。
検査時間は熟練した医師が行った場合、約5~6分で終了します。
これまで検査が苦しかった人などは、麻酔や鎮静剤を使用できるので事前に申し出ます。
麻酔使用時の注意事項や副作用があります。
検査後も眠気やふらつきが続いたり、一時的に記憶がなくなることがあります。
身体機能が低下していることがあるため、検査後2時間程度は病院のベッドで休んでいきます。
当日は、車やバイク、自転車などの運転はしないでください。

引用元-胃カメラ検査の麻酔の副作用について

胃カメラのメリットデメリット

胃や食道を検査するために行われる胃カメラ検査ですが、メリットはあるのでしょうか?また、デメリットはなんでしょうか。

胃カメラには【経口方式】と【経鼻方式】がありますが、経口方式のメリットは経鼻方式より検査時間が短いことや、カメラが大きいので異常が発見しやすい、検査と同時に細胞の採取が行えることが挙げられます。しかし、デメリットとして吐き気が起こりやすいことや、麻酔を使うため麻酔からさめるまで時間がかかるということがあります。

これに対して経鼻方式は麻酔の量が少ないため身体への負担が少ないことや、カメラの径が小さいため吐き気や痛みが少ないことがメリットといえるでしょう。ただし、検査前の準備時間が長く、異常が発見されたとしても細胞の採取ができません。また蓄膿症や鼻づまり体質の方には不向きですし、鼻の中が小さいとカメラを挿入できない場合もあります。

引用元-【胃カメラ】 鎮静剤・麻酔の副作用や費用について

胃カメラの麻酔と鎮静剤の違い

胃カメラの鎮静剤は、眠くなる、痛みをやわらげる注射です。患者さんの希望で不安や苦痛を軽減するために使用します。鎮静剤は麻酔とは違いますが、これを静脈注射すると、30秒位で体の力が抜けて、楽に胃カメラの検査を受けることができます。

近年、安楽で安全な内視鏡検査を提供するため、鎮静をかけながら検査を行う頻度が高くなってきています。鎮静剤の使用で、内視鏡検査の不安や苦痛の軽減が可能となりますが、一方で副作用の発生も多くなってきており、注意が必要です。

➡️鎮静剤が使われる場面

苦痛の少ない検査や治療を行うため鎮静剤が必要であるという考えが医師、患者双方に浸透してきています。それにより、内視鏡における鎮静は、上部消化検査における鎮静の場合は、次のような場面で使われています。

■嘔吐反射の強い場合
■鎮静を希望する場合
■協力が得られない場合

引用元-胃カメラ鎮静剤

麻酔や鎮静剤の副作用

検査が終わってからしばらくふらふらとしたり、眠気が続いたり、めまいがしたりというものはあります。

また、頭ははっきりしていても、体がまだついていかず、うまく動けないなどの症状も考えられますので、特に帰宅する時、自分の状態をよく確認する必要があります。

あとは薬は薬ですので、どの薬でも同様にある程度のリスクはあります。

しかし、医師がすぐ側で対処できるようについていますので、そこまで過度に心配することは無いでしょう。

また、数十人に一人という、決して低く無い割合で、麻酔が効かない人が存在します。

理由は様々ですが、この場合、多くの麻酔薬を必要とする為、合併症や副作用が強くなる危険がありますので、場合によっては行わないことも考えられるでしょう。

引用元-胃カメラの鎮静剤と全身麻酔!効かない場合も?副作用や費用、種類についても! | 健やか報知

まれな麻酔や鎮静剤の副作用

まれな副作用として、アレルギーや血圧低下、呼吸抑制などが起きることがあります。
薬剤の効果や副作用には個人差があり、その日の体調によっても変わります。
そのため病院では、麻酔や鎮静剤を投与した患者さんは、検査中と検査終了後も、呼吸循環動態をモニターし、安全を確保するので、心配しすぎる必要はないようです。
胃カメラ検査を受ける前日の食事は、夜9時までに軽めに済ませます。
お酒も避けてください。
検査当日は、朝食は摂りません。
のどが渇いている場合は、少量の水かスポーツドリンクを摂ってください。
たばこも吸わないでください。
検査後の食べ物はこってりしたものを避け、消化の良い煮物や、和食、麺類などが良いです。
検査を受けた日は、遠出などは避け静かに生活をします。

引用元-胃カメラ検査の麻酔の副作用について

副作用以外の胃カメラの注意事項

検査後の注意事項

□お食事

検査のあと1時間くらいは、のどに麻酔が効いています。1時間くらいたち、水を少量飲んでみて、むせないことを確かめてから食事をしてください。

□お車の運転

検査前に使用した注射の影響がしばらく残ります。1時間ほどクリニック内で静養してからお帰りください。鎮静剤の静脈注射をした方は、1日(24時間)お車の運転はしないでください。

□組織をとった方(生検した方)

まれに組織をつまんだ部位から出血することがあります。検査当日は激しい運動をせず、安静にしてください。飲酒や熱いお湯での入浴は、出血の原因となります。当日は禁酒とし、シャワー浴程度にとどめてください。食事は、検査後2時間くらいして、「おかゆ」や「うどん」のような消化のよいものをお摂りください。翌日からは、いつも通りで構いません。

引用元-胃内視鏡検査ってどんな検査? | 医療ポータルサイト

twitterの反応

 - 健康・美容