いつでもあなたのぷらすになる情報をお届けします

いつでもぷらす

ビニールクロスの床の掃除の方法を知ってピカピカに♪

   

ビニールクロスの床の掃除の方法を知ってピカピカに♪

ビニールクロスの床(クッションフロア)の掃除
の方法について調べてみました。
この方法でぴかぴかな床にしましょう♪

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

60代男性の香水まとめ。選び方からオススメ香水まで


良い匂いは男性女性問わず、その人の魅力になります...

体重が増えることが怖い・・・摂食障害へのサイン!


毎日体重計に乗り増減する体重の数値に一喜一憂され...

酵素サプリメントを摂取することでダイエット効果は?


酵素をサプリメントによって摂取することでダイエッ...

運動をするのなら毎日するべき?一日おきでも問題ない?


ダイエットのため、また健康のために運動をするのは...

血糖値の食後1時間の正常な値とは?糖尿病の時の値は?

あなたは大丈夫ですか?
食後1時間の血糖値で糖尿病...

浮気をしているか心配・・携帯を見る方法ってあるの?


恋人や配偶者の浮気を疑ったら確認したのが携帯です...

女性が男性の携帯を見る理由は何なのでしょうか?

女性が男性の携帯を見るという話しをよく耳にすると
...

スマホ依存症を治したい!携帯を見るのをやめたいなら


今の時代はスマホ携帯を持っている人がほとんです。...

彼氏の携帯を見るのをやめたいのにやめられない人へ


彼氏の携帯を見るのが悪いことだからやめたいと思っ...

聴くだけでできる?曲のキーを判別する方法とは?

ギターやピアノを弾く時に
楽譜がなくても曲のキーを...

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる?下げる?

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる方が良い
の...

イラストやマンガの絵を初心者が上手に描く書き方とは


初心者がイラストやマンガの絵を上手に描けるように...

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまった時の治療法とは

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまったら
恥ず...

リクシルのお風呂のザラザラした床のお掃除方法とは


リクシルのお風呂の床は冬でも冷たくならず

メンズベルトの贈り物をするには何サイズを選べばイイの?


彼や父親などにメンズベルトの贈り物をしたいけれど...

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは必要なのか?

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは
除菌しす...

トイレの便器の中に虫が!原因と駆除方法とは?


トイレの便器の中に虫がいると恐ろしすぎますよね・...

トイレの便器と床の隙間の掃除ってどうやるのでしょうか?


トイレの便器と床の隙間は汚れがたまりやすく

玄関やトイレのドアは内開きが良いの?外開きが良いの?


あなたの家の玄関やトイレのドアは内開きですか?<...

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがある

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがあるのを

スポンサーリンク


ビニールクロスの床は毎日こまめに掃除

クッションフロアを掃除する際には、基本的には中性洗剤を使うのが1番便利です。無垢材のフローリングや建材の床材などと比べて、普段の掃除やお手入れのしやすさはクッションフロアが1番お手軽な素材。掃除機をかけ、まず全体のほこりを取り除きます。その後薄めた食器用の洗剤を雑巾に含ませ、固く絞ってから床全体を拭き取ります。頑固な汚れになる前に、できれば毎日こまめにするのが理想です。

引用元-クッションフロアの掃除方法をおさらい!黒ずみなどの悩みを解決 | iemo[イエモ]

ビニールクロスの床の掃除は手間なし

1.日常的なケアには、他の床材よりもはるかに手間がかかりません。そこがクッションフロアという床材の大きなメリットでもあります。フローリング床などを拭くときと同じ方法で、ついでに拭き掃除をすれば充分です。

2.ただビニール製で静電気によるホコリ汚れが残りやすいため、フロアモップや掃除機をかけるだけでなく、雑巾がけといった拭き掃除をプラスした方が汚れが残りにくくなります。その際、洗剤分はなるべく残さないように気をつけてください。床面が滑りやすくなり、危険です。

引用元-クッションフロア(ビニール製)床掃除の仕方 [掃除] All About

場所別のビニールクロスの床の掃除方法

<トイレ・洗面所>
1.ホコリなどの汚れを取り除くため掃除機をかける。
2.固く絞ったぞうきんで、拭き掃除をする。トイレの場合、悪臭(アンモニア臭)の原因のひとつとして「男性が立ってする小便の跳ね返り」があげられます。これが床(または壁など)に付着し、嫌な臭いの元になります。このような場合、ぞうきんで床を拭きあげる前に、「クエン酸スプレー」を床に吹き付けると、「臭い汚れ」が緩むので、きれいに拭き上げることができます。クエン酸スプレーとは、粉状のクエン酸を水で溶かした「手作りエコ洗剤」のこと。粉状のクエン酸は100円ショップで購入することができます。水500ccに対してクエン酸25gをスプレーボトルに入れて作りましょう。

<キッチン>
1.ホコリなどの汚れを取り除くため掃除機をかける。
2.油汚れが気になるキッチンの床をキレイにするため、ぞうきんに「中性洗剤」を含ませ、お湯で固く絞る。それを使って拭き掃除をしていく。
※中性洗剤以外に、手軽なエコ洗剤「セスキ炭酸スプレー」「重曹スプレー」でもOK

引用元-キッチンや洗面所。汚れやすい「クッションフロア」のお掃除方法 | お掃除が好きになる

       

症状別のビニールクロスの床の掃除方法

黒ずみ

目地や隅にできる黒ずみは洗剤をつけてスポンジでこすっても汚れが取れない場合もあります。場合によっては、濡れ雑巾で拭くと汚れが傷や細かな穴から染み込んでシミにもなりかねません。黒ずみを取るいくつか方法をご紹介します。
汚れを浮かして拭き取るのがポイントのようです。

固く絞り洗剤をつけた雑巾をブラシにのせ、円を描くようにこすります。汚れを拭き取ります。
洗剤をスプレーしたティシュを1時間ほどおきその後、固く絞った雑巾で拭き取ります。
酵素を中心に配合された溶剤(オキシクリーンなど)を浸した雑巾をフロアの上に30分ほどおき、その後汚れを拭き取ります。
床ワックス剥離剤(ワックスはがし)を使い汚れを浮かし拭き取ります。

油汚れ

お掃除してもキッチンでこぼした油汚れが落ちない、べたつき感が残るという経験をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。クッションフロアはビニールコーティング加工してあるため、油性分やコーヒなどのシミはすぐに発泡層に染み込んでしまいますので、素早くふき取ります。

少量のベンジンにつけた雑巾で拭き取り、水で薄めた中性洗剤につけた雑巾で拭き取ります。外側から汚れの中心に向かってたたくように拭きます。最後に水拭きします。
スポンジに床用クリーナーを少量つけて拭き取り、ぬれた雑巾で拭きます。洗剤が残らないように再度拭きあげます。
洗剤を水で薄め重曹を入れてかき混ぜます。とろとろになったものをスポンジにつけてこすります。
重曹を床にまき水で薄めたお酢をスプレーします。泡立ちがあったら少しおいて拭き取ります。

黄ばみ・しみ

長時間、水に濡れた状態を放置などするとしみや色落ちの原因となります。しみは一度できると落ちないことが多いです。気がついたら素早くふき取りしてください。

傷・こげ跡

ペットの引っかき傷、タバコなどのこげ跡など、大きなものは難しいですが比較的小さなものであればご家庭でメンテナンスも可能です。
表面だけのこげ跡は、カット綿に補修財(シーム液)を5滴ほど垂らして少しおいて乾いた雑巾で軽く拭きます。跡が目立たなくなるまで3、4回を繰り返します。内部の奥深くまでこげている場合の補修はシーム液でも困難です。

ゴム汚染・変色

椅子の脚にはめる滑り止めゴムなどゴム素材がシートが触れることで変色し黄色や茶色になります。そうなると変色した部分を削り取るか、シートを貼り替えするしかありません。ゴムの使用を避けるか、紙をかませたり、あて布したり保護シートを敷くなどしてゴム素材が直接クッションフロアに触れないようにします。
粘着テープも同等の汚染が生じることがありますので、アクリル系粘着材をお勧めします。
また、長時間直射日光が当たる場所では、変退色する可能性がありますので、カーテンやブラインドなどで日よけしてください。

引用元-クッションフロアのお掃除・メンテナンス

感動した床のお掃除洗剤

私が感激したのが、オキシクリーンをクッションフロア(床)の掃除に使ったときでした。わが家のキッチンはクッションフロア(ビニール製の床材/フローリング調の柄)なのですが、表面の細かい凹凸の隙間(溝?)に汚れが入り込んでしまい、全体的に黒ずんでしまっているのが悩みでした。

多分、調理中に飛んだ油性の汚れ、子どもたちが裸足でペタペタ歩くので足裏の皮脂汚れなどが、黒ずみの原因だと思われます。今までも、いろんな洗剤(○イペット、○レンジクリーン、○イター、重曹、酢など)を試したり、スチームモップを使ったり、黒ずみ除去を試みたのですが、表面の汚れはなんとか取れても、凹凸の隙間(溝)に入ってしまった汚れが筋のようになって残ってしまうのです。

引用元-酸素系漂白剤「オキシクリーン」でクッションフロア(床)の黒ずみがピカピカに!

試行錯誤した結果、雑巾でパックするのがいちばん効果的だけれど、雑巾パックをしなくても、溶液を少しずつクッションフロアの上に流して、古ハブラシで溝の方向にこすると、おもしろいように溝の汚れが浮き上がってくることに気づきました。力を入れてゴシゴシやらなくても、なでるようにハブラシを動かすだけで、溝の中の汚れが剥がれて浮き上がってくるんです。

引用元-酸素系漂白剤「オキシクリーン」でクッションフロア(床)の黒ずみがピカピカに!

twitterの反応

 - 掃除