いつでもあなたのぷらすになる情報をお届けします

いつでもぷらす

咳の薬を病院で処方してもらっても長引く原因とは

      2016/11/26

咳の薬を病院で処方してもらっても長引く原因とは

病院で咳の薬を処方してもらっても
咳が長引くのはどうしてなのでしょうか?
咳が長引く場合はまた病院で違う薬を出してもらう
べきなのでしょうか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

60代男性の香水まとめ。選び方からオススメ香水まで


良い匂いは男性女性問わず、その人の魅力になります...

体重が増えることが怖い・・・摂食障害へのサイン!


毎日体重計に乗り増減する体重の数値に一喜一憂され...

酵素サプリメントを摂取することでダイエット効果は?


酵素をサプリメントによって摂取することでダイエッ...

運動をするのなら毎日するべき?一日おきでも問題ない?


ダイエットのため、また健康のために運動をするのは...

血糖値の食後1時間の正常な値とは?糖尿病の時の値は?

あなたは大丈夫ですか?
食後1時間の血糖値で糖尿病...

浮気をしているか心配・・携帯を見る方法ってあるの?


恋人や配偶者の浮気を疑ったら確認したのが携帯です...

女性が男性の携帯を見る理由は何なのでしょうか?

女性が男性の携帯を見るという話しをよく耳にすると
...

スマホ依存症を治したい!携帯を見るのをやめたいなら


今の時代はスマホ携帯を持っている人がほとんです。...

彼氏の携帯を見るのをやめたいのにやめられない人へ


彼氏の携帯を見るのが悪いことだからやめたいと思っ...

聴くだけでできる?曲のキーを判別する方法とは?

ギターやピアノを弾く時に
楽譜がなくても曲のキーを...

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる?下げる?

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる方が良い
の...

イラストやマンガの絵を初心者が上手に描く書き方とは


初心者がイラストやマンガの絵を上手に描けるように...

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまった時の治療法とは

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまったら
恥ず...

リクシルのお風呂のザラザラした床のお掃除方法とは


リクシルのお風呂の床は冬でも冷たくならず

メンズベルトの贈り物をするには何サイズを選べばイイの?


彼や父親などにメンズベルトの贈り物をしたいけれど...

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは必要なのか?

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは
除菌しす...

トイレの便器の中に虫が!原因と駆除方法とは?


トイレの便器の中に虫がいると恐ろしすぎますよね・...

トイレの便器と床の隙間の掃除ってどうやるのでしょうか?


トイレの便器と床の隙間は汚れがたまりやすく

玄関やトイレのドアは内開きが良いの?外開きが良いの?


あなたの家の玄関やトイレのドアは内開きですか?<...

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがある

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがあるのを

スポンサーリンク


咳の薬は飲まない方が良い?

咳止めを飲む前に、ちょっと知っておいて頂きたいことがあります。まず、咳というのは、鼻や口から気道に入ってしまったウイルスや病原菌など異物を体から外へ排除しようという働きです。基本的には気道に異物が入ったことが感知されると、脳の延髄という所から反射的に信号が出て、本人の意志とは無関係に咳が出るようになっています。

引用元-咳止めの市販薬の選び方は?医者が教える!知らないと怖い効果とリスクとは?|WELQ [ウェルク]

咳が重要な働きを持っているということがお分かり頂けたでしょうか?そうなると、本当に咳止めを飲むべきなのかという判断が難しくなってきますね。上記の呼吸器学会のガイドラインにもあるように、咳止めは治療するという意味では効果に乏しいようです。「咳」という症状を来す病気には、ただの風邪や気管支炎、喘息だけでなく、重篤な病気の可能性もあるため、咳だけ治してしまうと背後にあった病気が分からなくなってしまうこともあり得るのですね。こうなると、あまり咳止め薬は治療のためには飲む必要はなさそうです。ただ、そうは言っても、咳のために夜眠れなかったり、喉や頭が痛くなったり、食事が進まなくなってしまったり、と辛いこともありますよね。そういう時は、市販薬を使ってみてももちろんかまわないと思います。もちろん、ただの対症療法であることは十分承知の上で…。

引用元-咳止めの市販薬の選び方は?医者が教える!知らないと怖い効果とリスクとは?|WELQ [ウェルク]

病院の咳の薬が効かない場合

咳が止まらないので病院を受診して、咳止めの薬を処方してもらって飲んでみたが、全く咳が止まらない、薬が効かないということがあります。

わざわざ病院で処方してもらった薬なので、効かないはずはないと思ってさらに数日飲みつづけても全く改善しないような時には、そのことを医師に告げて他のタイプの種類を処方してもらうか、あるいはセカンドオピオンを求めてみるというのもよいでしょう。

それというのも、咳が止まらない病気というのはひじょうに多くあり、単なる内診のみでは咳の原因がはっきりとしないことが多いのです。そのため医師は汎用性がある薬を処方してくれますが、その成分が効かない病気であれば、当然処方薬といえども効果は出ません。

咳が激しく出て何日間もそのような状態が続くので、仕事や家事などに影響が生じるもあります。思い切って総合病院や大学病院などで、総合的な診断を受けてみることも良い方法です。

引用元-咳止めの薬が効かない場合はどうする?

薬を飲んでも長引く咳は再度病院へ

             

<3週間以内の場合>

咳が続いている期間が3週間の場合で、感冒様症状(くしゃみ、発熱、鼻づまりなど風邪の症状)、咳の症状が軽くなっている、周囲に同様の症状の人がいる、性状の変化する膿性痰(膿がからむ痰)のいずれかの症状が当てはまれば、感染性の咳の病気が疑われます。
その際に咳の強度がピークを過ぎている場合は、咳を鎮める薬などの対症療法によって経過観察されます。咳の強度がピークを過ぎていない場合は、肺炎や結核などの感染症やその他の肺の病気を鑑別するために胸部X線検査や血液検査などを行います。感染の原因の菌がわかれば、その菌に有効な抗生物質などで治療します。

引用元-咳が止まらない時の原因は!?考えられる病気の3つの見分け方 | いしゃまち

<3週以上、痰を伴う咳(湿性咳嗽)を起こす場合>
3週間以上痰を伴う咳が続く方で、長期にわたって喫煙をされている方は、慢性閉塞性肺疾患(COPD)である可能性があります。タバコの煙によって、肺が傷つきやすい体質の人に出る病気で、病気が進行すると日頃から痰、咳、息切れといった症状が慢性的に出ます。COPDは、呼吸器学会の調査によると500万人以上の患者がいると推計されていますが、治療を受けている人は一部にとどまっています。
痰を伴う咳の場合は、その他に喘息、気管支拡張症、副鼻腔気管支症候群、慢性の鼻炎に伴う場合があります。ごく稀に結核、肺がんなど重度の病気が関わっていることもあるため、8週間以上続く場合は早期に呼吸器内科を受診することをおすすめします。

引用元-咳が止まらない時の原因は!?考えられる病気の3つの見分け方 | いしゃまち

その他の長引く咳の原因

1.2週間以上頑固な咳(せき)が止まらない
風邪が治ってからも2週間以上咳(せき)が止まらない場合は、気管支結核の可能性があります。 肺結核の場合は咳(せき)が主症状になることは少ないのですが、気管支結核の場合の主症状は2週間以上続く頑固な咳(せき)です。ほかにも血痰(けったん)や発熱、疲労感などがあります。

引用元-夜の咳を止めたい人必見! 病気でない咳を止める方法

2.ケンケン・コンコンと乾いた咳(せき)が出る
乾いた咳(せき)が続いている場合は、マイコプラズマの可能性を疑いましょう。 マイコプラズマとは、2011年に流行(りゅうこう)した感染症で、マイコプラズマ病原体が原因です。乾いた咳(せき)が3週間以上続くと感染を疑ってください。マイコプラズマの症状として、以下のようなものがあります。

・長期間続く咳(せき)
・喉の痛み
・発熱

幼児の場合は風邪程度で済みますが、小学生以上の人が感染すると肺炎になる場合があるので注意しましょう。

引用元-夜の咳を止めたい人必見! 病気でない咳を止める方法

3.乾いた咳(せき)が続き、特に夜や明け方にひどくなる
咳喘息(せきぜんそく)の可能性があります。 咳喘息(せきぜんそく)とは、慢性的に咳(せき)が続く病気です。温度差・ストレス・ほこり・ダニなどのハウスダストが原因でなるとされています。 症状としては、一般的な喘息(ぜんそく)と同じで気道が狭くなり、刺激に対して敏感になって出る咳(せき)です。また、1か月以上空咳(からぜき)が続き、夜間から明け方にひどくなる事が多いのが特徴。 発熱や呼吸困難になることはほとんどありませんが、喘息(ぜんそく)の前段階とされています。放っておくと喘息(ぜんそく)になることがあるため注意が必要です。ハウスダストなどを減らすことで軽減することができます。

引用元-夜の咳を止めたい人必見! 病気でない咳を止める方法

子供の長引く咳で病院受診の体験談

子供の咳が治まらず小児科と耳鼻科の両方受診しました
我が家には幼稚園年長の娘がいるのですが、発熱はしていないのに咳が長引く事があり、とても心配した事があります。咳は3日ほど続き、咳止めの常備薬で様子を見ていたのですが、一向に良くならない為かかりつけの小児科に行きました。病院では風邪との診断を受け飲み薬を処方されました。
薬を飲むと病院に行く前よりは咳の回数は減っていきましたが、夜になると鼻が詰まる感じで、苦しそうに咳き込んだりしていたので一度耳鼻科の方も受診してみようと思い娘を連れて行きました。耳鼻科では鼻や喉を診察してもらい、痰を出やすくし鼻の通りを良くしてくれる薬を4日分ほど出してくれました。
先生には2~3日薬を飲んでも改善しないようならもう一度受診して下さいと言われましたが、処方された薬を飲みきる頃には咳も徐々に治まり、夜もぐっすり眠れるようになったので一安心しました。結果的に耳鼻科の薬が効いたのかなと思いますが、肺炎などの心配もあるので小児科も受診しておいて良かったと思っています。

引用元-【子供の咳が長引く】病院受診のタイミングと咳の原因15 – マーミー

薬を服用しても治らない…別の病院で「咳喘息」と診断
まずは、咳と鼻水が出始め風邪の症状だと思いました。まだ病院は受診しなかったのですが、その後発熱したのでこのタイミングで病院に行きました。咳の出始めから3日くらい経過していました。そして一般的な風邪の薬を処方されたので5日間きっちり服用しましたが、咳が収まりませんでした。
日中は少なくなるものの朝晩(特に寝入るときと明け方)にひどくなり、本人も苦しそうだったので再度同じ病院を受診。そしてまた同じ咳止めを処方されました。
でもやはり収まらないので翌日に大きな病院を受診すると『咳喘息』と診断され、その場で吸引してもらい楽になったところでぜんそく用の薬を処方されました。それで治りました。

引用元-【子供の咳が長引く】病院受診のタイミングと咳の原因15 – マーミー

twitterの反応

 - 肺・呼吸器の健康