いつでもあなたのぷらすになる情報をお届けします

いつでもぷらす

子供の皮膚トラブルの原因とは?どんな症状が出るの?

      2016/11/30

子供の皮膚トラブルの原因とは?どんな症状が出るの?

幼い子供に起きやすい皮膚トラブルは
どんな症状で何が原因なのでしょうか?
主な症状と対処法について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

60代男性の香水まとめ。選び方からオススメ香水まで


良い匂いは男性女性問わず、その人の魅力になります...

体重が増えることが怖い・・・摂食障害へのサイン!


毎日体重計に乗り増減する体重の数値に一喜一憂され...

酵素サプリメントを摂取することでダイエット効果は?


酵素をサプリメントによって摂取することでダイエッ...

運動をするのなら毎日するべき?一日おきでも問題ない?


ダイエットのため、また健康のために運動をするのは...

血糖値の食後1時間の正常な値とは?糖尿病の時の値は?

あなたは大丈夫ですか?
食後1時間の血糖値で糖尿病...

浮気をしているか心配・・携帯を見る方法ってあるの?


恋人や配偶者の浮気を疑ったら確認したのが携帯です...

女性が男性の携帯を見る理由は何なのでしょうか?

女性が男性の携帯を見るという話しをよく耳にすると
...

スマホ依存症を治したい!携帯を見るのをやめたいなら


今の時代はスマホ携帯を持っている人がほとんです。...

彼氏の携帯を見るのをやめたいのにやめられない人へ


彼氏の携帯を見るのが悪いことだからやめたいと思っ...

聴くだけでできる?曲のキーを判別する方法とは?

ギターやピアノを弾く時に
楽譜がなくても曲のキーを...

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる?下げる?

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる方が良い
の...

イラストやマンガの絵を初心者が上手に描く書き方とは


初心者がイラストやマンガの絵を上手に描けるように...

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまった時の治療法とは

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまったら
恥ず...

リクシルのお風呂のザラザラした床のお掃除方法とは


リクシルのお風呂の床は冬でも冷たくならず

メンズベルトの贈り物をするには何サイズを選べばイイの?


彼や父親などにメンズベルトの贈り物をしたいけれど...

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは必要なのか?

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは
除菌しす...

トイレの便器の中に虫が!原因と駆除方法とは?


トイレの便器の中に虫がいると恐ろしすぎますよね・...

トイレの便器と床の隙間の掃除ってどうやるのでしょうか?


トイレの便器と床の隙間は汚れがたまりやすく

玄関やトイレのドアは内開きが良いの?外開きが良いの?


あなたの家の玄関やトイレのドアは内開きですか?<...

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがある

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがあるのを

スポンサーリンク


子供の皮膚はデリケート

理想の皮膚を「赤ちゃん肌」と呼ぶように、子どもの皮膚は憧れの対象としてイメージされることが多いようです。しかし、赤ちゃんを含め子どもの皮膚は、じつはとてもデリケート。ちょっとした環境の変化によっても刺激を受け、湿疹・皮膚炎などを生じやすいのです。
人間の皮膚は、もっとも外側にある角質層が持つ「保湿機能」と「バリア機能」によって健やかな状態を保っています。この2つの機能はおもに皮脂、天然保湿因子(natural moisturizing factor :NMF)、細胞間脂質によってコントロールされていますが、子どもの皮膚は未発達なため、これらの成分が充分に維持されていません。
生後間もない乳児は、母体から分泌されるホルモンの影響が残っているため、一時的に皮脂の分泌が活発ですが、その後、成長するにつれ皮脂の分泌量が減っていきます。皮膚のうるおいを保つ天然保湿因子や、バリア機能を保つ細胞間脂質も少ない状態です。
そもそも子どもの皮膚は、大人の半分程度の厚みしかありません。その上、汗を分泌する汗腺の数は、大人とほぼ同じ。子どもは小さな体に大人と同じだけの汗腺が密集して、「汗かき」状態になるのです。
このように、子どもの皮膚は外界からのさまざまな刺激によりトラブルを起こしやすく、そばにいる大人が注意深く観察してあげることが大切です。

引用元-子どもの湿疹・皮膚炎~正しく知って適切に対処しよう|教えて薬剤師さん|ヒフノコトサイト|田辺三菱製薬

乳児期の皮膚トラブルの症状と対処法

乳児湿疹は、紅斑(赤くなる)から丘疹、小水ほう、膿ほう(うみのような水ほう)、うろこ状のかさぶたの形成など、さまざまな皮膚の変化を起こす特徴があります。
じくじくと湿った感じがあり、頬から始まることが多く顔面や額に広がります。
ときにはからだや手足にも広がります。
かゆみがあるため、手をもってゆき傷をつくりやすく、びらんや感染を起こすことがあります。
生後2~3ヶ月から2歳頃まで続くことがあり、これをアトピー性皮膚炎の乳児期のものと考える人もいます。

引用元-乳児湿疹と乳児脂漏性皮膚炎|写真で見る「子どもの病気」 – 町医者の家庭の医学

乳児脂漏性皮膚炎は、生後1~4ヶ月頃にでやすく、頭部とくに前頭部から頭頂部に黄色がかったうろこ状の皮膚炎が生じます。
やや乾いた感じでしだいに拡大しやすくなります。
額やまゆげ、鼻にもできやすくなります。
かゆみは乳児湿疹のように強くありません。
新生児では皮脂腺の働きが活発で、皮脂の分泌が多く脂漏性(しろうせい)を示します。
これは生後4ヶ月くらいになると減少してきます。
かさぶた様の皮膚のかすをワセリンなどをやや厚く塗り、柔らかくしてからオリーブ油でしめらせて、入浴で洗い流します。
石けんの使用も有用です。
安易にステロイド軟膏をぬらないことが大切です。

引用元-乳児湿疹と乳児脂漏性皮膚炎|写真で見る「子どもの病気」 – 町医者の家庭の医学

乳児期の子供の皮膚の感染症

とびひ(伝染性膿痂疹)

とびひは、かゆみを伴う水ぶくれができます。水ぶくれは2~3日で急速に大きくなり、大豆からクルミくらいの大きさになります。水ぶくれは破れやすく、中から汁が出てジクジクただれた状態になります。この水ぶくれの汁が離れた場所の皮膚について次々と感染していくので“とびひ”といわれています。夏に多くみられ、アトピー性皮膚炎のお子さんはかかりやすいといわれています。
小さな傷や虫さされあとを爪でひっかいたところから、主に化膿菌である黄色ブドウ球菌が侵入して起こり、全身にできます。幼児期に多くみられます。

治療には、抗生物質の内服や軟膏が使用されます。抗生物質は、病気の原因となっている細菌を退治する大変重要なお薬です。治療すると、ジクジクとただれていたところが、乾いてかさぶたができ、はがれ落ちた後は、跡が残りません。
伝染力が強く、他のお子さんに移りやすいので、接触させないように注意しましょう。

引用元-こどもの皮膚感染症のおはなし | 病気の知識 | 患者・ご家族の皆さま | シオノギ製薬(塩野義製薬)

  

あせものより(乳児多発性汗腺膿瘍)
乳幼児に多くみられる“あせも”は、汗で皮膚の表面がふやけたり、汗の出る管(孔)が汚れなどで詰まるとできる、かゆい赤いブツブツです。そのあせもをかきむしると、化膿菌である黄色ブドウ球菌などの感染が起き、“あせものより”(乳児多発性汗腺膿瘍)になります。頭や顔に、小豆大の硬いしこりができ、だんだん大きくなって赤くなり、盛りあがってきます。1ヵ所だけでなく、一度に何ヵ所もできたり、次々にできたりすることが多いのが特徴です。
痛みがあり、リンパ節がはれることもあります。アトピー性皮膚炎のお子さんは、かかりやすいといわれています。
治療には抗生物質を内服します

引用元-こどもの皮膚感染症のおはなし | 病気の知識 | 患者・ご家族の皆さま | シオノギ製薬(塩野義製薬)

         

乳児期の子供によく起こる症状

突発性発疹は、突然38度を超える発熱が見られ、それが生まれて初めての発熱となる赤ちゃんも多くいますが、発疹が現れるのは、この熱が下がりかけるころからであるのが普通です。
下痢や嘔吐などを併発することもあり、驚く親もいると思われます。
実は突発性発疹の症状が数日続いても機嫌が良く、食欲もあることが多いのです。
特に予防注射などの対策をとる自治体はなく、症状が現れる年齢が低いことから学校指定の伝染病などでもありません。

引用元-子供がよくでる皮膚の病気になる時の症状は? | 病気大辞典

どんな症状もまずは小児科へ

小児科は子どもの病気の専門です。子どもは大人と体の仕組みが異なるので、専門知識を持った医師でなければ見抜けない病気もたくさんあります。
また薬の処方についても、小児科医は赤ちゃんのプロフェッショナルです。安心して治療が受けられる存在ですね。
小児科では赤ちゃんに起きやすい乳児湿疹やあせも・おむつかぶれや、小さな子どもに起きやすい水いぼなど基本的な肌のトラブルなら充分対応できます。
さらに突発性発疹や水疱瘡・はしかといった、肌に症状が出る内臓の病気も専門的に治療できます。
普段から定期健診や予防接種で訪れていてカルテが保管されているので、赤ちゃんの病歴を先生がきちんと把握してくれていることも魅力的ですね。
古い小児科でママやパパが昔通っていたり、兄弟もみんな通っているという場合は、より心強い育児の相談窓口になってくれるでしょう。

引用元-小児科か皮膚科かどっち?子供の湿疹で迷う時の受診判断方法 | MARCH(マーチ)

皮膚症状で一度小児科にかかったけれど、症状が改善しなかったり悪化しているように見える場合があります。
こういった場合は、皮膚の専門家である皮膚科を受診してみましょう。小児科でおすすめの皮膚科を紹介してくれることもあります。

引用元-小児科か皮膚科かどっち?子供の湿疹で迷う時の受診判断方法 | MARCH(マーチ)

twitterの反応

 - 子供の肌の健康, 赤ちゃんの健康