いつでもあなたのぷらすになる情報をお届けします

いつでもぷらす

足の甲が腫れるのは骨折?入院は必要なのでしょうか?

      2016/12/06

足の甲が腫れるのは骨折?入院は必要なのでしょうか?

足の甲が腫れる原因は骨折なのでしょうか?
足の甲が骨折した場合は入院と手術が必要なの
でしょうか?足の甲の骨折についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

60代男性の香水まとめ。選び方からオススメ香水まで


良い匂いは男性女性問わず、その人の魅力になります...

体重が増えることが怖い・・・摂食障害へのサイン!


毎日体重計に乗り増減する体重の数値に一喜一憂され...

酵素サプリメントを摂取することでダイエット効果は?


酵素をサプリメントによって摂取することでダイエッ...

運動をするのなら毎日するべき?一日おきでも問題ない?


ダイエットのため、また健康のために運動をするのは...

血糖値の食後1時間の正常な値とは?糖尿病の時の値は?

あなたは大丈夫ですか?
食後1時間の血糖値で糖尿病...

浮気をしているか心配・・携帯を見る方法ってあるの?


恋人や配偶者の浮気を疑ったら確認したのが携帯です...

女性が男性の携帯を見る理由は何なのでしょうか?

女性が男性の携帯を見るという話しをよく耳にすると
...

スマホ依存症を治したい!携帯を見るのをやめたいなら


今の時代はスマホ携帯を持っている人がほとんです。...

彼氏の携帯を見るのをやめたいのにやめられない人へ


彼氏の携帯を見るのが悪いことだからやめたいと思っ...

聴くだけでできる?曲のキーを判別する方法とは?

ギターやピアノを弾く時に
楽譜がなくても曲のキーを...

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる?下げる?

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる方が良い
の...

イラストやマンガの絵を初心者が上手に描く書き方とは


初心者がイラストやマンガの絵を上手に描けるように...

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまった時の治療法とは

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまったら
恥ず...

リクシルのお風呂のザラザラした床のお掃除方法とは


リクシルのお風呂の床は冬でも冷たくならず

メンズベルトの贈り物をするには何サイズを選べばイイの?


彼や父親などにメンズベルトの贈り物をしたいけれど...

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは必要なのか?

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは
除菌しす...

トイレの便器の中に虫が!原因と駆除方法とは?


トイレの便器の中に虫がいると恐ろしすぎますよね・...

トイレの便器と床の隙間の掃除ってどうやるのでしょうか?


トイレの便器と床の隙間は汚れがたまりやすく

玄関やトイレのドアは内開きが良いの?外開きが良いの?


あなたの家の玄関やトイレのドアは内開きですか?<...

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがある

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがあるのを

スポンサーリンク


足の甲の骨折は入院が必要?

足の甲を骨折した場合、手術が必要・手術は不要の2パターンがあります。どちらにしても、まずはギプスと添え木で元の正しい位置で骨を固定して、しっかりつながるまで、1~2ヵ月は足を使わないようにする必要があるんです。 固定したとはいえ、足を使ってしまうと、先ほどお話ししたように、足に自分の体重がかかり、また折れてしまう可能性がありますよね。 治るスピードは人によって違うので絶対ではありませんが、足の甲を骨折した場合は3ヵ月程度の時間がかかります。時間が経つと悪化していくので、変だと思ったらすぐに病院を受診するのが良いでしょう。 骨折して入院などすると、筋肉や他の関節が衰えてしまいますが、それをカバーするためのリハビリがあるので、面倒がらずに励んでもらいたいですね。

引用元-足の甲を骨折した時の完治までの道のり。日常生活はどうなる?

足の甲の骨折のギプスや入院期間

ギプス期間は?

足の骨折の治療期間は個人差がありますが、一般的には足の甲の骨折や足の指の骨折では、3週間から4週間くらいのギブス固定が必要だと言われます。その他に、外来通院が必要になります。
太ももの骨の骨折の場合は、手術の後に1週間から3週間でリハビリを開始し、足首の骨の骨折の場合は3週間から4週間でリハビリを開始することが多いようです。

入院期間は?

実際に足を骨折してしまった場合の入院期間や治療期間には、個人の年齢によって大きな差があります。子どもの場合は成長する時期ですので、放置すると発育に支障が出る場合があります。
子どもは免疫能力が高いので適切な治療とリハビリを行えば、6ヵ月ほどで完治するようです。しかし、高齢者の場合は骨折により著しい筋力低下の状態となり、治癒能力も衰えてしまうことが多くなりますので、治癒期間が通常の2倍から3倍もかかることもあります。

引用元-足を骨折してギプスが必要になった時の不安を解消!入院や期間を解説

衝撃による足の甲の骨折と治療期間

高いところからつま先で着地したり、重いものが足の甲に落ちたり、布団などにつまづくなどして思わぬところで足の甲を骨折してしまうことがあります。
とくに高齢者は足の上がりが悪いので、つまづくことに注意が必要です。家の中の些細な段差にも気をつけなければなりません。
疲労骨折と大きく違うのは、骨折したその瞬間から強い痛みが出るというところです。患部が赤く腫れあがったりします。
治療は、まず腫れが落ち着いてきたらマッサージや温熱療法をします。そして足の関節を真っ直ぐにして、太もも辺りからギブスで固定します。
3週間くらいで骨が融合してきます。8週間くらいで足底板と包帯がはずれ、12週間くらいで完治します。
長期間固定をすると足の筋肉が減るので、歩くのが困難になります。そのため、ギブスがはずれたら少しずつ足を動かすリハビリをはじめます。

引用元-足の甲の骨折の治療法と全治までの期間 – メディカルエンジン

足の甲の疲労による骨折とは

疲労骨折は、運動による過度の負荷が、継続的に加わることで発症する怪我です。
強い衝撃によって突発的に骨折するわけではなく、小さな衝撃が繰り返し加わることでダメージが蓄積して発症します。

引用元-足の甲の痛みや腫れ!疲労骨折以外の原因は?

リスフラン関節捻挫とは、中足骨と足根骨をつないでいる関節内の靭帯に損傷が起こる障害です。(

引用元-足の甲の痛みや腫れ!疲労骨折以外の原因は?

ジャンプして着地するときのように、つま先立ちの状態で過度な負荷がかかったり、指を反らせて地面から強い衝撃を受けるときに起こりがちです。激しい動きによる衝撃や捻り動作がある、激しいスポーツをしている方に多い疾患です。

引用元-足の甲の痛みや腫れ!疲労骨折以外の原因は?

長時間歩いたり負荷のかかる運動をすると、腱鞘を痛めて腱鞘炎(けんしょうえん)になることがあります。
特に多いのが、足に合わない靴を履いて長時間歩いたり走ったりすること。合わない靴を履いているとバランスが悪く、腱鞘や筋肉に変な力が入ってしまうからです。腱鞘炎だけでなく、筋肉痛を伴うこともあります。

引用元-足の甲の痛みや腫れ!疲労骨折以外の原因は?

足の甲に痛みがあったり腫れているときは、安静にすることが大切です。というのも、痛みが強くないからといって運動を続けていると、症状が悪化することが多いからです。

引用元-足の甲の痛みや腫れ!疲労骨折以外の原因は?

足の甲の骨折の入院治療中のリハビリ

骨折治療中のリハビリ
______________________________

骨折した箇所をギプスなどで固定している期間中もリハビリは行えます。
固定している足の甲は動かせませんが、固定されていない足全体を動かす、手指をぐーぱーと動かす、程度の運動なれば支障なく行えます。

「骨折した場所と違うところを動かしても意味がないのではないか」と疑う方もいらっしゃるかも知れませんが、全身の血行をよくすることが重要なので、やっておきましょう。

骨折治療後のリハビリ
______________________________

しばらく使わないと筋肉は萎縮したり間接が固まって動きにくくなります。
骨折した足の甲の骨が完全に繋がったら、筋肉と関節をほぐすリハビリを行います。

リハビリは関節や筋肉が衰えたために行うものなので、もしも骨折前と比べ体力が落ちていない場合は特別なリハビリを行わないこともあります。

また歩き方や姿勢に問題がある場合は、治ったばかりの足の甲に負担がかかり疲労骨折を起こしやすくなっています。その場合、歩き方を矯正します。

引用元-足の甲の骨折の治療法はコレ!全治までの期間も教えて! | ヘルスケアPOCKET【病気の症状・原因・治療法を解説】

twitterの反応

 - 足の健康