いつでもあなたのぷらすになる情報をお届けします

いつでもぷらす

風邪薬を処方してもらったら飲み方の注意点はあるの?

   

風邪薬を処方してもらったら飲み方の注意点はあるの?

風邪薬を処方してもらったら安心と思って
いませんか?
薬の飲み方にも気を付けなくてはいけなことが
あります。風邪薬について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

60代男性の香水まとめ。選び方からオススメ香水まで


良い匂いは男性女性問わず、その人の魅力になります...

体重が増えることが怖い・・・摂食障害へのサイン!


毎日体重計に乗り増減する体重の数値に一喜一憂され...

酵素サプリメントを摂取することでダイエット効果は?


酵素をサプリメントによって摂取することでダイエッ...

運動をするのなら毎日するべき?一日おきでも問題ない?


ダイエットのため、また健康のために運動をするのは...

血糖値の食後1時間の正常な値とは?糖尿病の時の値は?

あなたは大丈夫ですか?
食後1時間の血糖値で糖尿病...

浮気をしているか心配・・携帯を見る方法ってあるの?


恋人や配偶者の浮気を疑ったら確認したのが携帯です...

女性が男性の携帯を見る理由は何なのでしょうか?

女性が男性の携帯を見るという話しをよく耳にすると
...

スマホ依存症を治したい!携帯を見るのをやめたいなら


今の時代はスマホ携帯を持っている人がほとんです。...

彼氏の携帯を見るのをやめたいのにやめられない人へ


彼氏の携帯を見るのが悪いことだからやめたいと思っ...

聴くだけでできる?曲のキーを判別する方法とは?

ギターやピアノを弾く時に
楽譜がなくても曲のキーを...

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる?下げる?

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる方が良い
の...

イラストやマンガの絵を初心者が上手に描く書き方とは


初心者がイラストやマンガの絵を上手に描けるように...

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまった時の治療法とは

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまったら
恥ず...

リクシルのお風呂のザラザラした床のお掃除方法とは


リクシルのお風呂の床は冬でも冷たくならず

メンズベルトの贈り物をするには何サイズを選べばイイの?


彼や父親などにメンズベルトの贈り物をしたいけれど...

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは必要なのか?

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは
除菌しす...

トイレの便器の中に虫が!原因と駆除方法とは?


トイレの便器の中に虫がいると恐ろしすぎますよね・...

トイレの便器と床の隙間の掃除ってどうやるのでしょうか?


トイレの便器と床の隙間は汚れがたまりやすく

玄関やトイレのドアは内開きが良いの?外開きが良いの?


あなたの家の玄関やトイレのドアは内開きですか?<...

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがある

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがあるのを

スポンサーリンク


病院の処方薬と市販薬

病院では必要ならば薬が処方され、数種服用することも多い
病院で診察をうけると、そのときの症状に合わせて必要であればお薬が処方されます。
「感冒剤」という分類のいくつかの成分が混ざった配合剤も存在しますが、市販薬と違って全てのかぜ症状に対応しているわけでないので、さらに症状によって薬が追加になることもあります。また、感冒剤は出さずに、症状毎に薬を足して処方される場合もあります。

引用元-風邪?その時どう動いたらいいの?~処方薬と市販薬の違いまで | いしゃまち

市販薬では一番自分にマッチしたものを1種類選ぶ

市販薬のかぜぐすりは、複数の成分を配合していて様々な症状をカバーできるように作られているものがほとんどです。
最近は、総合感冒薬でも症状に合わせ一部の成分を強化した市販薬もあります。
ほぼ全てに、解熱消炎鎮痛剤(熱・のどの痛み腫れ・関節痛など)、抗ヒスタミン剤(鼻水・くしゃみ)、咳止めが含まれていますので、総合感冒薬と共に他に解熱剤などを併用してはいけません。ただし、うがい薬やトローチなどの追加は可能です。
市販薬は品揃えの良い店では本当に沢山のかぜ薬があります。薬局・薬店の薬剤師、登録販売者に相談して選ぶのがオススメです。

引用元-風邪?その時どう動いたらいいの?~処方薬と市販薬の違いまで | いしゃまち

お医者さんは風邪薬を飲まない?

10人の医師に聞いてみた
医師である妻と、僕の友人医師9人に「風邪ひいた時に風邪薬飲む?」って聞いた回答が以下。

・必ず飲む・・・・・・・・・・・・・・・・0人
・症状が辛い時だけ飲むが基本は飲まない・・2人
・飲まない・・・・・・・・・・・・・・・・8人

はい。本当に風邪薬は飲んでいないようです。
どうして飲まないのか聞いたところ、「意味が無い」「治りが遅くなる」「ボーっとするから」「眠くなる」「風邪を治す薬は無い」などの回答でした。
どうしようもなく辛くて症状を緩和させたい日だけ、風邪薬を飲むことはあるそうです。お医者様は人手不足で簡単に休めませんからねぇ・・。

引用元-医師が風邪薬を処方する本当の理由

医師たちから聞いた風邪薬を処方する本当の理由が以下。
風邪を早く治すには、食べて沢山寝ることが良いのはその通り。
でも、熱が高かったり喉が痛いと食欲が無くて食べられない事もあるし、ぐっすり眠れないことだってあるんです。
そういう場合は薬で症状を和らげた方が、しっかりご飯を食べられるし、ぐっすり眠れて風邪の回復が早くなるんです。
大人の場合は理性があるから、症状が辛くても薬無しでご飯をしっかり食べることも出来ますが、特に子供の場合はそうはいきません。
子供は正直だから、熱が高くて喉が痛いと、ご飯を食べてくれないんです。でも薬で症状を和らげてあげると、食べるし眠ります。
大人だって風邪ひいても仕事を休めないことがあるでしょう。症状が辛いとまともに仕事は出来ません。その為に、症状に合った薬を処方してます。
NAVERまとめ記事を読んだ大人があの内容を一方的に信じてしまって、風邪をひいても子供を病院に連れて行かない親が出てくるんじゃないかと心配です。
【僕の妻と友人医師達の意見を要約して記載】

引用元-医師が風邪薬を処方する本当の理由

間違えると怖い薬の使い方

 薬は、使い方を知らなかったり、間違えたりすると危険なこともあります。あなたは、こんな使い方をしていませんか。

病院でもらった風邪薬が残りました。家庭用にとっておきたいのですが、いいのでしょうか?

どこの家庭にも、病院でもらった薬が残っているのではないでしょうか。もったいないとか、家族が同じ病気になったときに…と思いがちですが、薬にも使用期限があります。とくに病院の処方薬は一般に、市販薬とくらべて使用期限が短くなっています。 また病院の薬は、あなた用に処方されたもので、家族や友人が使えるものではありません。実際に、奥さんが病院でもらった風邪薬の残りをご主人が使用し、アレルギーを起こして重体におちいった事故もあります。子供が誤って飲む可能性もあるので、病気が治ったら、早めに捨てるようにしてください。

薬を飲み忘れたのですが、次の服薬時間に2回分を飲めばいいですか?

 市販薬の場合には、「飲み忘れに早めに気がついたなら、そのときに飲む」「次の服薬時間が近いなら、それまで待って1回分を飲む」のが一般的な解決法です。ただし薬を飲む間隔は、4時間以上あけてください。病院で処方された薬の場合は、薬や病気の種類によって対応の仕方が違うので、医師にたずねてください。 市販薬であろうと処方薬であろうと、自分の判断で2回分を一度に飲むことは危険なのでしてはいけません。

病院で注射をしてもらったら症状がよくなりました。飲み薬も処方されたのですが、飲む必要はありますか?

 注射薬は速く効くかわりに、持続時間が短いのが特徴です。そのため一時的によくなったように感じても、そのままでいると症状がぶり返し、悪化してしまうことが少なくありません。注射のほかに飲み薬も処方された場合は、油断せずに決められた期間は飲むようにしてください。

ダイエットに効く薬はありますか?

 肥満症の治療薬をのぞくと、ダイエット用の薬というのはありません。下剤や利尿剤をダイエットに使用する女性がいますが、こうした薬にはダイエット効果は認められていません。 むしろ栄養障害を起こしたり、副作用を誘発したりして、体調をくずしかねません。また薬物の依存症におちいる危険性もあります。ダイエットなど、本来の目的以外のことで薬を使用するのは絶対にやめましょう。

引用元-薬の上手な使い方、危険な使い方

処方された風邪薬の注意点

風邪薬に配合されている成分は、胃腸薬や頭痛薬、乗り物酔いの酔い止め薬など、他の市販薬にも多く配合されています。
つまり、たとえば風邪薬と胃腸薬を一緒に飲んだりすると、成分が重複することがあり、それによって副作用が強く出てしまうこともあるのです。
また、医師の治療を受けていて、お薬を処方されている方の場合は、風邪薬が服用中の薬の効き目を悪くしてしまったり、逆に効果を強めてしまったりすることもありますので、市販の風邪薬を安易に飲むのではなく、かかりつけの医師に相談することをお勧めします。

引用元-風邪薬の副作用と注意点|知りたい!市販薬

子供に処方された風邪薬も気を付けましょう

|抗生物質は容易に服用しない
ウイルス感染が原因の風邪に対して、抗菌剤の服用を安易に繰り返してしまうと、細菌が抗生物質に対して耐性をつけてしまうことがあります。また、抗生物質が体内の常在菌(善玉菌)を攻撃してしまうケースもあるので注意が必要です。
もし、細菌感染症の予防などの目的で医師から抗菌剤が処方された場合には、決められた量・回数を守り、服用後にアレルギー反応が出ていないかどうか、パパやママがよく気をつけて見てあげてくださいね。

|症状緩和の薬も濫用しない
風邪をひいたときに咳や鼻水が出るのは、ウイルスに対する自然な免疫反応でもあります。症状緩和のために、対症療法としてむやみに薬を飲んでしまうと、体の免疫力がつかず、かえって風邪をひきやすくなってしまう可能性があるので、服用量や頻度に気をつけましょう。
風邪薬を飲む前に、まずは子供の症状を観察することが大切です。熱が出ていても、元気に遊んでいたり、食事を摂ったりできる場合には、薬を飲ませる前に少し様子を見た方が良いでしょう。判断に迷うときには、小児科で受診すると安心ですね。

引用元-子供に風邪薬は必要?注意点は?風邪薬に頼らないようにするには? – こそだてハック

twitterの反応

 - 薬について