いつでもあなたのぷらすになる情報をお届けします

いつでもぷらす

読書家の人の本を読むペースはどのくらいなのでしょうか?

   

読書家の人の本を読むペースはどのくらいなのでしょうか?

読書家の人ってどのくらいのペースで本を読んでいる
のでしょうか?
本を読むのが遅い人でも早く読むコツはあるのでしょうか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

60代男性の香水まとめ。選び方からオススメ香水まで


良い匂いは男性女性問わず、その人の魅力になります...

体重が増えることが怖い・・・摂食障害へのサイン!


毎日体重計に乗り増減する体重の数値に一喜一憂され...

酵素サプリメントを摂取することでダイエット効果は?


酵素をサプリメントによって摂取することでダイエッ...

運動をするのなら毎日するべき?一日おきでも問題ない?


ダイエットのため、また健康のために運動をするのは...

血糖値の食後1時間の正常な値とは?糖尿病の時の値は?

あなたは大丈夫ですか?
食後1時間の血糖値で糖尿病...

浮気をしているか心配・・携帯を見る方法ってあるの?


恋人や配偶者の浮気を疑ったら確認したのが携帯です...

女性が男性の携帯を見る理由は何なのでしょうか?

女性が男性の携帯を見るという話しをよく耳にすると
...

スマホ依存症を治したい!携帯を見るのをやめたいなら


今の時代はスマホ携帯を持っている人がほとんです。...

彼氏の携帯を見るのをやめたいのにやめられない人へ


彼氏の携帯を見るのが悪いことだからやめたいと思っ...

聴くだけでできる?曲のキーを判別する方法とは?

ギターやピアノを弾く時に
楽譜がなくても曲のキーを...

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる?下げる?

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる方が良い
の...

イラストやマンガの絵を初心者が上手に描く書き方とは


初心者がイラストやマンガの絵を上手に描けるように...

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまった時の治療法とは

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまったら
恥ず...

リクシルのお風呂のザラザラした床のお掃除方法とは


リクシルのお風呂の床は冬でも冷たくならず

メンズベルトの贈り物をするには何サイズを選べばイイの?


彼や父親などにメンズベルトの贈り物をしたいけれど...

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは必要なのか?

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは
除菌しす...

トイレの便器の中に虫が!原因と駆除方法とは?


トイレの便器の中に虫がいると恐ろしすぎますよね・...

トイレの便器と床の隙間の掃除ってどうやるのでしょうか?


トイレの便器と床の隙間は汚れがたまりやすく

玄関やトイレのドアは内開きが良いの?外開きが良いの?


あなたの家の玄関やトイレのドアは内開きですか?<...

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがある

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがあるのを

スポンサーリンク


Q&A 読書家の本を読むペース

うちの夫が読書家です。
かなり本を読みます。私はついていけません。

が、読書家って、どの位の量を読む人を言うのだろうか?と気になりました。

読書家の皆さん、読書が趣味の皆さん、
一年で平均何冊位本を読みますか?

また、あまり読まれない方も、
どの位本を読めば、読書家だと思われますか?

引用元-【読書家】ってどのくらい本を読む人ですか? – アンケート 締切済 | 教えて!goo

私は、朝夕の通勤時間(1日に2時間ほど)くらいにしか本を読まないので、
1週間にやっと2冊が読める程度です。(単純に計算して年に100冊ほど。)
あ、1冊というのは、だいたい平均して300ページくらいかなと思います。

他のみなさんもおっしゃっていますが、1日に1冊を読むくらいになると、
「読書家」といえるのかもしれませんね。(うちの奥さんがそうです。)

引用元-【読書家】ってどのくらい本を読む人ですか? – アンケート 締切済 | 教えて!goo

以前、人事関係の部署にいましたが学生さんの履歴書見ると趣味が読書の方が本当に多いです。(笑)

完全自己申告制なので何冊と言う定義はないでしょう。
本の種類にも読みますし。
本なら何でも有りと言えば簡単に計算すれば私は年間約500冊読んでいることになりますが読書家どころか趣味が読書と思ったこともありません。

ご本人が「読書家です」と言われれば読書家ですね。

引用元-【読書家】ってどのくらい本を読む人ですか? – アンケート 締切済 | 教えて!goo

本を読む平均的なペースとは

数時間で1冊の本を読み終えるなど、とても困難な作業に思えるでしょうが、つまるところ、単純計算では可能なのです。平均的な大人が1分間に読める英単語数は、だいたい200~400語。平均的な小説の総語数は、6万~10万語です。仮にあなたの読書スピードが中間レベルの1分間300語で、読もうとしている小説が中間レベルの8万語だとすれば、5時間以内に読破できることになります。

途方もない数字に聞こえるかもしれませんが、可能です。しかも、本格的な情報吸収には向かないことが多いスキミング(ななめ読み、すくい読み)などの速読法を使う必要もありません。おおむね、自分の普段のペースで読み、自分の脳にやさしいスピードで情報を吸収することができるのです。必要なのは、気合いと、時間と、すぐに始めることだけです。

引用元-1冊の本を1日で読み終える方法 | ライフハッカー[日本版]

実用書の本を読むコツとは

基本的に僕が読む本は、実用書や起業家が書いた自伝的な本がほとんどです。会社を経営していく上で先人たちの貴重な経験を、著書を読む事によって追体験し、自身の仕事に活かそうと思っているからです。
そういった本を読むのに今回の方法は向いているのですが、小説などストーリー重視の本に関しては向いていませんのでご注意ください。

引用元-簡単に速読!すごいペースで本を読み続ける為のコツ | 株式会社LIG

1.斜め読みでスピードを上げて沢山の本を読む。(読み飛ばし有り)
2.自分にとって意味がありそうな本は繰り返し読むor精読する
3.内容をアウトプットして理解を深める

引用元-簡単に速読!すごいペースで本を読み続ける為のコツ | 株式会社LIG

この読み方は実用書などを読む時に便利です。僕はサスペンス小説なんかも大好きなのですが、そういった本は読むこと自体が目的です。なので、章ごと読み飛ばしたりせずしっかりと熟読します。しかし、実用書というのは読むこと自体が目的では無く、何かを達成する為に参考とする手段なのです。

引用元-簡単に速読!すごいペースで本を読み続ける為のコツ | 株式会社LIG

本によって読むペースに違いがあります

 本を100冊と一口に言っても、本の文字数やページ数、難易度は様々ですから1冊を読み終わるペースは本によってまちまちです。

 例えば、ビジネス本なら180~300ページくらいのものが多く、平均を取れば大体「240ページ」前後のものが多いです。小説なら280~340ページくらいのものが多く、ビジネス書に比べると1ページ当たりにかかる時間も多いため、一概に読むペースに予想が付きません。

 ですから私はルールとして、以下のようなものを設定しています。

・ 本は1冊当たり240ページだと仮定する

・ 読む本はその時次第で、特にジャンルにはこだわらずなんでも読む

・ 基本的にどんな状況であれ毎日本を読む

・ 飲み会や旅行、体調不良等を除いて、基本的には1日80ページ以上読む

・ 週にⅠ度、読書の進捗具合を確認する

・ 一瞬のわずかな時間でも本が読めるように、本は常に携帯する

このような簡単なルールです。本は前述した通りページ数もボリュームも難易度も様々ですから、○○ページ読めば3日で1冊読める!と確実なページ数はありません。ですが、65日の余裕と飲み会や旅行、体調不良等があってもとりあえず少しでも本を読む時間を作ることで、1日当たりのページ数ノルマは「80ページ以上」と決めることができます。

 平均すると240ページ程度のビジネス書は、1日80ページならちょうど3日で1冊読み終わりますし、300ページオーバーの小説も、4日かければ1冊読み終わる計算です。大体このペースが守れていれば、予定通りに100冊読み終わることができます。この「1日に読むページ数の基準」が決まっていれば、「もう少し読んでおこう」とか「今日は80ページこえたけど、明日は読書に時間が使えないからあと20ぺージ読もう」といった「本を100冊読むための調整」が可能になります。「基準」を決めておかなければ、その日の気分で読書をすることになりますので、なかなか100冊という数字にはたどり着けませんし、目的意識を持つだけでも挫折せずに取り組めます。

引用元-どうやって年間100冊以上も本を読んでいるの?という知人の質問に答えてみる – てかてんの書斎

読むのが遅い人が本を読むコツとは

Kindleで「遅読家のための読書術」という本を見つけた。このタイトルを見てまず思った。

それ、僕のことだ。

引用元-本を読むのが遅い人が読書を早くするための4つの方法 – 本とのこと

音楽を聴くように本を読む

この本の中で一番心の中に残ったのが「音楽を聴くように本を読む」という一文。なるほどなーいいねいいねそれいいね、それやりたい。「いいね!」ボタンあったら10回ぐらい押したい。僕は音楽を聴くのが好きだ。この本の著者も、音楽ライターやDJをしていたぐらいの音楽愛好家らしくて、この本の内容にはすごく共感を覚えた。

「本を読む」に対するハードルを下げる

「音楽を聴くように読む」っていうのは例えばスマホでネット記事を読むあの感じが近いかなと思った。「テレビを見るように本を読む」と言い換えてもいいかも。僕はそれらに比べて「本を読む」のハードルを無意識に高くしていた。音楽を聴くことやスマホでネットの記事を読むことは暇さえあればスイッチ押して、タップして、すぐ始めるのに。これが本になると、「まとまった時間がある時に読もう」とか「朝起きて時間がある時に読もう」とか変に身がまえてしまう。それをなくせばいいんだ。

真面目に読まない

音楽を作る側の人でもなければ音楽を真面目に一音一音ずつ漏らさないように聞こうとする人なんてそういないだろう。でもこれが読書となると、一語一句漏らさないように読もうとする人はたくさんいると思う。僕もそうだった。少しでも読み漏らして読み進めてしまうとその先の展開がわからなくなるんじゃないかと思って怖いんだよね。でも「少しぐらい読み漏らしてもいいや」という感じで、その恐怖心を捨てる。ちょっとだけ、自分と本との関係を変えてみる。もっとカジュアルに、本と接してみる。そうすると読むスピードはだいぶ早くなる。

エア音読しない

本を普通に読んでいると、頭の中で文章を読み上げてしまう。これを僕の中で「エア音読」と名付けた。それをやめる。頭の中だとしても読み上げてしまうとどうしても時間がかかってしまうから。上に書いたように「読み漏らしの恐怖」を捨てて、目だけで文章を追ってみる。本の内容って意外とこれでも入ってくる。

引用元-本を読むのが遅い人が読書を早くするための4つの方法 – 本とのこと

twitterの反応

 - 勉強, 生活・趣味