いつでもあなたのぷらすになる情報をお届けします

いつでもぷらす

ピアニストになる為には手の筋肉トレーニングが必要なの?

   

ピアニストになる為には手の筋肉トレーニングが必要なの?

ピアニストになる為には必要な手の筋肉はあるのでしょうか?
手の筋肉を鍛えるとピアノが上達するのでしょうか?
ピアニストの手の筋肉について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

60代男性の香水まとめ。選び方からオススメ香水まで


良い匂いは男性女性問わず、その人の魅力になります...

体重が増えることが怖い・・・摂食障害へのサイン!


毎日体重計に乗り増減する体重の数値に一喜一憂され...

酵素サプリメントを摂取することでダイエット効果は?


酵素をサプリメントによって摂取することでダイエッ...

運動をするのなら毎日するべき?一日おきでも問題ない?


ダイエットのため、また健康のために運動をするのは...

血糖値の食後1時間の正常な値とは?糖尿病の時の値は?

あなたは大丈夫ですか?
食後1時間の血糖値で糖尿病...

浮気をしているか心配・・携帯を見る方法ってあるの?


恋人や配偶者の浮気を疑ったら確認したのが携帯です...

女性が男性の携帯を見る理由は何なのでしょうか?

女性が男性の携帯を見るという話しをよく耳にすると
...

スマホ依存症を治したい!携帯を見るのをやめたいなら


今の時代はスマホ携帯を持っている人がほとんです。...

彼氏の携帯を見るのをやめたいのにやめられない人へ


彼氏の携帯を見るのが悪いことだからやめたいと思っ...

聴くだけでできる?曲のキーを判別する方法とは?

ギターやピアノを弾く時に
楽譜がなくても曲のキーを...

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる?下げる?

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる方が良い
の...

イラストやマンガの絵を初心者が上手に描く書き方とは


初心者がイラストやマンガの絵を上手に描けるように...

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまった時の治療法とは

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまったら
恥ず...

リクシルのお風呂のザラザラした床のお掃除方法とは


リクシルのお風呂の床は冬でも冷たくならず

メンズベルトの贈り物をするには何サイズを選べばイイの?


彼や父親などにメンズベルトの贈り物をしたいけれど...

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは必要なのか?

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは
除菌しす...

トイレの便器の中に虫が!原因と駆除方法とは?


トイレの便器の中に虫がいると恐ろしすぎますよね・...

トイレの便器と床の隙間の掃除ってどうやるのでしょうか?


トイレの便器と床の隙間は汚れがたまりやすく

玄関やトイレのドアは内開きが良いの?外開きが良いの?


あなたの家の玄関やトイレのドアは内開きですか?<...

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがある

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがあるのを

スポンサーリンク


ピアニストに必要な強い指を作るには

ピアノを弾く上で、「指がよく回る」ことは絶対に必要になってきます。もちろん、回りすぎて滑ってしまうのはいけませんが、良い意味で「ちゃんと指が動く」ためにはどうしたら良いのかを考えてみたいと思います。きっと、多くの人は自分の指が思うように動かなくて苦労しているはずだからです。実は、指が動かない理由は、何度も言いますが、「指が弱い」からなのです。強い指を持っていれば、誰でも速く動かすことができるのです。速く的確に動く指を持っていれば、コントロールもよく効くので、自分の思った通りの音が出せるようになります。弱い指では、音が勝手に飛び出したり抜けてしまったりして言うことを聞いてくれません。

この「強い指」を作るために、一定の量の練習時間が必要なわけなのです。小さい頃からピアノを続けている人は、手や指の筋肉がだんだんピアノを弾くのにふさわしくなってくるため有利ではありますが、ハノンなどの意図的な練習曲をまったく使わずに指が理想的に鍛えられるパターンは、次の場合以外にはあり得ないでしょう。すなわち、「無理のない正しい弾き方」ができていて、なおかつ「毎日5~6時間は真剣に練習している」という人です。1日に平均5~6時間も弾いていれば、それだけで筋肉は発達するでしょうから、練習曲は必要のない人もいるかと思います。しかしその場合は、自主的に良い弾き方を常に求めていなければなりません。

引用元-新・ピアノ弾きの休憩室::指はどこまで動くようになるか(1)

手の筋肉よりも脳の訓練が必要?

どうして練習すると、指同士を独立に動かせるようになるのでしょうか?指を動かしている時の脳の活動を調べてみると、人差し指よりも薬指を動かす方が、より多くの神経細胞が働いていることがわかります(7)。また、指を動かす訓練を積むと、指を動かす際に働く脳細胞の数が減ることが知られています

引用元-第04回 身体が動く仕組み (3)指が独立に動く仕組み | 脳と身体の教科書 | ピティナ・ピアノホームページ

したがって、「指同士を独立に動かせるようになるのは、脳の中での変化が起こるから」というのが、現在最も妥当な説明づけと考えられています。

最後に、指導の上で注意していただきたいのは、個人差についてです。例えば、生まれつき、薬指を伸ばす腱の一部が小指を伸ばす腱とつながっているために、小指を曲げた状態で薬指を完全に伸ばすことができない方がいます。曲げる筋肉も同じで、指の腱が他の人よりも多い方も少なくありません。ですので、他の人より指を独立に動かしにくいからといって、無理にトレーニングし過ぎると、それが元で手を壊すこともありえます。指の独立性を考えるときは、他人とどれくらい違うかよりも、自分の達成したい音楽を作るために何がどれだけ必要かという観点で、身体のことを見て(診て)いくのが良いのではないでしょうか。

引用元-第04回 身体が動く仕組み (3)指が独立に動く仕組み | 脳と身体の教科書 | ピティナ・ピアノホームページ

指が動かないと演奏に影響が出る

ピアノの演奏に求められる、

1. 指を高速に動かす
2. 力加減のコントロール
3. 独立して指を動かす
4. 力強い音を出す

これらは皆、指の筋力によって支えられています。

指の筋力が、どれだけ ピアノ演奏 の善し悪しに影響があるか?

それは、真冬で手がかじかんだ状態でピアノを弾こうとすれば分かります。

            ・
            ・

真冬で手がかじかんだ状態で、そのまま無理にピアノを弾こうとすると?

上級者でさえ、初心者並みのひどい音しか出せませんよね?

(ちなみに、ピアノの先生がコレを試すと、
指が動かない初心者の気持ちが分かるようになります)

しかし、部屋が暖まって筋肉が動くようになると、音はみるみるよくなります。

ピアノの演奏 にとって、指の筋力は、
多くの人が思っている以上に、演奏の良し悪しに直結します。

            ・
            ・

ですから、曲の練習 だけでなく、基礎筋力 を高める準備も大切です。

引用元-ピアノのための筋力トレーニング  |  指の訓練

ピアニストが疲れない手の筋肉の秘密

1時間半にも及ぶ演奏会を終え、疲れも見せずさらにアンコールで何曲も弾くという強靭さの秘密は、どこにあるのでしょうか。筋肉を構成する筋繊維には、縮む速度が速い“速筋”と、遅い“遅筋”の2種類があります。速筋は瞬発力を引き出すときに使われますが、疲れやすい筋肉です。一方、遅筋は持久力を引き出すときに使われ、疲れにくい筋肉です。短距離ランナーは速筋が発達していますし、マラソンランナーは遅筋が発達しています。そして、10本の指を目にも止まらぬ速さで動かすピアニストは、普通の人よりも、速筋ではなく遅筋が発達しているそうです。また、身体の筋肉というのは、胴体に近いほど太く疲れにくく、指先に近づくほど細く疲れやすくなっています。ですから、先に述べたように、ピアニストは疲れやすい肘から先の筋肉をあまり使わず、疲れにくい肩の筋肉を積極的に使って、長時間の演奏をこなすのです。
 さて、これらのことから一体何を学ぶというのでしょうか。そうです、勘のいい皆様にはもうお分かりになったと思いますが、ゴルフのスイングに大変参考になりますよね。……と、最初は思ったのですが、考えてみますと、上手な先輩たちからしょっちゅう注意されていることばかりです。曰く「力んじゃだめだ、力を抜け」、曰く「手で打つな、大きな筋肉を使え」、曰く「何も考えずに振れ」、……。

引用元-cozy corner

ピアニストなる為の手の筋肉トレーニング

人差し指から小指の4本の指のMCP関節を動かす筋肉は、大きく分けて二つ、指伸筋と虫様筋があります。
指伸筋は指を手の甲のほうに持ち上げる筋肉、虫様筋はMCP関節を手のひら側に曲げる筋肉です。
指伸筋には総指伸筋、示指伸筋、小指伸筋の三つ、虫様筋はそれぞれの指に一つずつあります。
総指伸筋は人差し指、中指、薬指、小指のすべての指を動かす筋肉で、示指伸筋と小指伸筋はその名が示すとおり、それぞれ人差し指と小指専用の筋肉です。
また、総指伸筋と虫様筋は結合していて、特に小指、薬指は虫様筋との結合が強く、総指伸筋だけで指を持ち上げようとしても、虫様筋に引っ張られてしまいます。

引用元-指の筋肉を鍛えるトレーニング | ピアノが上達する練習法

ピアノを弾く時の指の形は「タマゴが一つ入る」空間を保つため、グーのようにMCP関節を曲げることはありませんし、虫様筋を弛緩させていた方が指伸筋の動きがよくなります。
つまり、鍛えるべき筋肉は指伸筋ということになります。

引用元-指の筋肉を鍛えるトレーニング | ピアノが上達する練習法

具体的なトレーニング方法の説明に入ります。トレーニング方法は、アイソメトリックを用います。
人差し指と小指はそれぞれ専用の指伸筋を持っていますので、1本ずつトレーニングします。中指と薬指は総指伸筋ですので、2本まとめてトレーニングします。
鍛えたい指をピアノを弾く指の形にして、反対の手の指で鍛えたい指の背を押さえて10秒ほど抵抗を与えるのを1セットとして、1日2~3セットを毎日または1日おきに実施します。
あまり力を入れすぎると指を痛めてしまいますので、軽く抑えるようにして下さい。

引用元-指の筋肉を鍛えるトレーニング | ピアノが上達する練習法

twitterの反応

 - トレーニング