いつでもあなたのぷらすになる情報をお届けします

いつでもぷらす

女性の化粧の歴史はどのように変化をしていったのでしょうか

   

女性の化粧の歴史はどのように変化をしていったのでしょうか

女性を綺麗にしてくれる化粧は今では欠かせないものと
なっている時代ですが、昔の女性達も化粧をするのが
当たり前だったのでしょうか?
化粧の歴史について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

60代男性の香水まとめ。選び方からオススメ香水まで


良い匂いは男性女性問わず、その人の魅力になります...

体重が増えることが怖い・・・摂食障害へのサイン!


毎日体重計に乗り増減する体重の数値に一喜一憂され...

酵素サプリメントを摂取することでダイエット効果は?


酵素をサプリメントによって摂取することでダイエッ...

運動をするのなら毎日するべき?一日おきでも問題ない?


ダイエットのため、また健康のために運動をするのは...

血糖値の食後1時間の正常な値とは?糖尿病の時の値は?

あなたは大丈夫ですか?
食後1時間の血糖値で糖尿病...

浮気をしているか心配・・携帯を見る方法ってあるの?


恋人や配偶者の浮気を疑ったら確認したのが携帯です...

女性が男性の携帯を見る理由は何なのでしょうか?

女性が男性の携帯を見るという話しをよく耳にすると
...

スマホ依存症を治したい!携帯を見るのをやめたいなら


今の時代はスマホ携帯を持っている人がほとんです。...

彼氏の携帯を見るのをやめたいのにやめられない人へ


彼氏の携帯を見るのが悪いことだからやめたいと思っ...

聴くだけでできる?曲のキーを判別する方法とは?

ギターやピアノを弾く時に
楽譜がなくても曲のキーを...

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる?下げる?

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる方が良い
の...

イラストやマンガの絵を初心者が上手に描く書き方とは


初心者がイラストやマンガの絵を上手に描けるように...

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまった時の治療法とは

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまったら
恥ず...

リクシルのお風呂のザラザラした床のお掃除方法とは


リクシルのお風呂の床は冬でも冷たくならず

メンズベルトの贈り物をするには何サイズを選べばイイの?


彼や父親などにメンズベルトの贈り物をしたいけれど...

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは必要なのか?

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは
除菌しす...

トイレの便器の中に虫が!原因と駆除方法とは?


トイレの便器の中に虫がいると恐ろしすぎますよね・...

トイレの便器と床の隙間の掃除ってどうやるのでしょうか?


トイレの便器と床の隙間は汚れがたまりやすく

玄関やトイレのドアは内開きが良いの?外開きが良いの?


あなたの家の玄関やトイレのドアは内開きですか?<...

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがある

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがあるのを

スポンサーリンク


女性の化粧の歴史(古代~)

《古代(古墳時代:3~7世紀)》
縄文時代の土偶や弥生時代の埴輪の顔面に赤い顔料が塗られていることから、顔に赤土を塗ることが当時の風習であり日本の化粧の始まりで、魔除けのために顔に紅殻(ベンガラ:酸化鉄)を塗る“赤化粧”が行われ、赤は悪魔の進入を防ぐ色とされていました。

《飛鳥・奈良時代(6世紀末~8世紀)》
6世紀初頭に始まった遣隋使(3回派遣)、遣唐使(894年によって持たされた第18次遣唐使の大使に任命された菅原道真が遣唐使の廃止を建言で廃止までに通算15回派遣)、や中国や朝鮮からの渡来人などにより文字を筆頭に種々の文化、文物の伝来と共に、身だしなみ、化粧品、化粧法なども伝えられ、魔除けから日本の伝統化粧の始まりとなりました。
伝来したけしょうは“化粧・仮粧”と書き“けわい・けそう・おつくり”などといい、化粧・髪型・服装・態度などを含めた身だしなみ、と云う広い意味に使われていました。
この時代の美的感覚は正倉院の“鳥下立女屏風”や薬師寺の“吉祥天女蔵”に見られるように当時の先進国、中国での流行を意識したものが主流で、唇を濃い赤で染めあげ額と口元には鮮緑色の花鈿(かでん)、靨鈿(ようでん)を付ける様式が宮廷を中心にして流行しました。
その後の変化は高松塚古墳の壁画に描かれた美人画のように本来の眉毛を抜いて細長く眉墨で描いた眉が当時の流行を表しています。

引用元-化粧の歴史

女性の化粧の歴史(平安時代~)

 平安時代も遣唐使廃止後は、唐風模倣から日本独自の化粧へと変化し、丈なす黒髪に白粉を塗り、眉を 抜いて額の上部に眉を描き、お歯黒[はぐろ]をするようになった。

室町時代になると、武家の制度や礼儀作法が整備され、化粧に関することも記述されるようになった。また、この頃から白粉や紅などを扱う職人などが『七十一番職人歌合』といったもの描かれるようになる。

江戸時代(17世紀)には、女性向けの礼儀作法も充実し、化粧の心得なども詳しく記されるようになった。当時の化粧は、色でいえば赤(口紅、爪紅)・白(白粉)・黒(お歯黒、眉作り)の3色が中心であった。

江戸時代、女性たちが特に心して行なったのが、白粉化粧で、諺の “色の白いは七難かくす” の通り、色白が美人の第一条件だったからである。

白粉には、鉛白粉が使われ、水で溶いて手や刷毛[はけ]で付けた。白粉として有名だったのは、江戸後期に発売された「美艶仙女香」で、白粉の発売元と浮世絵の版元が手を組んでPRを行なったことは、よく知られている。

紅は主に紅花[べにばな]から作ったもので、唇、頬、爪などに塗ったが、白粉と同様、薄くつけるのが上品とされた。しかし、江戸後期になると、口紅を濃くつけて笹色[ささいろ](玉虫色)にみせることが流行した。紅花の生花から作った紅は、紅一匁、金一匁といわれるほど高価なものであったと言われている。
 お歯黒は中世以降、成人式あるいは婚礼といった通過儀礼と深く結びつき、江戸中期以降には、結婚に 前後して歯を染め、出産すると眉を剃り落としたので、既婚女性を象徴する化粧になった。

眉化粧は、ある程度の年齢になった公家や武家といった上流階級の女性たちが、眉を剃り落とし、額[ひたい]の上部に別の眉を描いたものであった。

引用元-化粧の文化史 | 日本化粧品工業連合会

女性の化粧の歴史(明治時代~)

1870年(明治3年)、政府は皇族・華族に対しお歯黒・引眉禁止令を出した。当初はなかなか徹底されず、3年後皇后が率先して模範を示すことで、ようやく華族の女性たちもお歯黒・引眉をやめることになった。これが庶民にも徐々に波及し、引眉の風習は明治初期には廃れた。しかし、お歯黒の習慣は大正時代まで根強く残った。高齢の女性の中には、昭和に至るまでお歯黒を守り続けた人もいた。一方、男性の化粧は富国強兵のスローガンの下で「化粧をする男性は軟弱だ」と言われ、廃れていった。
明治時代には、鉛白粉の害が論じられ、1900年には国産の無鉛白粉が発売された。しかし、鉛白粉は伸びや付きに優れたものだったので、害があることが知られていたにもかかわらず、昭和初期まで使われ続けた。
大正時代には、和風の化粧をベースに、西洋の頬紅を使ったり耳元に紅を入れるなどの和洋折衷の化粧が流行った。白だけだった白粉も、ベージュや赤みを帯びたものも使われるようになった。

本格的に西洋風の化粧が行われたのは、関東大震災後のことだった。モダンガール(モガ)と言われた一部の女性たちの間に、アイシャドウや唇全体に塗った口紅といった化粧が行われ、断髪や足の出るスカートといったいでたちとともに、保守的な人々の非難の的となった。

引用元-化粧 – Wikipedia

女性の化粧の歴史(大正時代~)

大正時代では外国の影響を多大に受け、服も和服から洋服へと変わり、化粧もパニシングクリームと多色になった白粉が使われるようになりました。
1917年には「白」「黄」「肉黄」「ばら」「ぼたん」「緑」「紫」の全7色を肌の色に合わせて白粉を組み合わせた七色粉白粉が発売されました。

アイメイクが流行し始める昭和時代

昭和に入るとメイクの大衆化がさらに進み、昭和40年代には、アイシャドウやマスカラといったアイメイクが流行し始めました。
1980年代以降には、幅広い学問領域に関連した総合人間科学の観点から研究開発が活発に行われ、高品質な化粧品が数多く誕生しました。

1915年 ヘチマコロンの誕生
————————————————————-
天然植物系スキンケア商品の元祖であり、化粧水の代名詞となったヘチマコロン。パッケージは画家の竹久夢二氏が担当しました。


1934年 スキンケア商品乳化技術の進歩
————————————————————-
資生堂からW/O型乳化クリーム「ホルモリン」が発売されました。女性ホルモンを配合していたため、肌の若返り効果が期待されました。

1937年 日本初のマスカラ誕生
————————————————————- 
ハリウッド美容液から日本初のマスカラが登場しました。美容家のメイ牛山氏が、ワセリンと石炭粉からできたアメリカのマスカラを日本人の肌向けに改良したようです。


1947年 油性ファンデーションの誕生
————————————————————-
戦後間もなくして、日本初の油性ファンデーションがピカソ化粧品から発売されました。
従来の白粉にはない伸びのよさなどから、ベースメイクの定番となっていきました。

1955年 シャンプーの原点
————————————————————- 
従来の石鹸シャンプーから、中性洗浄料へ移行しはじめました。その中でも「花王フェザーシャンプー」はシェアの8割を占める超人気商品となりました。

引用元-日本の化粧品の歴史 | 化粧はいつから行われているのか | Bokkano

女性の化粧の歴史(現代に至るまで)

【10年間でメイクの様相は、全くと言っていいほど変わります】
銀幕の女優や欧米のスターアイコンがお手本になった1920年代 “モダンガール” メイクは、細く下がった眉・タレ目メイク・薄いおちょぼ口がポイント。これが30年代になると、カーブが大きい弓なりの眉&アウトライン気味の大きめリップといった具合に、その様相を全く変えてしまいます。

【オードリー・ヘップバーンをイメージした50年代】
さらに戦後、50年代に入ると、意志の強そうな太眉とキリリとしたつり上げた目元が印象的なメイクに様変わり。

【西洋顔を目指したアイメイクが印象的な60年代&70年代】
以後、60年代および今年流行りの70年代は、西洋人顔への憧れがより強く読み取れるメイクへと移行していきます。 “上瞼に二重ライン” “大げさなつけまつ毛” で女優顔からモデル顔に、60年代はつり上がり気味だった目元が、70年代になるとタレ目風になって退廃的に変化する点もまた、興味深い。なおこの当時は、日本史上初めて “日焼けした肌” が流行したんですって。

【日本美・バブル・まつ毛エクステ……目まぐるしく変貌していった日本女性のメイク】
その後、70年代後半から90年代に起きた「日本美再認識」の流れ、そして「キャリアウーマン」風メイクの台頭。バブル期のワンレン&ボディコンに、2000年代以降主流となった、ヘアエクステ・まつ毛パーマ ・まつ毛エクステ・黒目強調コンタクトといった日本独自の美容ブーム。

引用元-とても同一人物とは思えない……! 資生堂が発表した「日本女性の化粧の変遷100年」 | Pouch[ポーチ]

twitterの反応

 - コスメ