いつでもあなたのぷらすになる情報をお届けします

いつでもぷらす

子供の喘息の治療に使われる吸入ステロイド薬について

   

子供の喘息の治療に使われる吸入ステロイド薬について

子供が喘息になったら使われる吸入ステロイド薬ですが
ステロイドと聞くと副作用などが心配になりますよね。
ですが喘息の子供にとって吸入ステロイド薬は大切な薬です。
安心して使うためにも吸入ステロイド薬について知っておきましょう

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

60代男性の香水まとめ。選び方からオススメ香水まで


良い匂いは男性女性問わず、その人の魅力になります...

体重が増えることが怖い・・・摂食障害へのサイン!


毎日体重計に乗り増減する体重の数値に一喜一憂され...

酵素サプリメントを摂取することでダイエット効果は?


酵素をサプリメントによって摂取することでダイエッ...

運動をするのなら毎日するべき?一日おきでも問題ない?


ダイエットのため、また健康のために運動をするのは...

血糖値の食後1時間の正常な値とは?糖尿病の時の値は?

あなたは大丈夫ですか?
食後1時間の血糖値で糖尿病...

浮気をしているか心配・・携帯を見る方法ってあるの?


恋人や配偶者の浮気を疑ったら確認したのが携帯です...

女性が男性の携帯を見る理由は何なのでしょうか?

女性が男性の携帯を見るという話しをよく耳にすると
...

スマホ依存症を治したい!携帯を見るのをやめたいなら


今の時代はスマホ携帯を持っている人がほとんです。...

彼氏の携帯を見るのをやめたいのにやめられない人へ


彼氏の携帯を見るのが悪いことだからやめたいと思っ...

聴くだけでできる?曲のキーを判別する方法とは?

ギターやピアノを弾く時に
楽譜がなくても曲のキーを...

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる?下げる?

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる方が良い
の...

イラストやマンガの絵を初心者が上手に描く書き方とは


初心者がイラストやマンガの絵を上手に描けるように...

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまった時の治療法とは

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまったら
恥ず...

リクシルのお風呂のザラザラした床のお掃除方法とは


リクシルのお風呂の床は冬でも冷たくならず

メンズベルトの贈り物をするには何サイズを選べばイイの?


彼や父親などにメンズベルトの贈り物をしたいけれど...

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは必要なのか?

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは
除菌しす...

トイレの便器の中に虫が!原因と駆除方法とは?


トイレの便器の中に虫がいると恐ろしすぎますよね・...

トイレの便器と床の隙間の掃除ってどうやるのでしょうか?


トイレの便器と床の隙間は汚れがたまりやすく

玄関やトイレのドアは内開きが良いの?外開きが良いの?


あなたの家の玄関やトイレのドアは内開きですか?<...

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがある

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがあるのを

スポンサーリンク


子供の喘息に必要な吸入ステロイド薬

ぜんそくの治療として、毎日の長期管理薬の投与は大変重要ですが、多くの患者に用いられるのが吸入ステロイド剤です。
吸入ステロイド剤は直接気道に到達して炎症を抑制し、気道の炎症を緩和することで肺機能や気道過敏性を改善。
お子様の生活も安定し、行動の制限も少なくなり、普通の生活ができるようになります。
ステロイド剤による副作用を心配されている方も多いのですが、吸入ステロイド剤は全身的な影響が比較的少ないことから、
喘息における予防治療では重要な役割を担っています。
現在、吸入ステロイド剤は炎症を抑える効果が最も信頼されているお薬です。お子様と家族の生活向上のために、
正しい知識と使い方で小児ぜんそくを予防管理していきましょう

引用元-小児ぜんそく情報サイト |毎日オル君と親子でがんばるサイト | 吸入ステロイドで治療しよう

子供の喘息の原因や症状とは

【原因】
小児の喘息では、吸入性アレルゲンとしてはハウスダスト、チリダニ、ネコ、花粉、羊毛、絹、綿などがあります。そのほか感染症(かぜ)、天候、季節、運動やいろいろな食事性アレルゲンや感染性アレルゲンによるものもあります。また、アレルゲン不明の喘息も少なくないとされています。

【症状】
はじめに鼻漏、くしゃみ、咳などがあって、まもなく定型的な呼気性呼吸困難の発作が始まります。軽い発作の場合、咳だけで診断がつきにくいことがあります。重症例では起座呼吸を行い、乳幼児では抱かれるか、おぶわれると呼吸が楽になります。胸部の打診では鼓音を認め、聴診では呼吸音の減弱があり、全肺野に乾性および湿性のラッセル音が聞こえます。一両日の経過で発作は自然に寛解することが多いですが、同様で発作が1年に何回も起こります。春秋型が多く、急な冷え込み、寒さ、雨などにより頻度が高くなります。

【発症年齢】
小児喘息は2~3歳でほとんどが発症します。治癒に関しては、中学生にピークがあり、成人になるまでに約70%以上が自然治癒します。

【発作時】
発作の初期段階(軽い喘鳴等)を正しく察知し、早めに対応してひどくならないようにすることが大切です。発作時の対応方法は、

①安静にして、部屋の空気を入れ替える。外に連れ出してもよい。

②水を飲ませ、腹式呼吸をさせる。咳き込んだとき痰が出やすいよう背中をたたく。

③気管支拡張の吸入薬や内服薬を使う。

【治療のポイント】
患者本人が未熟であることから、親が治療の主役になることが大事といわれています。喘息であるという認識を持ち、喘息に対する知識を持って対処することが重要です。小児喘息では、一般的に無症状期間を長く保つことが気道過敏性を減少させ治癒に導きやすいようです。いかに発作が起きないように予防を行うか、予防的治療が主体となります。

引用元-喘息(ぜんそく)について基本的知識と治療法

喘息の吸入ステロイド薬とはどんな薬

・吸入ステロイド薬には、キュバール、フルタイド、パルミコート、オルベスコ、アズマネックス、アドエア、シムビコートの他、気管支拡張薬との合剤である グラクソ・スミスクライン社 のアドエア等がある。 アドエアは、ステロイド薬と、気管支拡張薬を配合した薬で、患者は1日2回、口から吸入することで、ぜんそく発作をコントロールすることができる。
アレルギーを抑える薬には、オノン、シングレア、キプレス、アコレート、発作時用に気管支を広げる薬には、内服薬テオドール、張り薬の気管支拡張薬ホクナリンテープなどがある。
気管支を広げるβ2刺激剤には、サルタノール、メプチンエアー、セレベント、ベネトリン等がある。 発作が起きたときは、速効性のβ2刺激薬を吸入する。早めの使用が望ましく、症状がひどくなってからだと、よく効かないことがある。
抗アレルギー薬にはインタールがある。 気管支拡張作用はおだやか。

・ネブライザーで使える子供用の吸入ステロイド薬が2006年認可された。医師と相談の上活用したい。 ステロイド剤「パルミコート吸入液」(アストラゼネカ社)は、生後6か月以上5歳未満の乳幼児が対象。薬を霧状に噴き出す電動式ネブライザーという器械で使う。

引用元-小児ぜんそく 小児喘息の診断と治療 喘息 ステロイド吸入 気管支喘息 ピークフロー 子供のぜんそく

子供の吸入ステロイド薬に副作用はない

 ステロイド薬と聞くと、副作用の心配を考えて躊躇(ちゅうちょ)する方がいます。しかし、全身に薬がまわる内服や注射と違って、吸入ステロイド薬は口から喉(のど)、気管支と限られた範囲内にとどまり、また、薬剤の量が極めて少量という特徴がありますので副作用の少ないステロイド薬と言えます。

〔1〕決まった量を毎日吸入する

 吸入ステロイド薬だけでは喘息発作を抑えることはできませんが、一定の量を毎日決められた回数続けていくと3ヵ月、または半年のうちに発作の回数は明らかに低下します。 
 発作の回数が少なくなれば、吸入ステロイド薬の量を減らしていくことができます。ただし、勝手に吸入ステロイド薬の量や、回数を減らさないでください。必ず医師と相談したうえで薬の使用量を決めるようにしてください。

〔2〕正しく吸入する

 吸入ステロイド薬は、気管支に入らないと効果が現れません。正しく吸入できているかどうか常にチェックしてください。おかしいと思ったら医師の前で吸入し、間違っていないかどうか確認してください。

〔3〕吸入後は必ずうがいをする

 口の中や喉に吸入ステロイド薬が付着したままだと、声がれ、カンジタ症などの副作用が起こることがあるので吸入後は必ずうがいをしてください。

引用元-子供が小児喘息と言われたら

喘息の薬は常に非常薬を持っておきましょう

(1)常に非常薬を持っておく。1~2年ほど発作がなくても非常薬を持っていてください。非常薬には内服薬と吸入薬がありますが、吸入薬のほうが即効性もあり有効です。特にスプレー式の吸入薬は長期保存もでき、簡単な吸入補助器(無料のものもある)で乳児でも使用でき便利です。
(2)喘鳴(ゼーゼー・ヒューヒュー)や咳が始まったときは直ちに吸入を開始する。このときに、喘息発作なのか?カゼの咳なのか?を区別する必要はありません。カゼの咳のときに吸入をしてもなにも問題はありません。しかし、喘息の始まりのときは、吸入の開始が早ければ早いほど喘息の重症化を抑えます。
(3)初期に2~3回の吸入を繰り返す。1回の吸入後も、喘鳴や咳が続き喘息が疑われるときは、20分~30分間隔で2~3回まで吸入を繰り返してください。同時に内服薬も開始しもよいでしょう。ただ、吸入薬の種類により安全な吸入間隔や回数は違います。また、その後の吸入回数や内服薬の開始時期も担当医の指示に従ってください。

ほとんどの喘息発作は家庭で管理ができる時代です。喘息発作で深夜に急患センターを訪れる子どもを減らしたいですね。

引用元-子供の喘息発作で困らないために -ふかざわ小児科福岡市東区

twitterの反応

 - 子供の健康, 肺・呼吸器の健康