いつでもあなたのぷらすになる情報をお届けします

いつでもぷらす

女性の一人暮らしの部屋の選び方と防犯対策について

      2017/01/12

女性の一人暮らしの部屋の選び方と防犯対策について

女性が一人暮らしのをする時に一番重要なのは
防犯についてです。
犯罪に合わない為にも一人暮らしをする為に部屋の選び方や
防犯対策について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

60代男性の香水まとめ。選び方からオススメ香水まで


良い匂いは男性女性問わず、その人の魅力になります...

体重が増えることが怖い・・・摂食障害へのサイン!


毎日体重計に乗り増減する体重の数値に一喜一憂され...

酵素サプリメントを摂取することでダイエット効果は?


酵素をサプリメントによって摂取することでダイエッ...

運動をするのなら毎日するべき?一日おきでも問題ない?


ダイエットのため、また健康のために運動をするのは...

血糖値の食後1時間の正常な値とは?糖尿病の時の値は?

あなたは大丈夫ですか?
食後1時間の血糖値で糖尿病...

浮気をしているか心配・・携帯を見る方法ってあるの?


恋人や配偶者の浮気を疑ったら確認したのが携帯です...

女性が男性の携帯を見る理由は何なのでしょうか?

女性が男性の携帯を見るという話しをよく耳にすると
...

スマホ依存症を治したい!携帯を見るのをやめたいなら


今の時代はスマホ携帯を持っている人がほとんです。...

彼氏の携帯を見るのをやめたいのにやめられない人へ


彼氏の携帯を見るのが悪いことだからやめたいと思っ...

聴くだけでできる?曲のキーを判別する方法とは?

ギターやピアノを弾く時に
楽譜がなくても曲のキーを...

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる?下げる?

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる方が良い
の...

イラストやマンガの絵を初心者が上手に描く書き方とは


初心者がイラストやマンガの絵を上手に描けるように...

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまった時の治療法とは

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまったら
恥ず...

リクシルのお風呂のザラザラした床のお掃除方法とは


リクシルのお風呂の床は冬でも冷たくならず

メンズベルトの贈り物をするには何サイズを選べばイイの?


彼や父親などにメンズベルトの贈り物をしたいけれど...

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは必要なのか?

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは
除菌しす...

トイレの便器の中に虫が!原因と駆除方法とは?


トイレの便器の中に虫がいると恐ろしすぎますよね・...

トイレの便器と床の隙間の掃除ってどうやるのでしょうか?


トイレの便器と床の隙間は汚れがたまりやすく

玄関やトイレのドアは内開きが良いの?外開きが良いの?


あなたの家の玄関やトイレのドアは内開きですか?<...

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがある

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがあるのを

スポンサーリンク


女性の一人暮らしはストーカー対策ができる部屋

女性が一人暮らしをするのであれば一番に気おつけなければならないのが防犯です。女性ならではのストーカー対策がメインとなるのですが、実際に見知らぬ人に後をつけられたりして怖いから引越す人も多いです。
ストーカーは元彼がなるものだと勘違いしている人は多いですが、全く関係ありません。近所のコンビニの店員や電車でたまたま一緒に乗り合わせた人、宅配便を持ってくる人などなど、名前も全く分からない人がストーカーに発展することもあります。
そして、特に気おつけなければならないのが隣人です。身近な距離にいるのでまさかと思う人も多いのですが、実際に同じマンション内に住んでいる人がストーカーだったって話も聞きます。女性の一人ぐらしはまずはストーカー対策ができる部屋を選んだ方が良いです。

引用元-女性が一人暮らしする際に部屋探しでかかせない防犯ポイント | 引越しの報道局

女性の一人暮らしにレディースマンション

女性専用のレディースマンションには以下のような特徴があります。

・オートロック・防犯カメラ・二重施錠・管理人常駐などセキュリティーがしっかりしている
・女性専用なので、住人に変な人が紛れ込む危険性が少ない
・女性向けデザインの物件が多い
・家賃が割高
・家族や知り合いの男性でも、立ち入りが制限されている場合がある

必ずしもメリットばかりというわけではありませんが、安全性の面から言えば安心できると言えるでしょう。

とはいえ、レディースマンションの件数は限られています。家賃の関係で一般的な物件から選ばなければならないケースが多いのも現実なので、そういった物件を内覧する際にチェックすべき点についてご紹介します。

安全!Goodポイント
・2階以上の部屋
・ロビーなどに防犯カメラが設置してある
・オートロックがある
・ドアホンなどが設置されていて、ドアを開けなくても訪問者を確認できる
・駐輪場や駐車場に夜間照明・防犯カメラなどが設置してある
・階段の踊り場などが外から見える
・エレベーターに窓がある
・通路側の窓に柵や格子が取り付けられていて、外部から侵入しにくい
・他人にゴミをあさられないよう、ゴミ集積場が設置してある

危険!Badポイント
・人気のない場所にある
・よじ登りやすい角部屋
・外部の人が郵便物を簡単に見れるような物件(マンション入口付近に全戸の郵便受けがある、等)
・公団のように何棟も同じような建物が立ち並び、物陰が多い
・ドアチェーンがない、ドアが木製で簡単に壊れてしまいそう

引用元-女性の一人暮らし…。部屋探しで気をつけるポイント|物件を賢く選ぶためのお役立ちガイド|賃貸マンション・賃貸アパート探し【掘り出し物件.com】

部屋にホームセキュリティーを付ける

ホームセキュリティ(防犯システム)を設置する
女性が一人暮らしをする時に親御さんがホームセキュリティを設置する場合も少なくありません。それだけ親は心配なのです。

しかしホームセキュリティをつけるとお金もかかってしまいます。そんな時はステッカーを貼るだけでも泥棒の抑制になります。

自分でできる防犯対策
女性の一人暮らしの場合は自分でも防犯対策をする必要があります。
・カーテンは厚めの生地
・窓際に女性の好きなぬいぐるみや雑貨を置かない
・洗濯物は部屋干しにする

女性の一人暮らしだということが周りからわからないようにすることが防犯対策になります。防犯グッズを利用最近ではホームセンターや通販などで防犯グッズが沢山販売されています。窓やドアなどに防犯グッズを設置して一人暮らしでも安心して暮らせるように工夫してください。

引用元-【一人暮らしは危険がいっぱい!】女性の一人暮らしの部屋探しの基準|MARBLE [マーブル]

部屋の防犯対策を業者に依頼する手も

空き巣や強盗にとって侵入経路は非常に重要な犯行の要です。一般の集合住宅での侵入経路はベランダ、玄関、窓が非常に多く、最も防犯すべき場所といえます。
居住者不在時の空き巣はまだしも、夜に侵入する強盗などは生命に危険が及ぶ可能性も有るため防犯対策は欠かせません。

しかし、裏を返せば、侵入すると言うことは犯行後出て行くと言うことです。入られないことは最も重要ですが、犯人は逃走ルートも下見しているはずです。
とするならば、玄関の外側だけでなく内側に防犯カメラを設置するという手段も効果的です。犯人を特定する手がかりになる可能性もあるからです。
被害に遭わないように心がけておくことと同時に被害に遭った後のこともしっかりと考えておくことが重要です。女性でセキュリティ対策をする技術や知識がない場合には業者に依頼することも可能です。

引用元-女性の一人暮らしは危険!危ない部屋の特徴と防犯対策 – 一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~

女性の一人暮らしの部屋や日常での防犯対策

<部屋の防犯対策9つ>

1.窓にミラーカーテンや遮光カーテンをつける
2.玄関の鍵を交換する
3.ドアスコープ(覗き窓)や玄関ポストをふさぐ
4.窓や玄関ドアに補助錠をつける
5.窓ガラスに防犯フィルムを貼る
6.窓や玄関ドアに家庭用の防犯ブザーを設置する
7.ベランダや玄関の外側にセンサーライトを設置する
8.ベランダや玄関の外側に防犯カメラを設置する
9.ホームセキュリティを設置する

犯罪被害にあってから「対策していれば・・・」とならないためにも、今すぐ防犯対策を行いましょう。
防犯カメラやホームセキュリティ以外はそれほど高額なものではありませんので、まずは侵入されやすい窓や玄関ドアを中心に、対策を!

引用元-女性に聞いた!一人暮らしで実践したい部屋の防犯対策|引越し見積りサイト【引越し侍】

<日常生活での防犯対策9つ>

1.在宅時でも窓や玄関の鍵を締める。小さな窓も鍵を締める。戸締り確認も行うとさらに安心。
2.インターホンが鳴っても不用意にドアを開けない。荷物は宛先や依頼主を確認してから開ける。ドアチェーンをかけたまま対応する方法も効果あり。
3.郵便受けやポストに郵便物をためない。個人情報が入った郵便物を盗まれる可能性がある。長期に家を空ける際は、知り合いに頼んでおく。
4.玄関の鍵を開けるときは、周りを確認してから開ける。誰もいなくても「ただいま」を言ってから入る。家に入ったら、すばやく鍵も締めよう。
5.洗濯物は室内に干す。下着を絶対に干してはいけません。
6.不審者に気付きにくくなるので、夜道で音楽を聴いたり、電話をかけながら歩かない。度々後ろを振り返るなど、警戒しながら歩くと良い。携帯用防犯ブザーや催涙スプレーなど防犯グッズも持ち歩こう。
7.男性が住んでいると錯覚させるため、男性の物を玄関やベランダなど見えるところに出しておく。
8.部屋の電気をつけっぱなしにしておく。部屋に人がいると思わせる効果と、いつ帰ってきたのかがわかりづらくなるため、自宅を知られにくい。
9.コンビニなどで買い物する際、割り箸を二膳もらうなど、一人暮らしと悟られないように注意する。

在宅時でも窓や玄関ドアの鍵を締めたり、インターホンがなっても不用意に出ないようにする、男性の物を見えるところに置くなど、どれも女性が自分の身を自分で守るために必要なことばかりです。
また、家の中だけでなく、家までの道のり、買い物先など、ちょっと意識をするだけで防犯効果が高まるので、今日からぜひ実践してみてください。

引用元-女性に聞いた!一人暮らしで実践したい部屋の防犯対策|引越し見積りサイト【引越し侍】

twitterの反応

 - 生活の知恵