いつでもあなたのぷらすになる情報をお届けします

いつでもぷらす

50歳独身生活。貯金はどれくらいあればいい?

   

50歳独身生活。貯金はどれくらいあればいい?

定年・老後、そんな言葉が頭をよぎり始める50歳。自分は独身、頼れるのは自分の貯金のみ。はたして自分は今の貯金で生活できるのか。そんな心配を誰もがすることでしょう。それだけではありません、もし自分が動けなくなったらどうするのでしょう。ローンは? 日々の生活は? 通常時より出費はどうしてもかさんでしまいます。そのためには日々の蓄えをしっかりしておきましょう。今回は世間の50歳独身男女の平均貯金額や、貯金の向上させ方、必要な貯金額など老後を迎えるにあたって必要となる貯金についてまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

60代男性の香水まとめ。選び方からオススメ香水まで


良い匂いは男性女性問わず、その人の魅力になります...

体重が増えることが怖い・・・摂食障害へのサイン!


毎日体重計に乗り増減する体重の数値に一喜一憂され...

酵素サプリメントを摂取することでダイエット効果は?


酵素をサプリメントによって摂取することでダイエッ...

運動をするのなら毎日するべき?一日おきでも問題ない?


ダイエットのため、また健康のために運動をするのは...

血糖値の食後1時間の正常な値とは?糖尿病の時の値は?

あなたは大丈夫ですか?
食後1時間の血糖値で糖尿病...

浮気をしているか心配・・携帯を見る方法ってあるの?


恋人や配偶者の浮気を疑ったら確認したのが携帯です...

女性が男性の携帯を見る理由は何なのでしょうか?

女性が男性の携帯を見るという話しをよく耳にすると
...

スマホ依存症を治したい!携帯を見るのをやめたいなら


今の時代はスマホ携帯を持っている人がほとんです。...

彼氏の携帯を見るのをやめたいのにやめられない人へ


彼氏の携帯を見るのが悪いことだからやめたいと思っ...

聴くだけでできる?曲のキーを判別する方法とは?

ギターやピアノを弾く時に
楽譜がなくても曲のキーを...

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる?下げる?

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる方が良い
の...

イラストやマンガの絵を初心者が上手に描く書き方とは


初心者がイラストやマンガの絵を上手に描けるように...

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまった時の治療法とは

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまったら
恥ず...

リクシルのお風呂のザラザラした床のお掃除方法とは


リクシルのお風呂の床は冬でも冷たくならず

メンズベルトの贈り物をするには何サイズを選べばイイの?


彼や父親などにメンズベルトの贈り物をしたいけれど...

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは必要なのか?

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは
除菌しす...

トイレの便器の中に虫が!原因と駆除方法とは?


トイレの便器の中に虫がいると恐ろしすぎますよね・...

トイレの便器と床の隙間の掃除ってどうやるのでしょうか?


トイレの便器と床の隙間は汚れがたまりやすく

玄関やトイレのドアは内開きが良いの?外開きが良いの?


あなたの家の玄関やトイレのドアは内開きですか?<...

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがある

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがあるのを

スポンサーリンク


50歳独身男女の平均貯金額

■50代独身男性の平均貯金額
50代前半の平均貯金額:1500万円
50代後半の平均貯金額:2000万円
50歳代男性は、50代の平均の貯金額と比べて高い数値が出ています。実は、50代前半(50歳,51歳,52歳,53歳,54歳)と50代後半(55歳,56歳,57歳,58歳,59歳)では500万円ほどの差がありますので、独身の50代男性は貯蓄に対しての備えが比較的しっかりと考えながらできているのではないかと考えられます。また、独身の50代男性は証券や投資信託などの金融資産の保有率が高い事も特徴の1つです。しかし、全世帯での無貯金の家庭が3割程度いるという事なので、50代の独身男性でも無貯金の方は一定数いると見込まれます。そう考えますと、50歳代男性の所得の格差が大きいと言うことができるでしょう。
■50代独身女性の平均貯金額
50代女性の平均貯金額:700万円
50代独身女性の平均貯金額は、50代全体の平均貯金額よりも大きく低いという結果が出ています。原因としては貯蓄に対する備えの心の問題や実際の行動という事よりも、男性との収入の格差があるという大きな社会問題が浮かび上がってきます。しかし、コツコツと貯金を続けていけば、老後にてお金がないと苦労するようにはなりません。しかし、やはりどうしても生活が苦しくなってしまうということは否めません。

引用元-50代の平均貯金額は?夫婦・独身など状況別の貯蓄事情を徹底まとめ | Monkey[モンキー]

50歳独身の貯金額を向上させる方法

50代独身女性の貯金額を向上させる方法についてですが、50代ともなると年収を大幅にアップさせることは困難ですので、日々の生活費や固定費を見直すことが重要です。賃貸であれば家賃の安いところに引っ越したり、交際費を削るなど、支出額を減らす努力が貯金額に直結します。

また、保険の見直しも意外と効果があります。不要な厚い補償に入っていたり、より条件のよい保険に乗り換えるなど、見直しを行えば、支出を減らし、解約返戻金を受け取れる可能性もあります。一度複数の保険会社の商品を扱っている専門家に相談されることをオススメします。

無料で相談や見直しに応じてくれる会社もありますので、貯金額の向上の為にも試してみて下さい。また、資産運用も貯金額向上の手段の一つです。現在の銀行の金利は0.2%とほぼゼロに近い低い金利しか受け取れません。でも、株などでリスクを取るのは怖いと思われるかもしれませんが、国債などはどうでしょうか。

元本保証ではありませんが、国が破綻しなければ元本は帰ってきますし、満期が何年かによって金利は異なりますが、1%程度の金利は期待できます。老後のために貯蓄している資金であれば、国債等のリスクの低い投資に回してみるのも一つの手だと思います。

引用元-50代独身女性の平均貯金額と理想の貯金額 | 未婚女性と独身女性の不安解決サイト専門ページ | ピントル

老後はどれくらいの貯金があればいいのか

「老後は1カ月25万円あれば、飲みにいったり、趣味をやる余裕もできます」

老後の1カ月の生活費の平均額は15.6万円だが、都会に住み、それなりの収入を得ていたサラリーマンなら、10万円は多く見積もっておかないと余裕のない生活になる

引用元-50歳から始める「お一人さま」の幸せ満腹人生プラン | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

「できれば老後資金の用意は早いほうがいい。50歳で現状確認して、50代の10年間でなんとか貯めるのでも遅くはない。資産運用以前に、忙しすぎてお金が普通預金に入ったままのような人は、まずは天引き貯金。知らない間にお金が貯まるようにする、一番楽な方法です」

年に300万円必要として、定年の60歳から平均寿命の約80歳まで計算すると、合計6000万円。今の40代では、年金額が現状のままなら2000万~3000万円の「自分年金」があればいい。大企業の正規雇用なら、企業年金の上乗せもあるので、年金だけでなんとか生活できる人もいる。

引用元-50歳から始める「お一人さま」の幸せ満腹人生プラン | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

50歳独身生活。トラブルに備えて貯金を

□未婚で子供もいない気ままな一人暮らし。

独身貴族の家計は、自分のお給料をすべて自分の好きなように使えますし、お金のかかる子供もいません(子供の教育は、最低でも一人1,000万円~2,000万円かかると言われています)。

住居も自分ひとりが住むスペースで良いわけですから、広さを確保する必要もありません。

日々の生活で多少贅沢をしたとしても、金銭的には余裕のある状態をキープできると思います。

これだけ聞くと、とても優雅で贅沢な生活を送れるような気がしますよね。

でも、その生活ってずっと続けられるものなのでしょうか?

自分の稼いだお金はすべて自分で使えるというメリットがある反面、逆に言えば頼れるのは自分と自分のお金だけという事になります。

仮に病気・ケガなどで働けなくなった場合のことを考えてみましょう。

□病気、ケガ、倒産、リストラ、そして定年後はどうする・・?

例えば、足を骨折してしまった場合はどうでしょう?

既婚者であれば奥さんに車で送ってもらうこともできますし、買い物や家事なども助けてもらう事ができるはずです。

一人暮らしの場合はタクシーで移動したり、割高な宅配サービスを使ったり、症状によっては家事や日常的な作業さえもままならない事もあります。

これらを解決するためには、それなりの“出費”が必要となります。

大きな病気で長期間仕事を休むことになる場合や、勤めている会社の急な倒産、リストラになる可能性もゼロではありません。

もちろん公的な給付金や保険などである程度のカバーは可能ですが、100%の収入が保障されるわけではありませんので、長引けば生活レベルを落とす必要がでてきます。

しかし既婚者であれば奥さんが働きに出ることもできるので、保険などと組み合わせれば、現状の生活レベルを維持したまま生活することも可能なはずです。

また、定年後の無収入になった状態ではどうでしょう?

年金以外の収入がない中、若いころよりも格段に病気など健康面のリスクは大きくなって来ますし、介護や老人ホーム、そして死んだ後の事も考えなくてはなりません。

このように、老後に起きてくる様々な問題において、それなりの大金が必要になってきます。

頼りの年金にしても、夫婦暮らしであれば2人分の年金がもらえますが、独身者は1人分の年金のみです。

そうです。この「老後」こそが独身者にとっての最大のリスクとなるのです。

引用元-独身貴族の家計 : 60歳までに貯蓄3000万円|節約・貯金・家計管理まとめ

ハイリスクな金融商品は危険かもしれない

50代も中ごろになってくると、たくさん働いてきたし退職金も出るしまぁそこそこの貯金もしてきたので老後の心配もなさそう・・・

 

そんな思いでずっと長く働いてきた正社員を辞めて仕事をリタイヤしている人も私の知り合いにいます。

 

まだ年金もらえる年齢ではないのになぜリタイヤ?

 

時代の良い時に株や投資信託などで儲けが出たり、毎月分配金が入ってくるなどでもう働かなくても良い50代独身女性もいます。

 

私も途中までそうでした・・・

 

遺族年金の他に毎月分配金が10万円。

 

そりゃ働かなくても良いよね~?

 

私の場合はそうではありませんでした。

 

せっかくの毎月分配金の10万円が入る投資信託をかなりほとんど解約しました。

 

ハイリターン、ハイリスクなんです。

 

良い時は良いけど、ダメになると心臓がびっくりするくらい元金が減るのです。

 

それはリーマンショックの時でした。

 

もうあんなにドキドキする思いはしたくない。

 

毎月分配金よりもハイリスクが怖くて解約してしまいました。

 

だから遺族年金だけじゃ心細いので働いていますよ~。

 

今、50代のこの年齢からハイリスクハイリターンの金融商品を求めるのはちょっと危険かもしれません。

 

するのであれば元本保証、利息は少なくともその方が安心です。

 

引用元-50代シングル独身女性 貯蓄額って意外とたくさん持っている! – 未亡人になった時の知っておきたい知恵や経済、老後、生活の情報

twitterの反応

 - お金について