いつでもあなたのぷらすになる情報をお届けします

いつでもぷらす

アコギが弾ける様になりたいけれど手が小さいと難しい?

      2016/03/12

アコギが弾ける様になりたいけれど手が小さいと難しい?

アコギを弾きたいけれど手が小さいと
難しいというのは本当なのでしょうか?
小さい手でもアコギが弾けるのかを調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

60代男性の香水まとめ。選び方からオススメ香水まで


良い匂いは男性女性問わず、その人の魅力になります...

体重が増えることが怖い・・・摂食障害へのサイン!


毎日体重計に乗り増減する体重の数値に一喜一憂され...

酵素サプリメントを摂取することでダイエット効果は?


酵素をサプリメントによって摂取することでダイエッ...

運動をするのなら毎日するべき?一日おきでも問題ない?


ダイエットのため、また健康のために運動をするのは...

血糖値の食後1時間の正常な値とは?糖尿病の時の値は?

あなたは大丈夫ですか?
食後1時間の血糖値で糖尿病...

浮気をしているか心配・・携帯を見る方法ってあるの?


恋人や配偶者の浮気を疑ったら確認したのが携帯です...

女性が男性の携帯を見る理由は何なのでしょうか?

女性が男性の携帯を見るという話しをよく耳にすると
...

スマホ依存症を治したい!携帯を見るのをやめたいなら


今の時代はスマホ携帯を持っている人がほとんです。...

彼氏の携帯を見るのをやめたいのにやめられない人へ


彼氏の携帯を見るのが悪いことだからやめたいと思っ...

聴くだけでできる?曲のキーを判別する方法とは?

ギターやピアノを弾く時に
楽譜がなくても曲のキーを...

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる?下げる?

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる方が良い
の...

イラストやマンガの絵を初心者が上手に描く書き方とは


初心者がイラストやマンガの絵を上手に描けるように...

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまった時の治療法とは

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまったら
恥ず...

リクシルのお風呂のザラザラした床のお掃除方法とは


リクシルのお風呂の床は冬でも冷たくならず

メンズベルトの贈り物をするには何サイズを選べばイイの?


彼や父親などにメンズベルトの贈り物をしたいけれど...

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは必要なのか?

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは
除菌しす...

トイレの便器の中に虫が!原因と駆除方法とは?


トイレの便器の中に虫がいると恐ろしすぎますよね・...

トイレの便器と床の隙間の掃除ってどうやるのでしょうか?


トイレの便器と床の隙間は汚れがたまりやすく

玄関やトイレのドアは内開きが良いの?外開きが良いの?


あなたの家の玄関やトイレのドアは内開きですか?<...

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがある

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがあるのを

スポンサーリンク


手が小さい人でもアコギは弾ける!

手が小さい人はギターに向かない。一体誰がそんなことを言い出したのでしょう。
百科事典のギターの項に「指の長さが何cm以上の人用の楽器」と書いてありますか?
ギターの裏側に「手の小さい者は弾くべからず」という札でも貼ってありましたか?
ありませんよね。

少なくとも本気でギターに、音楽に取り組んでいる人は、
そんなことはない、という真実を知っています。

ギターというと、何かと手や指の動きばかりが注目されます。
確かにその比重が大きいことは否定しませんが、
演奏というのは全身のあらゆる感覚を駆使して行われるものです。
手の大きさというのは、ギター演奏にまつわるたくさんの要素の内の
たった1つに過ぎません。

ギターというのは手の大きさだけで向き・不向きが決まってしまうほど
薄っぺらい楽器ではないんです。

手が小さい人には、手が小さいなりの工夫や努力が必要なことは事実です。
しかし同様に、手が大きい人には、大きいなりの工夫と努力がやはり要るのです。
指の形も、座高の高さも、太ももの太さも、爪の形や固さも人それぞれ。
ギタリストに限った話ではありませんね。

ミュージシャンの誰もが、自分の体と楽器との最も良い関係を築くために
時間をかけて体を変え、日々手入れをし、あるいは別の要素で補ったりしています。
だからこそ、そのミュージシャンならではの個性的な音色が生まれるのでしょう。

もし、あなたの手が小さいのなら、それはむしろチャンスです。
あなたの小さな手とその他の感覚を駆使して生み出されるギターの演奏は、
他の誰にも真似できない個性的なものとなる可能性を大いに秘めているのですから。

女性や子供でも無理なく弾けるように少し小さめに作られたギターもありますので、
安心して、思い切ってスタートしてみましょう。

引用元-#002 手が小さい人は本当にギターに向かないのか? | サイタアコースティックギター教室ブログ

手が小さい人は考え方次第

【手の小さな人の壁を乗り越える】

恐らく手の小さな人が最初に感じる壁は、Gコードではないかと思います。
こちら。

薬指で6弦、小指で1弦、これがどうしても届かない。
(実際には、小指の付け根の位置、小指の曲げ方、手のひらの使い方など、いくつかを改善すると押さえられることが多いのですが、それはまたの機会に)

届かないなら、別の押さえ方をすればいいですね。
これならどうでしょう。

6弦は中指で、1弦は小指で。
これでGコードも問題ないです。

もしこれも無理なら、6弦を人差し指、1弦を小指で押さえて、5弦を人差し指の腹でミュートしちゃえばいいんです。
5弦鳴ってなくたって、立派なGコードなんですから。

【考え方を変えよう】

ジャズの有名なギタリストで、ジャンゴ・ラインハルトという人がいます。
彼は火事でやけどを負い、左手の薬指と小指が使えなくなります。
そこから独自の奏法を身につけ、ハンディキャップを克服したそうです。

コードが押さえられなければ、押さえる指を工夫したり、鳴らせない部分をミュートすればいいんです。
指が届かないフレーズがあるなら、ポジションを変化させたり親指を工夫したり、なんならフレーズを少し変化させちゃえばいいんです。

教本に書いてある押さえ方や基本スタイルなんて、どんどん自分流に変化させて考えてみてください。
形ばかりに捕らわれず、音に耳を傾けてみてください。
音楽は自由なんですから。

引用元-手が小さい人 上達のコツ | ぶるーすぼろギター教室 講師のつぶやき

小さい手に合ったアコギを選ぶ

手が小さい人は、その手の大きさに合ったフィンガリング、弦の押さえ方というのをマスターすれば良いだけの話です。

世界には、手の小さなプロのギタリストはたくさんいます。女性のギタリストだってたくさんいますよね。たとえば、日本のポップス界には中島みゆきさんや矢井田瞳さん、クラシックなら村冶佳織さんなどがが思い浮かびます。

手の小さい方は、手の大きなギタリストの真似をするのではなく、こういった手の小さいギタリストの演奏の仕方をよく研究することが大切なのです。手が小さいなら小さいなりに、その人に適した演奏スタイルを工夫していけば、必ずアコースティックギターの腕は、上達します。

残念ながら、成人してからは、手を大きくすることはできません。
(アコギを弾き続けていれば少しは大きくなるかもしれませんが…)

ならば、その手の大きさに適したスタイルを確立していくことが、アコースティックギター上達の近道と言えるでしょう。

小さいからといって、アコースティックギターの上達を諦めているのであれば、それは非常に勿体ないことです。。。

自分のサイズにあった、スタイルをぜひ見つけて、究めていきましょう!

また、手の小さい方は、手の小さいギタリストが使用しているアコースティックギターを選ぶのもとても良いことですね。自分に似た人の模倣をすることは、とても大切なことなんですね。

引用元-アコギ上達に手の大きさは関係ない

小さい手でも徐々に慣れる

  手が小さいのは、
  あまり気にしなくても大丈夫です。

  練習しているうちに指の関節が柔らかくなって、
  開くようになってきます。

  手が大きい人でも、
  逆に大きすぎて指を折りたためず、
  苦戦する人もいるんですよ(笑)

  あと対策としては、
  ネック裏の“親指の位置”を変える。

  4本の指が動きやすい位置を基準に、
  親指の位置を下げていきます。

  もっと手が向こう側に回りこんでいくような感じ。

  こうすると、初めは“手首”が窮屈だと思います。
  これも慣れるまでの辛抱(泣)
  徐々に柔らかくなるので大丈夫です。

引用元-Q.手が小さくて弦を押さえにくい: アコギ 初心者おすすめ練習.com

小さい手でアコギを弾いてる経験談

私も、体が小さく、手も小さい方なので(ピアノで1オクターブがやっと届く大きさです)、アコギは弾きにくいのではと思われがちですが、FもBbも難なく押さえることができます。
アコギは力で弦を押さえこむのではなく、正しいフォームで押さえることが重要です。
正しいフォームをマスターすれば、そんなに力はいりません。

次に重要なのが、ギターが適正な弦高に調整されているかです。
弦高が高すぎると、どんなに頑張っても押さえられません。適正な高さだと無理なく押さえることができます。
私のアコギはマーチンのドレッドノートという巨大なギターですが、弦高が適正なので押弦が非常に楽です。
ただ、私にはでかすぎるので、普段気軽に弾くためにミニギターも持っています。

K.Yairiのノクターンというギターですが、小さいので寝っころがっても弾けます。
弦長がレギュラーサイズより短いので弦のテンションが低くなり、弾きやすくなっています。
ミニギターもひとつの選択かと思いますが、注意しなくてはいけないのは、小さいものだとギターのレギュラーチューニングではなく、ウクレレと同じように4度上に音を合わせるものもありますので注意が必要です。

引用元-アコースティックギターを弾きたいけど、手が小さいので悩んでます。 – … – Yahoo!知恵袋

twitterの反応

 - 生活・趣味