いつでもあなたのぷらすになる情報をお届けします

いつでもぷらす

自宅で歌の練習をする時の防音対策や上達方法とは?

      2016/03/13

自宅で歌の練習をする時の防音対策や上達方法とは?

自宅で歌の練習をする時に周りに
歌が聞こえないような防音対策はあるのでしょうか?
また自宅での歌の練習方法を調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

60代男性の香水まとめ。選び方からオススメ香水まで


良い匂いは男性女性問わず、その人の魅力になります...

体重が増えることが怖い・・・摂食障害へのサイン!


毎日体重計に乗り増減する体重の数値に一喜一憂され...

酵素サプリメントを摂取することでダイエット効果は?


酵素をサプリメントによって摂取することでダイエッ...

運動をするのなら毎日するべき?一日おきでも問題ない?


ダイエットのため、また健康のために運動をするのは...

血糖値の食後1時間の正常な値とは?糖尿病の時の値は?

あなたは大丈夫ですか?
食後1時間の血糖値で糖尿病...

浮気をしているか心配・・携帯を見る方法ってあるの?


恋人や配偶者の浮気を疑ったら確認したのが携帯です...

女性が男性の携帯を見る理由は何なのでしょうか?

女性が男性の携帯を見るという話しをよく耳にすると
...

スマホ依存症を治したい!携帯を見るのをやめたいなら


今の時代はスマホ携帯を持っている人がほとんです。...

彼氏の携帯を見るのをやめたいのにやめられない人へ


彼氏の携帯を見るのが悪いことだからやめたいと思っ...

聴くだけでできる?曲のキーを判別する方法とは?

ギターやピアノを弾く時に
楽譜がなくても曲のキーを...

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる?下げる?

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる方が良い
の...

イラストやマンガの絵を初心者が上手に描く書き方とは


初心者がイラストやマンガの絵を上手に描けるように...

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまった時の治療法とは

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまったら
恥ず...

リクシルのお風呂のザラザラした床のお掃除方法とは


リクシルのお風呂の床は冬でも冷たくならず

メンズベルトの贈り物をするには何サイズを選べばイイの?


彼や父親などにメンズベルトの贈り物をしたいけれど...

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは必要なのか?

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは
除菌しす...

トイレの便器の中に虫が!原因と駆除方法とは?


トイレの便器の中に虫がいると恐ろしすぎますよね・...

トイレの便器と床の隙間の掃除ってどうやるのでしょうか?


トイレの便器と床の隙間は汚れがたまりやすく

玄関やトイレのドアは内開きが良いの?外開きが良いの?


あなたの家の玄関やトイレのドアは内開きですか?<...

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがある

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがあるのを

スポンサーリンク


自宅ではハミングで歌の練習

『ハミング』で練習します。

ハミングとは、「鼻から声(息)を通して歌う方法」です。

口は開かずに鼻で歌うような感覚です。

鼻歌とは、鼻に掛かった小さい声で歌うことのようなので、ハミングとは少し意味が違うようです。

ハミングをしてみて、鼻をつまんだら息が出なくなったら正解です。

ハミングをマスターしてくると、高音域が出やすくなってくるので『ハイトーンボーカリスト』を目指す人は、更におすすめです。

引用元-練習量と頻度は?ボーカル必見!効率的な自宅の練習方法とは? | 楽器演奏初心者におすすめ!楽しいバンド入門の全知識

ハミングで練習すると、相乗効果で小さい音が出せるようになり、歌の強弱が付き、歌の表現力が「ぐっ」と上がります。

引用元-練習量と頻度は?ボーカル必見!効率的な自宅の練習方法とは? | 楽器演奏初心者におすすめ!楽しいバンド入門の全知識

咽喉も声帯も筋肉ですので、毎日練習することで、理想の声が維持できます。

咽喉は、かなり気を使うデリケートな楽器です。

練習のやり過ぎで、声が枯れてしまったりしては本末転倒なので、少しずつ練習時間を増やしていきます。

5分から10分ぐらいから練習を始めて、一日1分ずつ練習時間を増やしていきましょう。

筋トレと同じです。

一日1分ずつ練習時間を増やして行き、普段のライブの持ち時間が30分なら、毎日30分の集中した練習時間まで増やすことがおすすめです。

引用元-練習量と頻度は?ボーカル必見!効率的な自宅の練習方法とは? | 楽器演奏初心者におすすめ!楽しいバンド入門の全知識

リズム感を鍛える練習法

自分の部屋で、あなたの練習曲のCDを流します。

そして、一緒にあなたも歌ってみるのです。

声の大きさは、軽く口ずさむ程度の小声で問題ありません。

で、ここからがポイントで、歌いながら徐々に、CDのボリュームを下げていきます。

そうですね、1番のサビ前くらいで、完全に無音にしてしまいましょう。

しかし、あなたはそのままずっと歌い続けるのです。

CDから音楽が聴こえていたときと同じように。

おそらく1番のサビが終わったあたりで、間奏に入るでしょう。

そして2番のAメロが始まるはずです。

・・・無音なので聴こえないでしょうが。。

しかし、あなたはそのままずっと歌い続けるのです。

重要ポイントは、「間奏の長さも体内リズムでカウントしておく」ということ。

そしてあなたはそのまま歌い続け、、2番のサビに差し掛かるあたりで、

CDのボリュームを上げてみましょう。

・・・どうでしょう?

ぴたっと、あなたの歌とCDの歌と、歌う場所は一致しているでしょうか?

ずれていて、早かったり遅かったりしていないでしょうか?

これは、楽曲のリズムを体感して歌うための感覚を鍛える練習なのです。

引用元-カラオケ上達実践バイブル

自宅のクローゼットを改造する

クローゼットの改造です!DIYなんてとてもできない、と思うかもしまうかもしれませんが、工作など不慣れな人でも簡単にできる作業のでぜひ参考にしてみて下さい。

ー用意するもの(全てネット通販で簡単に手に入ります。)
 ・遮音シート
 ・業務用卵トレー
 ・遮音テープ
 ・両面テープ
 ・カッター

ー手順(④以下は③までで不十分な場合のみ。友達や家族に確認してもらいましょう。)
 ①遮音シートを壁、床、ドアのサイズに合わせて切る
 ②両面テープで壁、床、ドアに遮音シートを貼る
 ③シートのつなぎ目、ドアの隙間に遮音テープを貼る
 ④遮音シートの上から卵トレーを壁一面に貼る
 ⑤天井にも遮音シート、卵トレーを貼る(遮音シートの重量よっては要ビス留め)

 以上で完成です!丁寧に作ればカラオケの様に大声を出すこともできるとてもおすすめの方法です。
 一点だけ注意するとしたら、密閉された空間になるのでこまめに換気を行いましょう。

引用元-【ボイトレ】騒音対策!手軽に出来る自宅の防音方法3選【歌の練習】

自宅でこっそりやった歌練習法

・消音レベル1(とりあえず、何もしないよりはまし)

「段ボール箱を被って、その上から毛布をかけるなどして、簡易防音ルームを作る」

利点→そこそこ反響するので、自分の声がしっかり聞ける。

欠点→消音効果がやってる本人には未知数。どうしようもなく「蒸す」。動きづらい。

・消音レベル2(まわりが静かな環境じゃなければ、たぶん気づかれないかな?)

「タオル、布団などで口をふさぐ」

利点→厚めの布でやれば、結構な消音具合。お手軽。実際にやるならこれが現実的?

欠点→聞こえる音が100%骨導音になってしまうので、この状態に慣れてしまうのはあまりよろしくない。

・消音レベル3(隣の部屋でお母さんが寝ていても大丈夫!)

「声を出さなければいいんじゃね?」

まあ、オチはこうなりました。

結構、声を出さないでもできるエクササイズは結構多いので、静かにしなきゃいけないときは無難にそれをやっとく、ってのが一番なのかもしれません。

とりあえず、代表的なのはブレス練習とイメージトレーニングあたり。

引用元-自宅でこっそりボイストレーニング – 烏は歌う

自宅でできる歌の練習方法

1. ピッチ(音程)
やはり音程を正確にとれることは歌の上手さに直結しています。よく「音がハズれた」と言いますが、それは音程が正確なメロディから外れたことを指していますので音程がかっちりはまっている、外れているというのは歌を聞く側にとって重要なポイントだと言えるでしょう。
音程を効率的に改善するなら、”楽器で正確なメロディを出しながら一緒に歌う”方法をお試し下さい。正確にチューニングされた楽器が出すメロディと一音も外さずに歌うことを目指しましょう。

2. リズム
歌の上手さにおいてリズム感の良さは見落とされがちですし、歌が上手いと言われる一般の方は無意識に正確なリズムがとれていることが多いです。
普段無意識にリズムを取っている方は、伴奏を入れずにメトロノームやビートボックス等に合わせて歌う練習が良いでしょう。簡単に思えますが意外に最初は難しいようです。これもまた自分の歌を録音して本物の歌と合わせて聞いてみるとズレに気づきやすくなります。

3. 声量
歌が上手い、カラオケの採点で高得点を出せるのは声量が大きく、よく響く声の持ち主です。生まれつき声の大きい人もいますが、練習で声帯を鍛え、声量を大きくすることは可能です。
声量を大きくする方法で効果的なのが腹式呼吸ですが、一朝一夕で身につくものではありません。腹式呼吸と並行してできる練習方法としては、ジャンプやマラソン等で息切れした状態でたくさん歌う方法をおすすめします。これによって息をできるだけたくさん体内に取り込み、息の量をコントロールしながら歌うことになりますので腹式呼吸と似た効果が得られます。

引用元-歌が上手い人の特徴 – ボイストレーニングのレッスンガイド

twitterの反応

 - 生活・趣味