いつでもあなたのぷらすになる情報をお届けします

いつでもぷらす

お肌が綺麗になりたい人はスキンケアをしすぎないこと?

      2016/04/03

お肌が綺麗になりたい人はスキンケアをしすぎないこと?

お肌が綺麗になりたいという女性の
願いを叶える方法はスキンケアを
しすぎないことだと知っていましたか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

60代男性の香水まとめ。選び方からオススメ香水まで


良い匂いは男性女性問わず、その人の魅力になります...

体重が増えることが怖い・・・摂食障害へのサイン!


毎日体重計に乗り増減する体重の数値に一喜一憂され...

酵素サプリメントを摂取することでダイエット効果は?


酵素をサプリメントによって摂取することでダイエッ...

運動をするのなら毎日するべき?一日おきでも問題ない?


ダイエットのため、また健康のために運動をするのは...

血糖値の食後1時間の正常な値とは?糖尿病の時の値は?

あなたは大丈夫ですか?
食後1時間の血糖値で糖尿病...

浮気をしているか心配・・携帯を見る方法ってあるの?


恋人や配偶者の浮気を疑ったら確認したのが携帯です...

女性が男性の携帯を見る理由は何なのでしょうか?

女性が男性の携帯を見るという話しをよく耳にすると
...

スマホ依存症を治したい!携帯を見るのをやめたいなら


今の時代はスマホ携帯を持っている人がほとんです。...

彼氏の携帯を見るのをやめたいのにやめられない人へ


彼氏の携帯を見るのが悪いことだからやめたいと思っ...

聴くだけでできる?曲のキーを判別する方法とは?

ギターやピアノを弾く時に
楽譜がなくても曲のキーを...

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる?下げる?

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる方が良い
の...

イラストやマンガの絵を初心者が上手に描く書き方とは


初心者がイラストやマンガの絵を上手に描けるように...

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまった時の治療法とは

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまったら
恥ず...

リクシルのお風呂のザラザラした床のお掃除方法とは


リクシルのお風呂の床は冬でも冷たくならず

メンズベルトの贈り物をするには何サイズを選べばイイの?


彼や父親などにメンズベルトの贈り物をしたいけれど...

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは必要なのか?

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは
除菌しす...

トイレの便器の中に虫が!原因と駆除方法とは?


トイレの便器の中に虫がいると恐ろしすぎますよね・...

トイレの便器と床の隙間の掃除ってどうやるのでしょうか?


トイレの便器と床の隙間は汚れがたまりやすく

玄関やトイレのドアは内開きが良いの?外開きが良いの?


あなたの家の玄関やトイレのドアは内開きですか?<...

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがある

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがあるのを

スポンサーリンク


スキンケアをしすぎないで綺麗な肌

✅【洗いすぎ】肌の潤いまで奪ってしまう

洗顔をすると肌が突っ張る。そんな人はとても多いのではないでしょうか。洗浄力の強い「クレンジング」や「洗顔」などのダブル洗顔で顔を洗いすぎていると、メイクや皮脂汚れを落とすだけでなく、肌の潤いを守る「肌バリア」までもごっそりと奪ってしまうことになります。

すると、しだいに皮膚はもろくなっていき、乾燥をして、ハリがなくなってしまったり、皮脂をとりすぎた事によって、反対に皮脂をたくさん出そうとして、ニキビや毛穴の広がりのような、肌トラブルを引き起こすようになります。

✅【こすりすぎ】肌に刺激を与え、くすませてしまう

さらに、スキンケアの時に肌をこすってしまう事で、刺激によってシミやくすみができやすくなり、透明感がなくなっていきます。とくにアイクリームのように、部分的に集中してゴシゴシ塗りこんでいると、よけいにクマやシミができやすくします。

それなのに、現代の女性はスキンケアのしすぎで、洗うときにゴシゴシとこすり、スキンケアの時もコットンでゴシゴシ、さらにクリームをすり込んでなじませながら、肌に刺激を与え続けているのです。あなたの肌のくすみは、こすりすぎが原因にはなっていないでしょうか?

✅【つけすぎ】肌の生まれ変わりをジャマしてしまう

肌の新陳代謝を高める為には、何もつけないのが一番。化粧水やクリーム、ファンデーションなどで肌にフタをしていると、新陳代謝の働きが低下してしまい、なかなか肌トラブルを改善する事ができないからです。

ほんらい肌の役割は、皮脂や汗、垢を出すための排泄器官です。外側から入れこんだ潤いは、一時的なだけでなく、肌が元々持っていた潤いまでも、蒸発させてしまう働きがあります。

「それではクリームや美容液ならいいのではないか?」と思われるかもしれませんが、クリームや美容液に含まれている「油」は、肌の上で日光に当たると酸化してしまい、肌を老化させます。肌トラブルがあるときこそ、肌には何も塗らずに、本来持っている回復力を高めてあげるのが、美肌になる為の一番の近道です。

引用元-1ヶ月で肌が生まれ変わる!美肌になるための3つの秘訣

やりすぎない洗顔方法で綺麗な肌に

朝の「水洗顔」

朝は水で軽く顔をぬぐう程度にしましょう。手を水で濡らして、「目元」や「口元」の汚れを優しくぬぐいます。たいして汚れていないので、石鹸やお湯を使う必要はありません。「皮脂」が気になるんじゃないかと心配になるかもしれません。そもそも洗顔フォームを使って洗顔をするのは、化粧水を塗る前に、余分な「皮脂」や「汚れ」を落とす目的などがあります。けれども、そもそも化粧水を塗る必要のない肌を目指しているので、洗顔フォームは必要ありません。むしろ肌のバリア機能を壊してしまいます。皮脂を落とす洗顔は1日1回で十分。夜に行うので朝は必要ありません。

夜の「お湯だけ洗顔」

皮脂は石鹸を使わなくても、体温以上のお湯で落とすことができます。基本の洗顔は、お湯だけにしましょう。お湯だけの洗顔でも、強くこするとバリア機能は弱まりやすいので注意しましょう。

1.シャワーのお湯をだして、水流をかなり弱くします。
2.皮脂が落ちやすい、37~39℃に設定します。
3.シャワーのお湯を顔に直接あてます。(約1分)

メイクを落としたい人、汚れが気になる人は夜の「石鹸洗顔」

外出が多く、排気ガスなどの汚れが気になる人や、メイクを落としたい場合は、「固形石鹸」で洗顔をします。石鹸は「純石鹸」を選んでください。できるだけ肌にダメージの残らないように洗います。

1.お風呂に入ってすぐに、顔を「水」で濡らします
2.「固形石鹸」を泡立てネットで泡立てます
3.泡を顔に押し当てるようにして、泡の弾力だけで汚れを吸い取ります(10秒ほど)
4.「水」のシャワーでしっかり流してください(1分ほどじっくりと)

お風呂に入ってすぐに洗顔したり、水を使うことで、肌バリアが弱まる前に顔を洗うことができます。肌の内部への洗剤の侵入を防ぐことができるのと、肌の表面についている汚れだけを適度に落とせるので、肌への刺激が軽減できます。

ファンデーションは、「リキッド」や「クリーム」は油性タイプなので、固形石鹸では落とせません。けれども、そもそも今回の目的は素肌を美しくすること。カバー力の強いファンデーションのいらない肌を目指しています。メイクはあらかじめ、お湯だけで落とせるコスメに変えておきましょう。「パウダータイプ」のファンデーションなら、固形石鹸で落とすことができるのでおすすめです。

引用元-化粧やスキンケアに頼らない!美肌になるための7つのステップ

やり過ぎない自分にあった保湿を

乾燥肌

乾燥肌は、角質層の水分保持能力の低下により肌が乾燥してしまう肌質のこと。化粧水を重ね付けするなどして水分を十分補うとともに、乳液やクリームなどで油分補給をしっかり行うことが必須です。

また、内側からの水分摂取もしっかりと行いましょう。乾燥がひどくなるとターンオーバー(肌の新陳代謝)の乱れから、古い角質が剥がれにくくなることがあるのでマイルドな使い心地のピーリング剤で角質を取ってあげると、保湿成分や美容成分が浸透しやすくなり、乾燥防止に役立ちます。

脂性肌

皮脂が過剰に分泌され、肌がベタついてしまう肌質のこと。肌がベタついているので乾燥を感じにくい肌質ですが、保湿ケアは必要です。化粧水は抗酸化作用・抗菌作用がある成分を配合しているものが良いでしょう。セラミドなど肌内部の保湿効果を上げる成分が入っている化粧品などでお手入れすると効果的です。

混合肌

場所によって、異なる肌質が存在するのが混合肌(額から鼻筋のTゾーンはオイリー肌で、頬やフェイスラインのUゾーンが乾燥肌など)。かさつく部分には保湿クリーム、毛穴の目立つオイリーな部分には皮脂コントロールの美容液を付けるなど、部分ごとにケア方法を変える必要があります。

敏感肌

少しの刺激で肌荒れしやすく、デリケートな状態になっている肌が敏感肌。皮膚のバリア機能が低下し、外部刺激を受けやすくなっている状態です。セラミド、ヒアルロン酸などの保湿成分を補う保湿ケアが有効です。添加物やアルコールなど、刺激成分を含まない化粧品を選ぶことも大切です。

引用元-やりすぎもNG!あなたの肌に必要な保湿とは? | スキンケア大学

綺麗な肌のスキンケアは食事

【身体も美容も基本は食事です】

肌には外皮と内皮があります。
内皮は体からの酸素や栄養素を吸収するために、外皮は外部からの刺激を守るためにたあります。

外側をいくら丁寧にケアしても、内側からのケアもしっかりしないと意味がありません!

美容効果が高いのはやっぱりビタミンがたっぷりな緑黄色野菜です。
ビタミンは肌の活性を促し、潤いを与えてくれます。

引用元-「すっぴんも綺麗」と言われる女子のスキンケア術♡|MERY [メリー]

ほうれん草にはビタミンA、Cが大量に含まれています。また、ビタミンB1、B2も含みます。

ビタミンCはメラニンの合成を抑制するため、美白には欠かせないものです。ビタミンB2はお肌に潤いを与えてくれます。

調理法としては植物性の油と一緒に摂取すると、吸収がよくなりますよ。

引用元-「すっぴんも綺麗」と言われる女子のスキンケア術♡|MERY [メリー]

【甘酒は飲む美容点滴】

甘酒にはビタミンB1、B2、B6、葉酸、食物繊維などなどたくさんの栄養素が含まれています。
これは実は点滴と同じような成分のため、「飲む美容点滴」と呼ばれています。

自宅でお米に麹を入れ、炊飯器で手作りすれば甘さを控えた飲みやすい甘酒を作る事もできます。

引用元-「すっぴんも綺麗」と言われる女子のスキンケア術♡|MERY [メリー]

綺麗な肌のスキンケアは睡眠

|睡眠によって得られる美肌ホルモン

人が睡眠によって得られるのは成長ホルモンやプロラクチンというホルモンです。
成長ホルモンは細胞の生まれ変わりを促して美肌にし、プロラクチンはバストの維持や母性本能を司る女性にとってはとても大切なホルモンです。
寝不足が続くとこれらのホルモンのバランスが崩れ、お肌が荒れるようになります。

引用元-すぐに出来て驚くほど美しくなる!美肌の為に必要なスキンケア全手順

|6時間、または7時間半の睡眠を確保

浅い眠りのレム睡眠と深い眠りのノンレム睡眠を繰り返す「睡眠単位」はおよそ90分で、成人の場合はこれを4~5回繰り返しています。
美肌のためには6時間、または7時間半の睡眠を確保する必要があります。

引用元-すぐに出来て驚くほど美しくなる!美肌の為に必要なスキンケア全手順

|ドラキュラホルモンでぐっすり!

メラトニンは睡眠や休息時に分泌されるホルモンで朝に分泌されるコルチゾールと入れ替わるように増減するホルモンです。
メラトニンは寝る前の1~2時間前から分泌がはじまり、深夜2~3時に分泌のピークを迎えます。夜に分泌されるのでドラキュラホルモンと呼ばれています。

引用元-すぐに出来て驚くほど美しくなる!美肌の為に必要なスキンケア全手順

twitterの反応

 - 肌の健康