いつでもあなたのぷらすになる情報をお届けします

いつでもぷらす

顔の皮膚のもりあがりの原因と対処法とは

      2016/04/16

顔の皮膚のもりあがりの原因と対処法とは

顔の皮膚は加齢によりシミになったり
もりあがったりしてきます。
もりあがりの原因と対処法とは

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

60代男性の香水まとめ。選び方からオススメ香水まで


良い匂いは男性女性問わず、その人の魅力になります...

体重が増えることが怖い・・・摂食障害へのサイン!


毎日体重計に乗り増減する体重の数値に一喜一憂され...

酵素サプリメントを摂取することでダイエット効果は?


酵素をサプリメントによって摂取することでダイエッ...

運動をするのなら毎日するべき?一日おきでも問題ない?


ダイエットのため、また健康のために運動をするのは...

血糖値の食後1時間の正常な値とは?糖尿病の時の値は?

あなたは大丈夫ですか?
食後1時間の血糖値で糖尿病...

浮気をしているか心配・・携帯を見る方法ってあるの?


恋人や配偶者の浮気を疑ったら確認したのが携帯です...

女性が男性の携帯を見る理由は何なのでしょうか?

女性が男性の携帯を見るという話しをよく耳にすると
...

スマホ依存症を治したい!携帯を見るのをやめたいなら


今の時代はスマホ携帯を持っている人がほとんです。...

彼氏の携帯を見るのをやめたいのにやめられない人へ


彼氏の携帯を見るのが悪いことだからやめたいと思っ...

聴くだけでできる?曲のキーを判別する方法とは?

ギターやピアノを弾く時に
楽譜がなくても曲のキーを...

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる?下げる?

カラオケで曲のキーが合わない時は上げる方が良い
の...

イラストやマンガの絵を初心者が上手に描く書き方とは


初心者がイラストやマンガの絵を上手に描けるように...

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまった時の治療法とは

奥歯や前歯が虫歯でボロボロになってしまったら
恥ず...

リクシルのお風呂のザラザラした床のお掃除方法とは


リクシルのお風呂の床は冬でも冷たくならず

メンズベルトの贈り物をするには何サイズを選べばイイの?


彼や父親などにメンズベルトの贈り物をしたいけれど...

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは必要なのか?

トイレの便器を除菌スプレーで除菌するのは
除菌しす...

トイレの便器の中に虫が!原因と駆除方法とは?


トイレの便器の中に虫がいると恐ろしすぎますよね・...

トイレの便器と床の隙間の掃除ってどうやるのでしょうか?


トイレの便器と床の隙間は汚れがたまりやすく

玄関やトイレのドアは内開きが良いの?外開きが良いの?


あなたの家の玄関やトイレのドアは内開きですか?<...

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがある

トイレのドアの開き方は公共の場所や自宅では違いがあるのを

スポンサーリンク


顔の皮膚のもりあがりの原因①

シミは紫外線などの影響によって顔に現れる茶褐色のもので、
特に女性の肌の悩みでは、どの年代でも1位になるほど誰でも
経験する肌の状態と言ってもいいでしょう。

通常シミは平らで色だけがついた状態ですが、年齢を重ねると少し
盛り上がってくることがあります。40代以降の人に多い症状ですが、
早ければ30代でも起こることがあります。

この盛り上がったシミは脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)といい、
老人性イボと呼ばれることもあります。加齢による老化現象のひとつです。
原因は紫外線を浴び続けたことで、盛り上がりは皮膚の良性腫瘍です。

顔にできるととても気になりますが、全身のいたるところで発生します。
色は茶褐色や黒に近いものもあり、イボと呼ばれるほど盛り上がっている
わけではなく、うっすら盛り上がっていると言う表現の方が近いです。

治療は皮膚科で受けるのが一般的で、通常のシミのように自力で美白化粧品
などを使って薄くなったり盛り上がりがなくなることはまずありません。
確実に取るためには皮膚科の治療が必要です。

引用元-顔の盛り上がったシミを取るには?皮膚科での治療法と保険適用について

顔の皮膚のもりあがりの原因②

扁平いぼは青年性扁平疣贅(ゆうぜい)といって、若い人の顔や手に発症することが多い。ヒトパピローマウイルス(HPV、主に3型と10型)への感染が原因。このウイルスは、足の裏にできるいぼ(尋常性疣贅)や子宮頸(けい)がんなどとも関係しているが、ウイルスの型が違う。

 いぼは円形か楕円(だえん)形で、大きさは2、3ミリから1センチ程度。少し盛り上がった肌色ないし薄い褐色をしていて、主に顔面に多発する。この状態ではかゆみなどはないが、炎症が起きると赤くなって扁平に盛り上がり、かゆくなることがある。

 感染当初は気付かないことが多く、いぼを触った手や爪などで周囲の皮膚に触れているうちにウイルスの感染が広がっていぼが増えていく。

 診察は通常、視診で似たような尋常性疣贅や他の病気と鑑別する。場合によっては、いぼの一部を取って組織検査をすることもある。

引用元-【健百】若い人に多発、顔にできる「扁平いぼ」 | あなたの健康百科

いぼは、炎症が起き、その炎症がピークに達すると、それを境に1週間前後で消滅し、自然に治る性質がある。

 「治療では、ハトムギのエキスであるヨクイニンエキス投与のほか、目立たない所のいぼを液体窒素で凍らせ、刺激を与えて炎症を誘導する方法や、皮膚にかぶれを起こしてかぶれの炎症を利用してウイルスを排除する方法もあります」(林准教授)

 治療期間は人によって異なる。炎症が起きるまでには長期間かかるので、医師の指導に従って気長に治療を続けることが大切だ。

引用元-【健百】若い人に多発、顔にできる「扁平いぼ」 | あなたの健康百科

顔の皮膚のもりあがりの原因③

◇悪性黒色腫とは?
 若年層から高齢者まで幅広い年齢層で発症します。多くの場合、茶色から黒色の色がついていますが例外もあります。悪性度が高く進行すると転移(多くはリンパ節転移から始まる)をしますが、早期発見の場合の治癒率は9割を超えています。

◇早期発見のコツは?
 皮膚、粘膜(外陰部、口腔内など)、爪のどこにでも発生しますが、日本人の場合、悪性黒色腫の約半数の人が手足に生じます。次に顔に生じるケースが続きます。大きくなる茶~黒色病変は要注意です。小さい病変では、肉眼的に良性腫瘍との鑑別が困難なこともあります。サイズが大きくなると、

・いびつな形(きれいな円形でなくなってくる)
・辺縁の不整(ギザギザになったり一部でわかりにくいところがある)
・黒・褐色の濃い部位と薄い部位が混在
・サイズの増大(以前と比較してサイズが大きい)
・盛り上がり(皮膚表面より隆起してくる)
・出血や潰瘍形成
・爪の黒い線や変形
など

引用元-皮膚科・皮膚腫瘍科|皮膚がんの早期発見|別府医療センター

もりあがりの皮膚の治療と予防

基本、盛り上がりのあるホクロ治療と同じです。

一般的には、炭酸ガスレーザーを使用して除去します。
エルビウムヤグレーザーも同様な効果なので
盛上がったシミ治療が可能です。

また、少しの盛り上がりであれば
例えば、ノーマルルビーレーザーで
対応できることもあります。

但し、範囲が広い盛り上がったシミであれば
ホクロ除去と同様に
メス切除にした方がよい場合もあるでしょう。

なお、最近は、盛り上がった部分は
ポイントで炭酸ガスレーザー等を打ち
顔全体には、トーニング治療を行い
治療期間を短縮する方法もあります。
(コンビネーショントーニング)

引用元-盛上がりのあるシミの治療法

予防方法

傾向としては
皮膚表面の乾燥し
皮膚が硬くなっている人に多いと思われ。

そこで、日常でのスキンケアでの
乾燥防止は必須と考えます。

また、シミが出来たら
その時点で除去してしまえば
盛り上がることもないでしょう。

引用元-盛上がりのあるシミの治療法

顔の皮膚は老化によって変化

皮膚は年齢が上がるにつれて変化してきます。加齢によって皮膚が茶色に変化するのが色素斑点、俗に言われるシミです。よくできる箇所は顔、手の甲です。このシミの中に皮膚のがんである悪性黒色腫があります。別名メラノーマといいますが、皮膚科の中では一番悪く、要注意です。
 
ほくろにもいろいろありますが、問題はその大きさです。鉛筆の尖ってない裏側の丸い所をほくろにピタッと当てて、当てた部分がほくろよりも大きいと、がんに変わる可能性があります。白く抜ける斑点のできるのが、一種の皮膚の白髪で、メラニン色素を作る細胞が、加齢とともに作れなくなるためにできます。
 
ある日突然、皮膚が紫色になるのが老人性紫斑です。これは皮膚の表面の毛細血管が、年齢が高くなるにつれて毛細血管が弱くなってくるため、すったり、寝返りをしたときなどちょっとした刺激で毛細血管が破れて出血するためにできます。1~2週間で消え、良性です。主に顔に、肌色で盛り上がったようなものができ、その真ん中が臍のようにへこんでいるのが脂腺です。加齢とともに顔の脂の腺が増えて盛り上がるためにできるもので、問題はありません。
 
面ぽう、いわゆるニキビも加齢とともにでき、肌色で盛り上がっていますが、真ん中に黒い点がぽちぽちとあり、70~80歳代でもできます。脇の下や首、股などこすりやすい所の皮膚が少し盛り上がり、ぴらぴらしているのがアクロコロゾンで、別名皮膚の紐といい、皮膚の繊維が増えるためにできますが、紐の部分を切除します。
 
最初は小さかったものが、1か月くらいで大きくなって饅頭のような塊ができたり、いぼのようなものに角のようなものができていればそれは皮膚がんなので、早期に切除しなければなりません。
 
膝から下の血管がモコモコと盛り上がっているのが静脈瘤です。加齢とともに静脈の中にある弁が障害を起こし、血液がスムーズに流れなくなるために起こります。悪化している場合は手術をしなければなりませんが、湿疹ができた場合は、塗り薬を塗ったり、寝るときに足元に枕などを入れて少し足を上げて寝るとよいです。

引用元-第208回 加齢による皮膚の変化とその対策 | 成田記念病院

twitterの反応

 - 肌の健康